学級経営

最終話 まとめ

◯ちょこっとdiary

 先日、教育サークルスイッチオンのセミナーで算数の模擬授業をさせていただきました。「算数の技術」という面でお褒めの言葉をいただいた反面、技術のその先にはまだまだ課題がある事がわかりました。
 この歳になってまだまだ成長させていただいている感覚がある事がとても嬉しいです。先輩方、ありがとうございました。

5.0 エピローグ

 第1話〜第4話まで、お付き合いただきましてあ

もっとみる
幸せです!
2

授業づくりと学級づくり、どっちが大事?

◯授業づくりに明け暮れる

私が初任だった頃、大先輩からこんな事を言われました。

「授業がうまければ子どもはついてくる。」

 その言葉を信じ、私は授業づくりをとにかくがんばりました。特に力を入れたのは板書の記録です。毎日撮り続けました。
 その甲斐あって、授業力は向上し、研究授業でもほめられるようになりました。
 しかし、授業がうまくなればなるほど・・・

 子ども達は離れていった

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです☆
4

授業中の「問題行動」、その時どうする?

生徒は生身の人間です。その時その時で気分が行動に現れます。朝、親と喧嘩して来ているかもしれないし、お腹が痛いかもしれない。単純に体を動かしてハイになっていることもあります。体育館などで並んでいて、嬉しい報告や歌を歌って気持ちが上がったらおしゃべりだって、したい。

そもそも「問題行動」なんてものは存在していないことが多い。だって「問題」なのは生徒ではなくこちら側の都合だし、イライラして困っているの

もっとみる
やったー!
9

外部との連絡の取り方

◯ちょこっとDiary

 昨日のぎっくり腰ですが、多くの方に思いやりのある言葉をかけていただき、幸せでした。ありがとうございました。
 今まで、Twitterをメインにしてきましたが、Instagramでも発信していきたいと思います。Twitterよりもリアルな発信をしようと思っています。そちらのフォローもしていただけたら幸いです。
リンク→tomotomoteacher/トモ先生

◯外部と連

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです☆
7

子どもの「したい」を引き出す学級経営

私の目標は、これです。
子ども達の「したい!」でいっぱいの教室に「したい!」。
そうやって、日々自問自答を繰り返しています。
今日は、軽く綴ってみたいと思います。

① 子どもの「したい」は欠かせない

子ども達が教室を自分たちの居場所と感じ、自分たちらしく、自分たちの学級を作っていけるようにするためには、「したい!」が欠かせません。
子どもの「したい!」を引き出したい。
”言うは易し、行うは難し

もっとみる

「学級経営」って一体…

『noteはじめました』と投稿してみたものの、「投稿する」は大変です。
やってみて初めて、発信力の高い人の凄さに気づきます。
…って事、ありますよね?
私は、学級経営の核はこれだと思っています。

① 学級経営

”学級づくり”と”授業づくり”は、『学級経営』の両輪だと言われます。
どちらに重きを置く?どちらから始める?そんな議論もしばしば耳にします。
どちらも大切ですよね。
もちろん、その学級を

もっとみる

一筆箋始めました

3学期が始まって一週間。
子どもも冬休みボケから回復し、陽陽と過ごしてくれています。

今学期の実践として新たに取り入れてみたのがこちら

一筆箋です。ちなみにこれはTwitterで実践されている方のアイデアをヒントに自分なりにアレンジしてみました。これを3学期から始めたのには理由があります。

✔僕が一筆箋を始めた理由

学校の先生はみなさんもご存知の通り、時間が足りていません。だけど、子どもの

もっとみる

「辛い時は 辛いと言おう」

・若手の苦しんでいる理由

 私が見て、若手が苦しんでいる理由は
「弱音を吐けない事」が1つの原因です。
 弱音を吐けないのは、次のような原因があるのではないかと考えます。

・うまくいかないのは自分のせいとして考えすぎてしまう
・相手に迷惑をかけてはいけないと思ってしまう
・相手が忙しそうで時間を取れない
・自分が能力が低いと思われるのが嫌だ
・何に対して辛いのか言語化できていない

 私自身に

もっとみる
幸せです!
3

教師をやってた僕のケータイメモ公開

僕はまぁまぁ変わっていると自分でもよく思う。
 子育てをしていて、寝かし付けって本当に大変な仕事ですよね❓気を抜くと寝てしまうし、かと言って放っておいて寝るかというとそんなわけないし、うちでは基本的に息子二人の寝かし付けは僕の担当で、子どもがベットで寝息を立てるまでの間、ケータイを触ってることが多いのです。(触らないと寝てしまうので…)
 では、その間何をするか?
 頭の中にインプットされている出

もっとみる

第2話「教師の資質」

2.0 マネジャーの資質

 本編では、主人公のみなみが、ドラッカーのマネジメントに書かれている、マネジャーの資質について考えます。経営者としてのマネジャーと、野球部としてのマネージャーを照らし合わせて考え、自分なりの答えを探します。
 では、主人公と同じように、教師としての「資質」について考えます。

2.1 教師の資質

 大辞林(第3版)によると、資質とは、

生まれつきの性質や才能

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです☆
7