いけない事をやったらば②

昨日は叱る事についてお話しました。
今日はこんな言葉を紹介したいと思います。

「叱ることは麻薬になる」

この言葉はもともとADHDの子どもたちに向けたものです。
でも、私はこれはそういった子どもたちに限った話ではないと思っているので、皆さんにお話します。

例えばスーパーとかどこでもいいですけど、親が何を言おうと話を聞かない、または転がって泣きわめく子ども。
そんな場面見たことありませんか?

もっとみる
ありがとうございます!
1

いけない事をやったらば①

みなさんこんには。
3日前に、私の先輩にあたる方とお話した時に話題になった事を話そうと思います。
子どもたちを叱ることについてです。

まず、叱るということは相手の良くなかった行動に対して注意するという事ですね。

保育士と子ども、親と子どものやりとりを見ていてもそうですが、叱る、つまり注意する事ができている人はほとんどいないように思います。

例えば、保育園でお迎え時にお母さんのカバンの中身を勝

もっとみる
ありがとうございます!
2

怒ると叱る

一歳半にもなると
こちらの言ってることも分かってくる

だからと言って
怒りすぎるのもよくない気がする

注意しても聞いていないような気がする
でも子どもはきっと分かってくれてると
私自身が勝手に思いたいだけなのかもしれない

自分の気持ちに余裕が無いとき
子どもへの接し方が上手くいかない
これはたぶん人生でずっと悩む事かもしれない。

子どもが眠そうだったのと
私たち夫婦のHPが少なかったのもあ

もっとみる

朝から上司に怒られて気づいたこと

先日自分もミスをしてしまい、朝から上司を連れてお客様を訪問してきた。状況の説明などを一通り行うが、ミスはミスなので、なにを言っても言い訳になってしまう。怒られるという緊張で、思考停止してしまった。

「お前でそのレベルか...」
と言われ、ショックだった。

そのあとお昼ご飯を一緒に食べた解散したが、どっと疲れた。

その日の夕方には疲れ切っていて、重要なことを考える力はなく、生産性の

もっとみる

「怒る」と「叱る」

最近はイライラしてしまうことが多い。

 ただ、イライラすることほど自分にも他人にも意味がないものはない。

 反省の意味も込めて書いてみたいと思う。

 

 イライラすると何もかもが上手く行かなくなってしまうと思う。

 怒りにまかせて、人や物にあたってしまう。自分は物にあたることはないが、つい関係のない人にイライラした態度で接してしまう。改めなければならない。

 そして、恐らく脳にも良いこ

もっとみる

おすすめな子育て感

今日は、私は仕事が休みでした。
弟が起きてきて、仕事の身支度を済ませた
後、甥っ子について、
「あいつ、まだ寝てる。朝は起きてる
ように言ったのに。今朝も4時とかに
電話で話す声聞こえたし…ひとこと
言って来る」
と言って甥っ子の部屋に行き、
「オイ!!」
から始まり、嫌でも聞こえてくる、
明らかに不機嫌オーラぶつけてます、
的な声…。
『そんな言い方したって、何も解決
しないのに』
と、言ってい

もっとみる
質問ありますか?
6

怒ることはムダです^^

頭ごなしに 怒る人いますよね。

私も、工場勤務の時代にこういった方は
たくさんいました。
(私が生理的に受けつけないのか嫌いだったのかわかりませんがw)

人の顔を見る度に怒りだしたり
ちょっとしたミスで 人の何倍も怒鳴りつけられたりしてました。
・周りの見せしめ
・威厳をたもつ
・俺のメンツをつぶすな
・理不尽に怒る

怒る人って 
自分の知ってる
「これはこうだ!」
っていう経験値がない時に

もっとみる

怒りを善悪の判断基準にして動いていた

怒っている人がいつも正しいとは限らない

週末の朝、部活動に向かう次男と夫がこんな会話をしていた。
その日は、遠方で練習があるため、保護者の送迎が必要だった。

夫は、息子を会場に送った後そのまま仕事に向かうため、練習終わりの息子を迎えるのが遅くなる可能性を考えてこう言った。

夫 「お父さん何時に迎えに行けるか分からないから、キッズケータイを持っといてな」

息子 「え、部活にケータイ持って行っ

もっとみる
お時間許すならば、感想もお聞かせいただけると嬉しいです☺️
7

子どもを注意するときに大事なこと

子どもを注意するときに大事なこと

 

子どもに注意する時、ついつい感情的になってしまうことはありませんか?また、『子どもが反省しない』と悩んでいませんか?

子どもに注意する時は“怒る振り=パフォーマンス”だと思うと、とても楽になります。

子どもですから、反省しても失敗は何百回何千回もします。しかし『今日はしない』と思える気持ちにすることが子どもの成長につながります。

今回は、そんな明日に

もっとみる

「誰かが悪い」という考えを捨てる

この前小学生に英語を教えていたときのこと。

鍵を使って、ふざけあっていたので、授業終了まで預かることにしました。

そうすると、その子はふくれっ面で、ため息をついたり、大きな独り言を言ったり。全然授業に集中しません。

「Aくんだけが悪いと思って、鍵を預かったわけではないのよ」

「みんなが鍵で遊んじゃうから、Aくんの預かっているだけで、Aくんだけの問題だとは思っていないよ」

と伝えると、やや

もっとみる
素敵な1日を^^
22