日米地位協定

【毎日46】日米FTA(日米貿易協定)について少し調べてみたら、危険だった!

こんにちは、優花です。私は精神障害を併発していて、毒親サバイバーの経営者です。毎日楽しく、幸せに生きています。

今日は、2019年11月19日に衆議院通過した『日米FTA(日米貿易協定)』についてみていきます。

まずは、こちらの『少々過激なツイート』↓から。

農業・畜産壊滅。健康保険廃止。生活保護廃止。年金廃止。基本的人権を排除した憲法改正の国民投票。緊急事態条項保津道で戦争へ誘導。

・・

もっとみる
とっても嬉しいです♡ ありがとうございます。
2

2019 天安門2.0

香港と台湾の危機が迫っていることを日本のメディアは
日本国家の私物化が当たり前の安倍政権のお花見騒動や、        沢尻エリカの薬物騒動のスピン報道に隠されて、

その本当の実態を伝えていません。

https://www.youtube.com/watch?v=E2SPe-ZFEGY

https://www.youtube.com/watch?v=uXVmubdaol4

お隣の韓国もGS

もっとみる
ありがとうございます。励みになります。

日米地位協定

日米地位協定はアメリカの都合のいいように作った協定。アメリカが完全有利。それはあまりにも当然のことで、しょうがないと、刷り込まれてしまっている。アメリカ人が日本で罪を犯しても日本では裁けない。ちなみに今の検察庁はマッカーサーが作り、検察庁の最初の仕事は日本に隠れている戦犯の者を探す仕事。
アメリカでたびたび使われるマニフェストディスティニー。これは帝国主義で差別主義のこと。白人が一番上で、その次に

もっとみる

拉致問題は、
米国からの輸入を大幅に受け入れるのなら、トランプは興味を持ってくれるだろうが、日本の農業には大打撃。受け入れるの不可能。

つまり、拉致問題解決は日本政府が自ら強制的にやるしかない。

安倍首相は、夏の選挙があるので拉致問題を取り上げてるが、実際は何もしないだろう。

ワンダフルな日になるでしょう!(^O^)おめでとうございます。
1

2019/5/26 風をよむ「トランプ大統領2度目の来日」

・令和初の国賓待遇で強固な日米関係をアピール

・戦後日本の国体の変化と復興に色濃く映るアメリカの影

・"緊密な日米関係"が他国との外交に与える影響は…

きのう来日したアメリカのトランプ大統領。

 
一夜明け、まもなく、千葉県で安倍総理とゴルフをプレー、焦点の日米首脳会談は、明日行われます。

新たな元号になって最初の国賓として来日したトランプ大統領。手厚いもてなしには、強固な日米関係をアピ

もっとみる

【信号無視話法】山本太郎議員vs河野外相&安倍総理 2019年3月18日午後 参議院 予算委員会 (基地権密約)

2019年3月18日、参議院 予算委員会。昼休みを挟んで午前と午後にわたって自由党共同代表・山本太郎議員は安倍総理らに沖縄基地問題に関して質問。本記事では、午後の答弁を信号機で直感的に視覚化していく。具体的には、信号機のように3色(青はOK、黄は注意、赤はダメ)で視覚化する。

✳︎質疑映像と分析結果はYoutube動画で公開( 日本語版 / 英語版 )

✳︎本記事は加筆の上、ハーバー・ビジネス

もっとみる
良かった点、改善点などコメントも頂けると嬉しいです。
2

#SaveOuraBay ロブさん動画: 在日米軍司令官が #辺野古嘆願署名 についてコメント

辺野古嘆願署名発起人のロブ梶原さんが最新の動向を報告。なんと日本記者クラブの記者会見でホワイトハウス請願署名について質問を受けたマルティネス在日米軍司令官が回答。普天間基地移設問題については日米「両政府」でこの問題を協議してきたと。ロブさんはそこが問題だと指摘。沖縄を差し置いて日米中央政府がサシで話し合っているのが問題で、沖縄人は民族自決権を主張すべきだと。

愛する人を労わりましょう
5

【信号無視話法】小池晃議員vs河野外相&安倍総理 2018年11月7日 参議院 予算委員会 (日米地位協定)

1960年に安保条約と共に締結された日米地位協定。在日米軍への基地提供、米軍への特権などが保障されている。特に安保条約第6条は、米軍は日本全国どこでも基地をつくれるという、世界でも例を見ない「全土基地方式」をとっており、日本の米軍基地問題に大きな影を落としている。
この日米地位協定は締結から半世紀以上を経ても見直されたことはなかったが、2018年9月の沖縄知事選挙で自民党が推薦した佐喜真淳候補は落

もっとみる
ご賛同頂けた場合は、SNSなどで拡散もお願いします。
5

おしゃれな活動家

東京の片隅の小さな音楽ホールに響くトランペットの音色が、戦争について唄ってくれた。即興で奏でられるジャズの調べは、世界の紛争や不条理にさらされる人々の怒りと悲しみを込めていると、伊勢崎さんは言うけれど、その音色はどこか軽快でパワフルだ。村本さんが呑むワインの赤は、平和について熱く語る彼の情熱の色にも思えるけれど、平和こそが戦争を引き起こす動機になっているのだと聞かされると、会場は一瞬しんとなった。

もっとみる
サンキュー、嬉しい♡
21