外国語教育

バイリンガルのメリット

南アジア諸国では、母語+英語の2言語を子ども時代から話せる人が多いようです。
プライベートでは母語、学校・仕事では英語を用いているからです。
彼ら・彼女らが大人になってから日本語を学び始めても、日本人の英語に比べてスラスラと上達するのは、バイリンガルだからでしょう。

フィリピンもバイリンガル・トリリンガルが多いイメージですよね。だから日本語が上手な人が多いんだと思います。

一方、英語が母語の人

もっとみる

小学生の英語学習アンケートと行動経済③

パーソナル・コンピュータの父の名言

カリフォルニア大学
ロサンゼルス校准教授のアラン・ケイ氏
彼はパーソナル・コンピュータの父、
と言う異名を持ちます。
彼はこんな明言を持っています。
「未来を予測する最善の方法は、
それを発明することだ」

新たな学校文化の形成

文科省のHPにある
「2030年の社会と子供たちの未来」は、
ご覧頂きましたでしょうか?
新しい時代と社会に開かれた教育課程の中で

もっとみる
ありがとうございます(^^)

英語を嫌いになる仕組み

中学生の頃、同級生に英語の発音がめちゃくちゃいい子がいたんだけど、発言するたびに周囲にクスクスされたせいか、そのうちカタカナ英語になってしまった。日本のイヤな部分を煮詰めたような空間だったなと今では思う。
                      深爪(@fukazume_taro)

 先日、Twitterのタイムラインにこのツイートが流れてきました。3万イイネくらいあったのかな?世間にも共感

もっとみる
恐縮です!
2

『マダム ・ イン ・ ニューヨーク』と『世界のことばあそびえほん』 シネマと戸田デザイン研究室 Vol.6

映画大好き!な、戸田デザイン研究室 広報・大澤がテーマを設け、素敵な映画作品と戸田デザイン研究室の作品をご紹介する【シネマと戸田デザイン研究室】。

第6回目のテーマは外国語。【言葉は私の世界を広げるツール】をテーマにご紹介します。

マダム ・ イン ・ ニューヨーク 監督:ガウリー・シンデー

数々の名作を世界に放つインド映画。特に映画産業の盛んなムンバイの映画は「ボリウッド映画(インド版ハリ

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます!
5

ストイックになる話

このような記事を見つけました。

「日本再発見」日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語』著者が斬る30年間の変遷 https://www.newsweekjapan.jp/nippon/season2/2019/05/239873.php

とある先生から以前「楽しさは正義」ということばを聞いてとても共感しました。
ここでの「楽しい」には amused と interesting の両

もっとみる

世界に通用するおしゃべりさんになりたい

こんにちは。

今までの記事にスキして下さった方ありがとうございます!!

さて、タイトル通りわたしは世界で通用するおしゃべりさんになりたいので、
日頃から気をつけていることがあります。
今回はそれを記事にしたのですが、きっかけは、自分が留学していた時に
「外国語を話そうとした時に、どうもうまく話せない」
と悩んだことでした。

なので、同じ悩みを持っている人も読んでいただけたら嬉しいですし、

もっとみる

たまには真面目な話をしようかな

去年、英語の授業を考える機会がありました。自分の住んでいる地域について短い会話をするといった単元です。
 目標表現は”Do you like~?”で、身近な施設の単語(park, super market, station等)を使って会話をする、いたって普通の単元です。僕がALTに「こんな感じで行こうと思うんだ」と伝えると、面白い答えが返ってきました。

ALT : Do you like ○○

もっとみる
モチベーションアップ!
2

小・中#16-2: “What do you do in your free time?” 「時間があるとき、何をしますか?」(後)

前回から、「時間があるとき、何をしますか?」に関連する表現を用いたやり取りを考えています。

英語で自己紹介に取り組むとき、“What’s your hobby?” 「趣味は何ですか?」という表現を覚えて言ったりすることがあります。
自分自身で “My hobby is reading books.” と言うのとは異なり、「趣味は何ですか?」とたずねられたときに、これまで趣味と明確に意識して続けて

もっとみる

小・中#16-1: “What do you do in your free time?” 「時間があるとき、何をしますか?」(前)

「暇なとき、なにしてる?」
こうたずねるのは、時間があるときに相手がどのように過ごすのだろうと知りたくなった場合や、暇なときの過ごし方のヒントが欲しい場合などでしょうか。

"What do you do in your free time?" や "What do you like to do when you have time?" それぞれの返答となる "I read books in my

もっとみる

小・中#15-2: “What subject do you like?” 「好きな科目は何ですか?」(後)

前回は、「科目」というトピックについて、指導者のモデル発話に続く「児童への最初の問いかけ」について考えました。
実際の授業でもよく使われる “How about you?” というフレーズでは、特に直前の指導者の発話が長い場合など、児童が何についてたずねられているのか分からないことがあります。 “How about you?”  は「あなたはどうですか?」と問いかける時に便利なフレーズである一方で

もっとみる