二度と看護師に戻らないと決めた私が、看護師をしていて良かったと思った瞬間

私は、看護師を1年と少しだけやって辞めました。

今は、二度と看護師には戻りたくないと思っています。

看護師をやってる頃は毎日が辛くて毎日泣いていたし、適応障害にもなりました。

しかし そんな私でも

看護師をやってて良かった。                               看護師になって良かった。

と、心から思った瞬間が少なからずあります。

その一部を 今回はお話ししたいと

もっとみる

看護学生さんからたくさん刺激をもらうことがある

ちょこっと長い呟き。

連休明け、久々に自部署に来ると、看護学生さんがいる。お、もうそんな時期かーと思うんです。

私、もう新人時代から数年経っちゃってますが、学生さんにものすごく刺激を受けることがあるんですよね。

例えば患者さんに接する姿勢であったりとか。話しかけ方だったりとか。情報収集や疾患、自分が分からないことに対しての学習の姿勢であったり。

自分達がどこかで忘れてしまってたり、

もっとみる
最期までお読みいただき、ありがとうございます\(^o^)/
5

「看護観」について考えてみた

一時期、私のTwitter界隈で「なんで看護観をレポートに書かなければならないのか?看護観って何?」という話が話題でした。

そもそも「看護観」って何なのでしょうか?

看護観という物を考える前に、他の職業でも同じような「〇〇観」という物があるのか調べてみると、学校教諭の「私の教育観」というwebページを見つけました。

他の職業でもあるんですね。

そもそも看護観とは何か、定義してみた

一番身

もっとみる

**.スパイ看護師が思う2025年問題**

わたしは“スパイ活動”と称して現地乗り込み型で情報収集&種まきをしています。
そこで感じたことを踏まえて2025年問題について完全なる持論を展開していきたいと思います。

**.2025年問題とは?簡単にまとめてみた.**

国民の3~4人に一人は後期高齢者になり医療介護需要がピークになるのが2025年だよーという問題のことなのですが、本当に伝えたいことにたどりつけなさそうなので別記事にしました。

もっとみる
私もスキ!またお会いしましょう♡
1

**.10年目看護師が新人になってみた実証実験報告.**

どうも、自称スパイ看護師です。
今回は私が看護師人生をかけて行ったスパイ活動について報告させていただきます。

**.10年目から初めての手術室へ.**

へき地離島や災害救急を志し、「どこでもどんなケースでも対応できる看護師になる」を目標に、10年間ICUや外傷センター、お手伝いでERや、へき地病院、急性期病棟などで経験を積みました。
「完璧」なんて無理だし、「全部中途半端」と言われればそれまで

もっとみる
私もスキ!ご縁に感謝♡
1

**.2025年問題に向けて 本当に人手は足りないの?.**

**.2025年問題とは?簡単にまとめてみた.**

・「団塊の世代」を含む75歳以上の後期高齢者人口が2,200万人(国民の約3~4人に1人)となる予想
・若年者は減少、少子高齢化はさらに加速していく見通し
・働きながらこどもを育てながら介護をしながらたくさんの高齢者の生活も支えていなかければならない

【医療介護需要がピークを迎えるのが2025年】

その時期をどう切り抜ける準備をしていくのか

もっとみる
私もスキ!またお会いしましょう♡
1

今年に行動して分かった事。

去年の末から今年の初めてからnoteを書いていく中で一つ気づけた事がありました。

それは、noteを読んでくださる人達は、情報を買っているんだと感じました。最初で気付けよ!って思いますけどねww

なので私の看護師の新人時代の話もしたいのですが、今はやめておきます!新人時代の記事を僅かながら読んでくださりありがとうございました!!

今後は看護師から見た高齢者の2025年問題や人生100年時代な

もっとみる

「メモを取らない新人」は何故メモらないのか?考えられる3つのパターン

教育において、対象理解はとても重要です。
相手を知ることで、教育のアプローチ方法を相手に合わせて変化させることができます。

今回は「何故、今どきの新人はメモを取らないのか」について掘り下げましょう。

あなたの周りにも、こんな新人いませんか?

・オリエンテーションの時にメモを取らない
・何度教えても「聞いていない」と嘘(?)をつく
・メモを取る癖がない新人は、ノートも整理してこない

私の身近

もっとみる

看護師のiPad勉強法

こんにちは!iPad勉強法を導入して1年2ヶ月経ちました。看護師のはるです。実際にiPad勉強法を私生活でも、現場でも導入して活用しています。

ここでいう“iPad勉強法”とは、書籍を電子化したもの、もしくは電子書籍、PDFなどの電子ツールを利用し、学習したり資料を活用したりすることとしています。なので媒体となる電子機器はiPadではなくsurfaceなどでも活用できる部分がありますので、ぜひ参

もっとみる