見出し画像

本当にあった、不思議な話

私が子供の頃、母から聞いた不思議な話は、
母が子供の頃、父から聞いた不思議な話だ。


母の父、つまり私にとっておじいちゃんは、名前を『寿政(ひさまさ)』という。
寿政は九人兄弟の五番目、ちょうど真ん中に生まれた。子供の頃に住んでいた家はお屋敷とも言えるほど広いもので、大きな庭には藤棚があった。

その日、寿政は兄たちと三人で、藤棚の下で駆け回って遊んでいた。すると突然、どこからともなく白蛇が姿を見せた。


「うわぁ〜!白蛇だ!」
「捕まえろ!」

男の子たちは、近くにあった『たらい』を白蛇に被せ、ひとまず捕獲した。

「僕が見張っているから、誰かカゴを取ってきて!」
「よし任せて!」


兄弟は手分けをし、たらいを抑えている者、網とカゴを持ってくる者に分かれた。
ほどなくして、息を切らしながら兄弟が戻ってきた。

「持ってきたよ!」
「おう!」

これで、網とカゴが揃った。
よぉし!網で捕まえて、カゴに入れるぞ!
三人は高鳴る胸を必死に鎮めながら、たらいを見守った。そして白蛇が逃げないように、そうっと、たらいを持ち上げた。


「エッッッ!?」


三人は驚いて声を上げた。
白蛇が消えていたからだ。


「どうしていないの?」
「ちゃんと見張ってたよね!」
「穴も空いていないし、潜ったわけではないよね、、、。」


一体、どこへ行ってしまったのだろうか。
結局、白蛇はどこを探しても見つからず、あまりに摩訶不思議な出来事に、三人は狐に摘まれたような気持ちになった。


その晩、白蛇を捕まえようとした兄弟は、三人が三人とも高熱にうなされた。
全く熱が下がらない。
医師に診てもらっても原因不明と診断され、高熱は三日三晩続いた。


原因もわからず、治す手立ても見つからない。これ以上、どうすれば良いのだろう。

「三人とも、もうダメかもしれない。」

覚悟を決めなければならないのだろうか。
両親は、気が狂いそうだった。


その傍らで、ずっと手を合わせていた女の子がいた。妹の巳子である。
巳子は、巳年の巳の時刻に生まれたため、『巳子(ふみこ)』と名付けらた。


「お願いします!どうか、どうか、お兄ちゃまたちを助けてください!お願いします!」

巳子は、必死に手を合わせていた。


すると、どうしたことか。
翌日、三人の兄たちは、嘘のようにスーッと熱が下がったのだ。 


信じられない!
こんなことが、あるだろうか?!
巳子が懸命にお願いをしてくれたおかげで、三人の兄たちは、命を救われたのだ!


家族がそう喜ぶのも束の間、兄たちと入れ替わるようにして、今度は巳子が倒れた。
そしてそのまま帰らぬ人となってしまった。


家族は、悲しみと絶望で打ちひしがれた。
どうして、こんな悲しいことが起きてしまったのだろう。
身代わりで逝ってしまったのだろうか。


我が子を亡くす地獄を味わった母親は、心に決めた。

『もう二度とこのような辛い思いをしないために、子供たちの誰か一人を、必ずお医者様にする!』

母の決意は、揺るぎないものだった。

八人に減ってしまった兄弟だったが、それぞれ皆、スクスクと育った。そんな中、母親は末っ子の貢(みつぐ)をお医者様にしたいと考えた。


ところが、母の思いを遮るものがいた。
父親だ。
父親は東京大学を卒業し、なお数学を研究している研究者。貢には、自分と同じ東京大学に行かせたかったのだ。


父と母の思いが、ここで大きく対立した。
どちらも、一歩も譲らなかった。

貢はひとまず、父の希望である東京大学と、母の希望である慶應大学医学部を受験した。
結果、どちらも受かってきた。
両親が貢に期待を寄せたのも納得できる。


両者は、一歩も譲らなかった。

「ええい!貢を医者にさせないなら、こうしてくれるわ!」

母は、なぎなたを振り回して父に襲いかかった。


決着はついた。
母の勝ちである。


こうして貢は、慶應大学の医学部へ進学。
後に医師として宇都宮で開業し、現在は貢の息子も医師をしている。
母があの時、我が子を失った絶望の中で誓った望みが叶ったのだ。


寿政は医学の道とは全く違う人生を歩み、千代という女性とお見合いをして結婚。三人の子供に恵まれた。

「妹の巳子はね、お父ちゃま達の身代わりで死んでしまったんだよ。お父ちゃま達が今生きているのは、巳子のおかげなんたよ。」

寿政は事あるごとに、子供たちに話していたそうだ。

母が子供の頃、父から聞いた不思議な話は私に語り継がれ、いつか私も娘に話すことがあるかもしれない。


白蛇と、兄弟三人と、巳子の話。
偶然が重なっただけなのか、はたまた、、、


真相は、誰にもわからない。
しかし、本当にあった不思議な話なのである。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
19
渾身のエッセイ、始めました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。