創価学会

上手な宗教の選び方〜宗教遍歴を5つ体験した私が語る入るべき宗教

YouTubeでえらてんさんが宗教について発信している。ここでは実際に数多くの宗教を遍歴、没頭し、数多くの教義に触れてきた私が個人的見解で宗教について語っていきたいと思う。

もっとみる
Thank you(^-^ゞ
1

自分が希望をつくれ

【自分が希望をつくれ】
 人生において、一番の宝とは?──それは「希望」。池田名誉会長は呼びかける。
 「どうか朗らかな人生を! 朗らかな出来事がなければ、自分でつくればよい。
 希望がなければ、自分で希望をつくればよい。心は自由自在だからである」
 妙法は永遠の宇宙の法則。それを持っているのだから「何かあっても困らない!」「絶対に負けない!」。この確信が信仰だ。
 「それなのに、すぐに悲観し、弱

もっとみる

皆を幸福にしよう

【皆を幸福にしよう】
 後輩が、なかなか成長しない。そう嘆く人がいる。青年を育てる秘訣は?ーー名誉会長は語る。「『自分以上の人材なのだ』『自分以上に育てていくのだ』ーーこの決心が人を育て、自分を育てる。『皆を幸福にしよう』『皆を偉くしよう』『皆の力を発揮させよう』ーー指導者は、ここに心を砕くべきである。ただ漫然と活動しているだけでは、人は育たない。意識して、祈り、育てなければならない」
 どの人も

もっとみる

私が創価学会をやめた理由

〜手にれたかったのは本当の自分、本当の自由〜

私はいわゆる学会二世です。生まれながらの二世ではなく、子供の頃に母が入会したため、一緒に入ることになったわけですが。
それでも思春期の頃に、やはりこの信仰に感銘を受け、自ら祈るようになりました。

そんな私が創価学会を辞める日がくるとは・・・夢にも思いませんでした。

私なりの思いや葛藤、辿ってきた道を、同じようなことで悩んでいる方や、そういう方に寄

もっとみる

自己紹介

私は創価学会員です。

「世界一の師匠」と「大切な仲間」と充実した毎日を送っています。

そんな私の生きる力になっているのは、創価学会の言葉です。

創価学会の言葉をテーマに、思っていることを書いていこうと思います。

どうぞ末永くお付き合いください。

自己責任論を仏法から分析 信仰による青年達への指導より

自己責任論という奢りを釈尊はその弟子達に説いていたのである。ある修行僧が重病を患っていた。弟子達はそれを以前から承知しておりどんな病気を患っていたのかも承知していたのにも関わらず誰一人として手を差し伸べなかったのである。日頃の行いが悪いからとか、本人の努力が足りないからといった理屈である。他の弟子達からすると運命論という諦めとなり萎えさせ傍観論を正当化する奢りとして心を曇らせていた。そこで釈尊が説

もっとみる

☪️追加⬇︎創価学会がれいわを応援。☪️スピーチ聞いた私の愚痴。藤井聡氏の開いた口が塞がらない。安倍政権支持率アンケート。厚労省の家賃支援+金刷れは間違い?ノート紹介✳️甲子園開催求むキャンペーン賛同締切5/20

A、今日のコラム
 創価学会かられいわ新撰組で出馬の2件と創価学会関連のツイート等

👆今聞こうと思ったら聞けず、下記の画像に変わりました。

☪️こちらのスピーチは、私は好感持てました。検察庁定年延長法案に賛成した公明党への反発が伝わってきました。

☪️👆こちらのスピーチ聞いた私の感想。話ちっちゃ。それ自分だけの愚痴やん。そもそも元々問題だらけの軽減税率反対の私。それをゴリ押しして通した公

もっとみる
昨夜からずっと待ってたのに〜又あの女の部屋へ行ってたんじゃないの?
28

若年層の慢性疾患 闘病の青春 信仰による指導

僕は、16歳から喘息に苦しんで来た。呼吸困難で深夜点滴に何回も通った。他にも消化器系の病気を経験している事から生老病死についてよく考えてきた方である。若年層の慢性疾患という社会学がありその文献を読み自身を励まして来た。

池田大作名誉会長の指導より、闘病の青春という指導がある。必然的に命と向き合う時間が多かったので成仏への直動となるとあった。その時間は無駄ではなくただそれだけで、功徳を積んだという

もっとみる

【書籍・資料・文献】『ドキュメント 検察官』(中公新書)読売新聞社会部

検察官という仕事

 今般、弁護士がテレビ番組に出演することは珍しくない。それはニュース番組やニュースバラエティといった、報道色のある番組に限らない。法律を題材にしたバラエティ番組も増え、法律の専門家たる弁護士は重用される傾向にある。

 弁護士といった職業がテレビで当たり前になる一方、刑事裁判の原告を務める検察官はテレビで目にすることはほとんどない。

 少なくても、現役の検察官がテレビに出演し

もっとみる

創価学会員・野原ヨシマサ「真正の池田門下生、立ち上がるのは今だろ!」(2019.07.12 れいわ祭)

野原ヨシマサ IN れいわ祭

公明党は、平和・福祉と言いながら、安倍の悪事の片棒を担いで、ここまで世の中ダメにしてきました。

だから、政治改革するための手っ取り早い方法は、公明党を潰すことです!

これ私が勝手に言ってることじゃないんです。
池田先生がそう言われているんですよ。

公明党の前身である公明政治連盟を池田先生が立ち上げた時に
こう言われました。

将来、公明党が政権になびいて、

もっとみる