失敗も経験

れいわの支持者の方が、自主的に自由に活動しだしたことで時々軋轢をうんでるみたいです。

まず、政治ってなんかやだなっていうマイナスのイメージが世の中には強い。
その中で政治的に活動する人は、
①仕事絡みで特定の政党を応援している。
②この政党がいいと思っている。
のおおざっぱに2種類の人たちが政治活動している。
そうでないひとはなぜ特定の政党を応援するのかわからない。わからないから聞いてみたいけど

もっとみる

来たる群馬〜れいわ新選組〜

みなさんこんにちは!

夢と希望の障害者

田嶋陽貴です。

昨日高崎駅西口にれいわ 新選組の党首 山本太郎さんと

れいわ 新選組の環境大臣 辻村ちひろさんが

街頭会見にきてくれました!

それにしても群馬集まらないなぁって印象ですね。

他の県は駅前に埋まるほどの人がいるのに対して、

西口にちょこっとぐらいでしたからね。

是非ご覧ください!

オーディエンスの声聞くのが少なかったかもしれ

もっとみる

れいわ新撰組の山本太郎氏が記者会見、N国党立花孝志氏の票読みでは次期衆議院選挙で16議席は取れると予想

れいわ新選組の山本太郎代表は4日、東京都千代田区の日本記者クラブで会見し、次期衆院選に向け地方を重視して支持拡大を図る姿勢を示した。「これまでの政治で一番疲弊したのは地方だ。地方の首が絞まるような政策を次々に行っている政治を、地方の皆さんと力を合わせてひっくり返していきたい」と述べた。

 山本氏は支持拡大を図る「全国ツアー」の一環で、7日に横須賀中央駅前で街頭活動を予定。小泉進次郎環境相(衆院1

もっとみる
ありがとうございます
6

結論が決まっている人

7月の参議院選挙でれいわ新選組の応援をはじめて以来、知り合いにれいわの存在を知らせるため、なるべく政治や税金の話をするようにしている。
もともと、人生や生き方や、心理学やらの濃いめの会話しか出来ないので、そのなかに消費税や政治の話を織り混ぜてみた。
ところが反応がいまいちで、好奇心旺盛な私は追いかけていって
「響かなかったー?どういうとこが?」
とインタビューしたい気持ちを押さえるのが大変であった

もっとみる

時間がない

その時間はない

れいわ新選組って山本太郎一人の党じゃない?問題が持ち上がって最近SNSが活発。

市民の党のはずなのに運営に意見も言えないし、言われたことやってるだけで、参加してる実感がないという声があがるのもわからなくはない。

というわけで、ここで立ち止まって
れいわ新選組が、既存の政党をモデルにするか、新しい在り方を構築するかしてしっかり組織化する。
というような選択を代入してみる。

もっとみる

「自分にも他人にも厳しい人」っていない

人にも厳しいけど、自分にもにも厳しいよ。
とか
私やることやってるから人にも言わせてもらうよ。
というような人がいる。

昔その事についてよく考えたことあって、私は結論としてそんな人いないと思っている。

例えば50キロ担ぐ必要があって、自称「自分にも他人にも厳しい人」は必死に担ぐわけだ。
そして全力を尽くして目的地まで運ぶ。
50キロは辛いようなどと泣き言を言ったり、半分づつ担ぎますとか、友だち

もっとみる

れいわ新選組:山本太郎に思うこと

昨年から(立ち上げ前を含めると3年4年?正確ではないのですみません。)現在にかけて、精力的に全国街宣活動を続けている山本太郎及びれいわ新撰組。

現政権のあまりの腐敗っぷりに、目を耳を疑ってしまう現実の中、メディアでは報じられないが、ジワジワと確実にれいわ新撰組の支持者は全国に増えてきている。都内での街宣を見るに、もっと支持者が多くいるはずと思うが、もしかしたら地方の方々の方がより山本太郎の主張が

もっとみる

れいわ新選組のジレンマ─ 『山本太郎の政党』と『市民のつくる政党』の狭間で ─

こんにちは。この記事は「れいわ新選組」の現状分析を行う記事です。

筆者は参院選以降れいわ新選組をウォッチして来た自民党支持者(アンチ山本太郎)です。れいわ批判なども織り交ぜながら書いて行きたいと思います。

支持者の方は、「いま自分が、れいわ新選組の何を支持しているのか」を意識しながら読んでいただけると良いかと思います。「山本太郎」を、あるいは別の議員や候補者を支持しているのか、それとも「れいわ

もっとみる

山本太郎の街宣行きたいよ~!!

児童虐待とれいわ新選組

SNS上で、

れいわ新選組の政策に児童虐待についての言及が少ない。
質問に対するレスポンスも薄い。
支持やめようかな。

と言う意見がちらほら。
確か、いずれかの街頭演説でその質問があったとき、

経済的に厳しいことからくる余裕の無さが、家庭の一番弱いところに出ているんじゃないかと思われる。景気をよくして余裕を作って行きたい。

というようなことをお返事されていたと思う。

児童虐待に限らず、こ

もっとみる