【目印を見つけるノート】304. タイムマシンにお願いはできないのですが

こちらは今日は変わりやすそうな天気です。 未明は雪か霰がちょびっと。 きのうの富士山を。 手前は丹沢山系です。よく見えますね。 さて、 noteではないSNSを見ていたら、 「あ、見てくださったのですか😊」 というものを見つけました。 ありがとうございます。 悲しいことに、私はnote以外は尊敬…

茗荷谷界隈から根津へ

■馬琴忌 11月6日。 皆さんは、曲亭馬琴を御存知でしょうか。 『椿説弓張月』や『南総里見八犬伝』で、幼い日に胸をわくわくさせた方は多いのではないでしょうか。 そんな曲亭馬琴、馬琴先生の命日が旧暦でいう11月6日でした。 Wikipedia先生によれば https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%B2%E4%BA

【目印を見つけるノート】152. 『南総里見八犬伝』のつながりに憧れる

少し前に「空気」の話を書きましたが、 空気が漂っているのだなと思う今日この頃です。 きのうは関東大震災の起こった日でした。 自分の文章から引っ張ってみます。 ✏️ 大正12年(1923)9月1日、関東大震災が発生した。相模湾付近が震源と推定されるこの地震はモーメントマグニチュード7.9ないし…

【目印を見つけるノート】54. 坂の左側の龍之介さん

きのうは救急車の音が4回聞こえました。 きのう届いたマスクを出してみたら、鼻に当てるワイヤーが飛び出していたので、ミシンで直線に縫って直そうかと思ったのですが、位置が端なので縫い代を取れません。かがり縫いをして使おうと思いますが、ちょっと危険なので当面は保管するだけになりそうです…

江戸時代の「虚船」

6月24日は「UFOの日」です。 1947年6月24日午後3時頃、アメリカの実業家ケネス・アーノルド氏 が飛行機で移動中、ワシントン州レニヤ山上空付近で強い閃光を目撃しました。 一直線に並んだ9機の見慣れない飛行物体がものすごい速度で急降下や急上昇を繰り返していたのです。 その速度は時速2700km(…

飯田町の一室にて

文化三年初夏の江戸飯田町はいつもどおりの風景が流れていた。 私の書斎を除いては。 私の書斎に二人も来客がいる。異常事態だ。 私の隣にいる「葛飾北斎」とかいう絵描きの事は置いておこう。こいつは一月前から居座っている。 問題は正面の大男の方である。とにかく身の丈が高い。立てば七尺はあ…

次回作完成までお待ちください

では、漫画の続きをご覧下さい、、、と書きたいところですが、仕上がっていた原稿はここまで。 続きは、ただいま制作中です。今まで、応援してくださった方々や、続きを楽しみにしている方には、本当に申し訳ないと思っております。 来年2018年(平成30年)は「戌年」。 犬といえば八犬士。 そして、…

第2話 キャラクター図鑑 その二「玉梓」

第2話で登場した妖女「玉梓」は、(後々の)義実や八犬士達の敵役でもあり、副主人公でもある重要人物です。浮世絵でも琴を縦にかかえて抱いた姿で描かれています。 この「琴」は、意味深いものを持って描かれていると想像します。琴の各部名称は、架空の生き物である「龍」に見立てて名付けられてい…

第2話 キャラクター図鑑 その一「神余光弘」

先の回で、山下定兼の謀略にあい、お亡くなりになった「神余長狭介光弘」です。民の信頼が厚いですし、玉梓に惑わされるまでは普通に立派な国主だったように見受けられます。 かつて、源頼朝が、石橋山の戦いに敗れて安房へ落ちのびたとき、神余(東条一族)、安西、麻呂のご先祖様にあたる土豪達が一…