十四代

日本酒を初心者にお勧めするには

サケミライ日本酒大賞の第二回目の選考で少し物議をかもしたので、単純に僕の考えというか、スタンスを書きたくなったので書きます。

こういう記事も書いていることですしね。

※アフィは別にやってない

本選考は「日本酒を飲んだことがないという初心者」に勧めたいお酒をTwitterで公募。
そこから季節的に難しい販売されていないものなどは考慮して100種類選抜。50銘柄ずつ二回のブラインドテイスティング

もっとみる

ことはじめ

2000年代はじめ。

当時20代そこそこだった私が、バイト先の同僚に連れられて新宿のとある居酒屋に入ったときのこと。

「これ飲んでみな」と勧められたのが、日本酒の「十四代」という銘柄のお酒でした。

日本酒と言えば久保田、八海山、天狗舞でしょ?「美味しんぼ」の知識があればどこでも闘えるでしょ?

そんな無根拠な自信を持ちながら口に運んだ「十四代」は、甘く果実味があり、トンネルの中を流れる川をボ

もっとみる
あらあらスミマセン(^o^)
37

【厳選9種】日本酒のマイベストまとめ

新政 No.6(S-type)**

日本酒好きなら知らぬ人のいない新政酒造。
その中でも、No.6は特に手に入りにくくなっている。
No.6には、「N」「S」「X」の3タイプがあるが、Sタイプがオススメ。
生酒特有のプチプチ感と新政のユニークな香りをバランス良く楽しめる。
(※厳密には、No.6はこの他にも限定版として存在する)

而今 八反錦 無濾過生

これもまた入手困難。
芳醇な香り、フル

もっとみる

Twitterでの今年の私的ベスト日本酒上半期10選ランキング集計

#今年の私的ベスト日本酒上半期10選 というハッシュタグを目にした。

元をたどるとまっちゃんさんのツイートが発端であった。

なるほど、つまりこれを見ていけば旬な日本酒が分かるな・・・

ということで、とりまとめてみた。

尚、2019/06/28~2019/7/2までの情報である。大体100人ほどで1068票集計した。必ずしも10挙げているわけではないのでこのような数字だ。

また、流石日本酒

もっとみる
感謝の極み
10

十四代という日本酒について。その価値や美味しさを伝えたい。

十四代という日本酒はやはり

日本で最高と言われるだけの味わいです

一度は味わうべきだと思う日本酒でございます

どうも佐世保唯一の日本酒専門店タイムでございます。

いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます

 

 

今日は日本で最も最高と言われてい幻の日本酒、
14代という日本酒についてお話をして行こうと思います。

十四代という日本酒は日本酒の中で今最もプレミアな価値がつい

もっとみる

マニアが集まる「日本酒の会」へ! 田酒、十四代、鍋島に囲まれて気づいた7のこと

「日本酒の会」。イベントや試飲会ではなく、日本酒マニアたちがひっそり集まり高級酒を飲み交わす秘密の会合です。

噂には聞いていたけれど「なんかおっかない」という理由で躊躇していた日本酒マニアの会に、平成最後の日に初参加してきました。Twitter酒アカウントのみなさま、ありがとうございました。

日本酒の会とは?
SNS上で繋がっている日本酒仲間たちで店を借り切り、お酒を飲み交わすといったもの。本

もっとみる
ありがとうございます。お酒がさらにすすみます。
16

【五反田】ゆらりの京風おでんが五臓六腑にしみわたる

12月ともなれば、寒くなるし、忙しいしで「そろそろ季節もきつくなーる」ってもんです。

そんな師走イズムな我々はどうすればよいか。

お出汁のしゅんだ京風おでんを食べるべきなのです。

訪れたのは五反田のゆらりさん。五反田在住の友人が行きたいところがあるというので連れて行ってもらいました。

※あれ、祇園に来ちゃったかな?という佇まい。

※本日のお勧めが店頭にあるとぐんと入るモチベーションあがり

もっとみる
身に余る光栄・・・

日本酒と私② ハマる編

焼酎ブームが嫌になる→日本酒を薦められる→日本酒やると決意する

かくして日本酒とめでたく出会うことができた私だが、きっかけなんてそんなもんである。

時は2007年頃。
ふと自分の昔のブログを振り返ってみた。
すると、こんなのが出てきた。

十四代。
そうその当時、焼酎ブームの裏側で日本酒が強烈な勢いで巻き返しており、そのトップランカーだったのが「十四代」という山形のお酒であった。

あまりにフ

もっとみる

2018年新酒鑑評会公開利き酒会に行ってきた。今年のマイフェイバリット日本酒決定

6/16(土)にありました全国新酒鑑評会公開利き酒会に参加してきました。今回で参加は5回目。全国新酒鑑評会は1911年(明治44年)に始まった歴史ある全国規模の鑑評会です。

今年は、平成29酒造年度(2017/7/1~2018/6/30)に製造された清酒の鑑評会になります。その鑑評会の入賞酒を試飲できるイベントが本公開利き酒会なのです。

今回は出品850点の内、入賞酒421点、その中から、金賞

もっとみる