六車奈々

働くお母さん

「お待たせ致しました」
真っ先に注文したスパークリングが運ばれてきた。『こぼれスパークリング』と書かれていたそれは、日本酒でいう『もっきり』さながら、升の中にシャンパングラスが立っている。

今日は、一人きりの外食だ。
娘が生まれてからの4年間、思い返しても一人でゆっくり夕食を満喫した記憶など一度もない。
私は思わず笑みが溢れた。

「それでは失礼します」
店員さんが、グラスにスパークリングを注ぎ

もっとみる

武士の心得

今、戦うべきか、否か。

実は、この選択。
自分が思っている以上に、重要である。

世の中には、理不尽が多い。
どの仕事をしていても同じだと思うが、あまりの理不尽に刀を抜きたくなる瞬間もあるだろう。

しかしだ。
世の中は、自分中心に周っているわけではない。自分が怒れる度に正義の刀を振りかざしていては、側からみると安売りになってしまう。つまり周りの評価は、『いつも怒っている人』ということなってしま

もっとみる

鬼退治

まもなく15時40分だ。
私は心が落ち着かず、息が苦しくなった。

今日は、節分。
あと数分で、鬼たちが保育園を強襲する。

娘は大泣きするだろう。
怖い思いをするだろう。

そう思うと、胸が苦しくなった。

節分の数週間前から、保育園では準備が始まった。
『節分の日、もしかしたら保育園に本物の鬼が来るかもしれない』
そんな噂を聞いた3歳児クラスの子供たちは、怖くてドキドキした。
森へ柊を探しに行

もっとみる

表裏一体

「うちの奥さんは、本当に大雑把で困る。」

私の友人男性、仮に名前をリョウにしよう、はいつものように愚痴をこぼした。

「部屋は汚いし、洗面台はいつも毛詰まり。仏壇のお供えにはカビが生えているし、冷蔵庫の中はタッパーにいつのかわからないおかずが入ってる。これで専業主婦だよ。どう思う?」

うん。話を聞くと、確かに大雑把な奥さんである。
私も掃除好きではないが、汚い方がもっとイヤだ。だから部屋はいつ

もっとみる

スパゲッティとエロス

モデルの仕事をしていた20代前半。
かなりの数をさせて頂いたのが、カラオケの仕事だ。
当時はカラオケが大ブーム。各メーカーがこぞって歌詞の後ろで流れる映像を撮った。

夏の暑い日、線路の上をひたすら走らされた撮影もあった。
そう、爆風スランプ『ランナー』だ。後に自分がアミューズに入り、サンプラザ中野さんとお仕事をさせて頂いたときには、このネタが大いに役立った。
「実は私、『ランナー』のカラオケに出

もっとみる

イヤよイヤよも好きのうち?

20代の頃、関西の旅番組にレギュラー出演していた。女性の一人旅という設定なので、いつもは自分一人での出演だ。
しかし今回は、夏休み企画。同じモデル事務所の仲良し、仮に名前をセイコにしよう、と一緒に出演できることになった。

「やったー!一緒に出られるなんて、めちゃ嬉しいなぁ!」
私たちは、大喜びをした。

ただし、ここには条件があった。
大自然の中でパラグライダーを楽しむシーンを入れたいので、二人

もっとみる

罪と罰

午後の授業が始まるチャイムが鳴り、先生が教室に入ってきた。小学三年生のクラス、担任は『ずるいオトナ https://note.com/nana_rokusha/n/ne99ca9872121 』で記した、唐揚げ先生だ。唐揚げ先生とは、今年赴任してきたばかりの若い女性の先生。ショートカットで目は鋭く、男性のような口調。とにかく気の強い怖い先生である。

「この雑巾、誰や?片づけに来い。」
開口一番、

もっとみる

二者択一の模範回答

グリーンチャンネル『M'S TV』の現場に娘を連れて行くことになった。主人が高熱を出したため、保育園のお迎えに行けないからだ。

お気に入りのワンピースを着た娘の手を引き、控え室に入る。
「今日は、よろしくお願いします!」
と照れながらも皆さんにご挨拶し、お絵描きをしながら矢部みほちゃんが来るのを待っていた。

毎週木曜日に放送の『M'S TV』は、せりも一緒にオンエアを見る。今までテレビの中でし

もっとみる

みにくいアヒルの子

私には何もない。
いつもそう思ってきた。

いや、無いわけではないのだ。
たとえばモデルの仕事は、15年ほどさせて頂いた。服を着てポーズを取るのも、顔の表情をあれこれ変えるのも朝メシ前だ。
ラジオだって15年以上になる。アシスタントはもちろん、メインパーソナリティとしても一人喋りもさせて頂いたし、テレビ番組だって、司会からゲスト、リポーターまで幅広くさせて頂いている。

しかし、そういうことではな

もっとみる

失言

その日は、MBSラジオ『それゆけ!メッセンジャー』の生放送終わりで、メッセンジャーの黒田さんとランチに行くことになっていた。
黒田さんとレストランに到着すると、すでに黒田さんのご友人、仕事関係の方などが来られていて、5〜6人での食事会だった。

黒田さんと食事に行くのは、どれくらいぶりだろう。私が上京して以来メッキリ減ってしまったが、大阪に住んでいた時は、しょっちゅう飲みに連れてもらったり、黒田家

もっとみる