くにん

小説を読むのが好きですし、自分で文章を書くのも好きです。「ちょっと不思議な物語」、「ちょっと奇妙な物語」、「ちょっとほんわかな物語」を書きたいです。 F1も大好きですね。昔はD&DというTRPGを仲間とやりこんでいました!
    • 【マガジン】月の砂漠のかぐや姫
      【マガジン】月の砂漠のかぐや姫
      • 219本

      今ではなく、人と精霊が身近であった時代。ここではなく、ゴビの赤土と砂漠の白砂が広がる場所。中国の祁連山脈の北側、後代に河西回廊と呼ばれる場所を舞台として、謎の遊牧民族「月の民」の少年少女が頑張る長編ファンタジーです。「竹取物語」をオマージュしています。

    • 【マガジン】詩
      【マガジン】詩
      • 27本

      くにんの「詩」を集めております。

    • 【マガジン】掌編・短編小説
      【マガジン】掌編・短編小説
      • 47本

      くにんの「短編・掌編小説」を集めております。

    • (仮題)魔法探偵シリーズ
      (仮題)魔法探偵シリーズ
      • 3本

      大震災と戦争の合間。ヒトもヒトでないものも落ち着かないでいる帝都を舞台にした、「魔法探偵」諏訪部涼魔の活躍譚です。

    • 【マガジン】ココロにパフュームを
      【マガジン】ココロにパフュームを
      • 4本

      自分の作る香水で人を幸せにしたいと夢見るさくら。自分の作る服で人を幸せにしたいと夢見る七海。二人を中心にしたさわやかでほんわかした物語です。

    • すべてのマガジンを表示

月の砂漠のかぐや姫 第194話

「く、くそ・・・・・・。まただ、もうっ」  それは砂が周囲にぶわっと舞い散るほど勢いのある転倒…

月の砂漠のかぐや姫 第193話

「はあっ、はあっ、ああ、ああ・・・・・・」  一気に砂丘を駆けあがってきたせいで、その頂点に立…

【詩】ヨルとヒカリとキミとボクと

高台から見下ろした夜の街は  月星が輝く夜空を地上に移したかのようだ 綺麗だねと君は無邪気…

月の砂漠のかぐや姫 第192話

 遥か遠くにそびえ立つ祁連山脈に端を発するこの川は、その山々の麓に湧く水が少しずつ集まっ…

月の砂漠のかぐや姫 第191話

 王柔が必死に水をかく先では、大きな茶色の塊が波間に浮かんでいます。その塊は、駱駝のコブ…

月の砂漠のかぐや姫 第190話

「王柔殿、早く、理亜を駱駝の背に」 「そうだ、理亜は、理亜はどこに。羽磋殿、理亜は!」 「…