大宅壮一ノンフィクション賞

石井妙子『女帝 小池百合子』について ~コロナ禍での都議選に寄せて~

石井妙子『女帝 小池百合子』について ~コロナ禍での都議選に寄せて~

◇ やはり女帝は「持ってる」のだった ◇ 東京都都議会議員選挙が終わった。 コロナ禍のディストピア日本において、首都東京が変わることは一つの希望となる。 だから私は願った。 都民ではないけれど、まずは東京に一人でも多くまっとうな議員が誕生することを。 結果への感想としては、全体を通してみれば残念寄り。 だが、個人的に応援していた候補者たちの熱い演説動画をここ連日見続けていたため、その余熱がまだまだ胸に残っている。 ゆえに、ただ「残念」と嘆くだけでは申し訳ない。 日本の有

スキ
6
第52回「大宅壮一ノンフィクション賞」発表&選評

第52回「大宅壮一ノンフィクション賞」発表&選評

〈受賞作〉『女帝 小池百合子』 文藝春秋刊 石井妙子(いしいたえこ)  正賞 百万円 副賞 日本航空提供の国際線往復航空券 公益財団法人 日本文学振興会 選考経過第52回大宅壮一ノンフィクション賞選考委員会は5月13日に都内で開催されました。梯久美子、後藤正治、佐藤優、森健の四選考委員が出席(出口治明委員は欠席)し、討議の末、頭書のとおり受賞作が決定いたしました。 なお、受賞作以外の候補は以下の4作です。 片山夏子『ふくしま原発作業員日誌 イチエフの真実、9年間の 記

スキ
7
ユニークフェイス・ラジオ 第30回

ユニークフェイス・ラジオ 第30回

顔にアザのある政治家、小池百合子を題材にしたノンフィクション作品『女帝 小池百合子』が大宅壮一ノンフィクション賞に。ユニークフェイス当事者の多様性を示した作品について語りました。

○今日は 角幡唯介 先生のお誕生日です!
おめでとうございます!0205

○今日は 角幡唯介 先生のお誕生日です! おめでとうございます!0205

※この記事は2019年03月18日に書かれたものです。 角幡唯介○極夜行に横たわる明と暗 ■10年(鉄寅)の守護神DNA「司」の支合年に 「空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む」で、 第8回開高健ノンフィクション賞(10-0724/草亥)受賞。 11年(宝卯)の守護神DNA「禄」の半会年に同作で、 第1回梅棹忠夫・山と探検文学賞受賞(11-03XX)受賞。 また第42回大宅壮一ノンフィクション賞(11-0406/宝卯)受賞。 12年(海辰)のDNA「牽」

スキ
6
迷走する世界と日本、グローバリズムとナショナリズムの背景にある極秘なる真実とは?私、工藤雪枝の渾身なる記事。もうこれは未来永劫無料です。しかし中身にては私はかなりリスクとってます。

迷走する世界と日本、グローバリズムとナショナリズムの背景にある極秘なる真実とは?私、工藤雪枝の渾身なる記事。もうこれは未来永劫無料です。しかし中身にては私はかなりリスクとってます。

上記写真は、1995年ロイター通信社ジュネーブ本部にて、撮影されたもの。このあと、ウィーンを経て、まさに当時は戦場でもあったクロアチアにも外務省の依頼で行きましたが、クロアチアのロイタークルーが最も若かったのですが、彼らのプロ意識と高い能力(特にクロアチア)を今でも深い感慨と共に思い出して、涙が出ます 私においては最近、こちらのNOTEへの執筆を増やしている。何故かというと、リアルタイムで記事を挙げることが今の日本や世界において実に重要であり、それをやっている方々が僭越なが

スキ
17
自#163|ウジャンジャの知恵(自由note)

自#163|ウジャンジャの知恵(自由note)

 文化人類学者の小川さやかさんのインタビュー記事を読みました。新聞や雑誌のインタビュー記事は、普通に理解できることを、手際良くまとめて書いてあります。私は、そのインタビュー記事を読んで、自分の切り口で再構成して、意見、感想などを付け加えながら、ノートを書いています。書くことによって、そのインタビュー記事の内容は、より一層、深く理解できるようになります。インタビュー記事の内容を、授業の「まくら」でネタとして使うとすると、いったん自分の頭の中で、再構築して、紙ベースで書いておかな

スキ
4
小川さやかさんが、河合隼雄学芸賞、大宅壮一ノンフィクション賞の二冠達成!

小川さやかさんが、河合隼雄学芸賞、大宅壮一ノンフィクション賞の二冠達成!

光文社新書編集部の三宅です。 『チョンキンマンションのボスは知っている アングラ経済の人類学』(小川さやか著)が、河合隼雄学芸賞、大宅壮一ノンフィクション賞をW受賞するという快挙を成し遂げました。 香港のチョンキンマンションを舞台に、タンザニアとの貿易を仲介するカラマに密着した参与観察は、この複雑な時代を生き抜くある種の知恵を我々に授けてくれます。ただ、知恵と言っても、あまりにもハイコンテクストすぎて、簡単に真似できるものではありません(そのハイコンテクストな部分を読み解

スキ
20
第51回「大宅壮一ノンフィクション賞」発表&選評

第51回「大宅壮一ノンフィクション賞」発表&選評

〈受賞作〉 小川さやか『チョンキンマンションのボスは知っている アングラ経済の人類学』 (春秋社刊) 正賞 100万円 副賞 日本航空提供の国際線往復航空券 公益財団法人 日本文学振興会 選考経過 第51回大宅壮一ノンフィクション賞選考委員会を、6月11日午後3時から文藝春秋ビルで開きました。梯久美子、後藤正治、佐藤優、出口治明、森健の5選考委員(50音順)が出席し、2時間に及ぶ討議を行い、頭書の通り授賞が決定いたしました。 受賞作以外の候補作は次の4篇でした。

スキ
17
○今日は 上原善広 先生のお誕生日です!
Happy Birthday!0706

○今日は 上原善広 先生のお誕生日です! Happy Birthday!0706

上原善広○路地の子に潜む淡い毒 ■10年(鉄寅)のDNA「玉」の守護神年に、 「日本の路地を旅する」で、 第41回大宅壮一ノンフィクション賞受賞し、 被差別部落出身である事をカミングアウトし、 部落問題を中心に文筆活動を行っている。 上原善広(73-0706/雨卯)が、 自身の父親の半生を記した(あくまでも自伝的) (新潮45に15年01月号~16年04月迄連載) 『路地の子』が、06月15日(雨酉)の納音日に上梓された。 上原の父親は、大阪の更池出身で、若くして所帯をもち

スキ
5