極限状態

【106日目 note千日回峰行】極限状態で感じる真理

行動が必要です。
本当は寒さのあまりカメラを切り
ただ火に当たっていたい気分です。

しかし座っているだけでは
食料を得られず進歩もありません。

人生は有限です。

火の傍で安楽に過ごすより
広い世界に飛び出して新たな可能性を見つけたい。

外に出て行き 寒さに耐え
自分を危険にさらすことも必要です。

人生の醍醐味は外にあるのです。

これは海外のサバイバル番組で極限状態の参加者が言った言葉で

もっとみる
毎日投稿するので、またご覧ください☆
2

99歳の彼は24歳のときに終戦を迎えた。

以前お話を伺ったことのある、広島原爆直後に被災地活動へ送られた暁部隊に所属していた鎌倉在住のDさんは当時まだ18歳だった

彼らは今の18歳、24歳と何か違いはあったのか?

https://www.facebook.com/100000880334194/posts/3313764298662882/?sfnsn=mo&extid=uIvr9JbganVmyYXd&d=n&vh=e

ありがとうございます!LOVE&PEACE

正しい選択とは?〜宗教編〜

アマゾンプライムで「ミスト」という映画を観ました。

ネタバレになるとダメなので、ミストという映画を観て思ったことだけを書きます。2つの記事に分けて書きます。

この映画を観ている間、僕は終始冷静ではありませんでした。それほどしんどい映画でした。

映画を観終わった直後は頭が混乱し、レビューを上から見て行った時に全てのレビューに賛同してしまいました。そうレビューそれぞれが真反対の意見を述べているに

もっとみる

真の敵は誰だ・・・!?

私は自分の執筆物に特定の”色”を出す事を好みません。

ここでいう”色”とは、政治や宗教に関わる思想、
特定の人種や疾病へ、自分の思想を当てはめる事。
と考えて頂ければと思います。

なぜこのような事を述べたかというと、
このタイトルを見た時に、犯人捜しを想像する方もいると考えたからです。

最後までこの執筆を読んでも、〇〇さんが悪い、**国が悪い。
という類の記述は一切ありませんので、ご了承くだ

もっとみる
ワシ頑張るで!
6

緊急事態宣言による最悪のパターンを迎えたら

コロナ禍も深刻になってきて緊急事態宣言がいつ出されても、
不思議ではない状況になってきました。

現段階(2020/4/6 午前)で予想される宣言の内容ですが、

全ての企業に自粛の要請、がなされるとされます。

他にも様々な変化がありますが、今はこの1点に話を絞ります。

先ず結論から。

現在あるお金の全てを、食材購入に充てる覚悟を決める必要があるかもしれません。

政府が企業に対して自粛を要

もっとみる
ワシ頑張るで!
3

精神病おじさんと、貧乏おじさんと

テレビを付けてもコロナコロナ・・・
ネットを見てもコロナコロナ・・・

もういやだーーー!!

なんて人も多いみたいですね。

私の通っている精神科(心療内科)では、
多くの新患患者さんが待っていましたし、
俗にいう”コロナ鬱”の方も増えてきたと実感します。

2週間程度ではありますが、自粛ムードの中で生活をすれば、
健常者の方であれば、それはストレスも半端では無い事でしょう。
大変だと思います。

もっとみる
応援ありがとう!
7
社会派やってます。よろしく。
4

締め切り、サイコー!

歯の治療中の「ビリッ」って、すごいパワーを持っていますね。さっき歯医者さんに行ったのですが、治療の冒頭で、「ビリッ」と神経に触る一撃が! その瞬間からずっと、「いつかまたビリッが来るかもしれない」ということしか考えられなくなりました。

延々と続く治療中、ずーーーっと気を張っていて、多分からだもこわばっていて、「『狂いそうなので、一回休憩してもいいですか』って言いたい、でも言えない」と逡巡。先生の

もっとみる
ありがとうです!
8

最も差別のない世界こそ戦争。

戦争になれば、男はともかく、女も子供も老人も障害者も例外なくすべて戦力になる。使えるものはすべて使う。国家から差別はなくなる。この対極にあるのが、平和であり資本主義である。役人の椅子取りゲームという差別。戦争になれば、出自も身分も貧富も関係ない、能力だけの世界だ。差別を無くすには戦争しかない。日本の戦国時代だけ例証しても仕方がないので、The Pacific Warが激化して、戦争が恐々としてくる

もっとみる

なめていた富士登山

僕は先週の9月6〜7日、富士登山に行ってきました。

平成最後の夏も終わり、学生最後の夏も終わる、登山シーズンも終わる。この機を逃したら富士山は当分チャレンジできないと思い、3日前に予約しました。ツアープランとフリープランがあったのですが、団体行動が苦手な僕は迷わずフリープランを選択しました。

こう軽々しく一人で予約できたのも、登る前は富士登山を完全に舐めていたからに他なりません。 だって親戚の

もっとみる