交通広告

2020年日本のOOH広告市場

前回は広告市場全体から、インターネット広告、動画広告、プログラマティックのトレンドを解説し、近年コンサルティングファームが世界のデジタルエージェンシーの主勢力となっており、ボリュームやブランディングよりパフォーマンスが重要になっていることを説明した。その上で最後にDX(Digital Tran…

OOHにもスピードが求められている!?世間は言い訳をさせてくれない。

今回のnoteは「OOHメディアもスピードが求められる時代なのでは?」という話を書いていきたいと思います! フィリップ殿下の突然の死 イギリス時間の4月9日の12時にエリザベス女王の旦那さんである、フィリップ殿下が亡くなったことが英国政府から発表されました。 イギリスはエリザベス女王が国王…

事例サイト「Oh! OOH!!」

 第4回目のnoteでは、私の運営しているWebサイト「Oh! OOH!!」について紹介したいと思います。  noteを始めてから媒体社や事業社などOOHに関わるの様々な方からご連絡をいただくことが増えてきました。直接お会いしてOOHに関する意見交換などさせていただくこともあります。その際、大変有難いことに…

環境問題への取り組みは、電車内広告を活性化させる機会かもしれない。

今週は、「環境配慮型のOOH。が電車内媒体の活性化に役立つのでは」という話を書いていきます。 先月、イギリスOOH業界の2020年の売上実績が発表となりました。2020年のOOH広告の売上は前年比48%となる920億円、コロナの影響のなかった第1四半期(1-3月)を除くと、前年比37%まで減少している。とい…

広告も引きこもり?

こんにちは! 引きこもりの椎名です。 ほぼ1年ぶりに通勤で電車に乗りました。 想像していたより混んでいましたが、通常時に比べたらたぶん少ないのでしょう。日比谷線と銀座線を使ったのですが、どちらも途中で座れて、座れたことに驚きました。 それにしても、久しぶりの電車。車内も新鮮に映り…

OOH広告の買い時はいつ?人流予測で提案の幅が広がる。

今週は、「未来の移動を予測することは、OOH広告の提案の幅を広げてくれるのでは?」といった話を書いていきたいと思います。 イギリスは現在、ロックダウンの最中にいますが、3月8日から学校が再開されるのをきっかけに、少しずつ規制が緩和されていく予定となっております。 12月中旬からロックダ…

次のタクシー広告なるか?!高まるプライベートジェットへの期待

本日は「プライベートジェット需要の高まりが新たな人気OOH媒体を生むかも」という話を書いていきます! 先週月曜日、イギリス政府はロックダウンの規制緩和プランを発表しました。 4月12日からレストランや小売店の営業が再開、5月12日から旅行に関する規制が緩和され、6月下旬にはナイトクラブを含…

嘘でも商品が売れる?!OOH広告とSNSの親和性。

今回のnoteでは、「OOH×SNSは深堀りできる可能性があり、クリエイターに使ってもらうことでもっと媒体価値があがるのでは?」という事について書いていきたいと思います。 OOHの広告効果を把握する上で、掲出した広告がSNS上で拡散したかどうか。についての広告主の興味が高まっているように感じてい…

OOH×モバイルデータ。カナダの事例から見えたアイディアの形。

今回は、カナダのDOOH事例を紹介しながらOOH広告のプランニング・効果検証の最前線について書いていきたいと思います! 正直、ほとんどが事例の引用ですので英語が得意な方は以下のURLを見て頂ければ、この先は読んで頂く必要はないかもしれません。笑 OOH新共通指標策定プロジェクト 先週、日本広…

+19

複数メディアの使用と複数企業さんとのコラボで考えたこと。