地域を変える第一歩、 踏み出した先に見えるもの

両親が経営する商店。父親が亡くなり
母を手伝うため、1人のサラリーマンが立ち上がるところから、物語は始まります。

今回は「地元がヤバイ…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門」のご紹介。

そして都市経営プロフェッショナルスクールで、
挑戦を続ける方々に、また迫りたいと思います。

地域再生への入門書

今回の本、まちづくりや商業関係の仕事をするにあたって、最初とっても読みやすいです。

失敗

もっとみる
どうもありがとうございます✨
19

若者の地元離れはいいことなのでは?

過疎の地域では、学業や就職の為いったん地元を離れた若者が戻ってこないことが問題視されている。著しい人口減と、若い世代のドーナツ化。数字を見れば過疎の実態は明らかだ。

「地元に、戻るほどの魅力が無い」

と言ってしまえば身も蓋もないが、個人的には、若者はどんどん外の世界に出してあげるべきだと思う。

「戻らないかも」と思うと、どうしても若者を地元に押し込める施策を打ちがちだが、「もっと外の世界を見

もっとみる

村民の ”得意なこと” データベース(仮)を作りたい

この村の人口1,500人は、お互いのことをほとんど知らずに過ごしている。村には区があって、区が違えば苗字も屋号もわからない。「ホントに地元の人??」ってくらいお互いを知らない。

どこの地域でもそんなものだと思うけど。

でも、共通項が「この村の住人」ってだけではちょっと寂しい。もしかして、めっちゃ気が合う人や、今困っていることをサポートできる能力を持っている人が地元にいるかもしれないのに・・・。

もっとみる

稲刈りが終わった。農作業を「田舎の強み」として振り返る

我が家の稲刈りが終わった。

稲刈りは稲を刈った後が大変で、昔ながらに稲を天日干しする作業「はざ掛け」は、気力・体力共に根こそぎ持っていかれる。秋の一大行事だ。

我が家はいわゆる「農家」ではないものの、自分のところで食べる野菜・米などは作っており、土地だけは管理しきれないほどある。先祖代々の土地は手放すわけにもいかず、土地の運用については少子高齢化著しいこの地域の喫緊の課題にもなっている。

もっとみる

『何もない』は田舎の得難い価値

「何もかもあることが価値」とされてきた現代では、何もなく不便であることは欠点だと思われきた。

地方のど田舎ですら観光開発が行われ、人を呼び込むためのハコモノがずいぶん造られた。

ところが、ここ数年・数十年で「何もない」ことに価値を見出す動きが加速している。コロナ騒動でその動きに拍車がかかった。

人が思考するとき、そして休養するときには、何もない場所ってのは大きな価値だ。

「何もない」がそこ

もっとみる

台風15号から1年 復活するのは"屋根が吹き飛んだ"宿泊施設だけじゃない!

2019年9月、関東を直撃した台風15号は東京・伊豆大島にも大きな被害をもたらしました。

島の中でも被害が大きかった波浮港地区に住む吉本浩二(38)さんは、2019年の4月に小さな商店だった建物を改装し、ゲストハウス「青とサイダー」をオープン。しかし、9月の台風でゲストハウスの屋根がすべて吹き飛ぶなど、大きな被害を受けました。

台風15号から1年を迎えるにあたり、吉本さんに話をききました。

もっとみる
ありがとうございます!書いてよかった・・・
22

「土のめぐみ」様 ・・・ 有機栽培の野菜、その美味しさを改めて感じた日

先日、あるご縁で熊本にある「株式会社 土のめぐみ」様のことを知り、こだわりを持って育て扱われている野菜に興味を持ち、取り寄せることにしました。

【株式会社 土のめぐみ 様】

HPより ・・・ 九州・熊本・オーガニック先駆けの地から、安全・安心・美味しい無農薬やJAS認証の有機野菜などをお届けして24年!土のめぐみは、心の底から本当に安心して楽しく笑顔になれる食のお手伝いをいたします。

htt

もっとみる
おぉ!!!ありがとうございます( *´艸`)
5

うまくいかないホテル・旅館・飲食店 ・・・ 業績不振なサービス企業がいますぐやるべきこと

当社取引先に限らず、全国各地の宿泊施設や飲食店の皆さんは、いま必死に経営改善に取り組んでいらっしゃると思います。

料金やサービス、プランの見直しをされている企業も多いのですが、現時点ではマーケットのニーズ・ウォンツ・デマンドが回復しておらず、プライシング戦略ではお客様には訴求しません。

いまやるべきことは、自社の強み・弱みをさらに正確・詳細に把握し、それをPR戦略および自社の魅力拡大に最大限活

もっとみる
スキ、嬉しいです(^.^)
7

広報誌と田舎の経営課題

お盆なので実家(田舎)に帰省中です。

見渡す限りの田園風景。カエルの鳴声と静かな星空。シャキシャキきゅうりとキンキンに冷えたビール。田舎を感じて、いいナカ。

いい感じで、夏休み満喫してたら、朝から市の職員が訪ねてきて、面倒な作業が発生。

【目次】
・田舎の広報誌
・リサーチ① 市の財政状況
・リサーチ② 広報誌の発行コスト
・リサーチ③ 広報誌の役割と効果
・○○市への質問・要望

◆田舎の

もっとみる