2021/10/18【二重路線外交】中国、外交政策の現状【世界情勢】#24

2021/10/18【二重路線外交】中国、外交政策の現状【世界情勢】#24

今回は、アメリカで報道されています、中国の「二重路線の外交政策」という話題についてお話をしたいと思います。 10月12日のウォールストリートジャーナルに、「習近平氏の二重路線の外交政策(Xi Jinping’s Two-Track Foreign Policy)」という、現在の中国外交の様子を上手に纏めている記事が載っていましたので、以下に概略をご紹介したいと思います。 中国の二重路線の外交政策とは? ・去る10月9日の(辛亥革命110年)記念式典で習近平氏が演説したが

スキ
2
2021/10/15アメリカ #バイデン #日米同盟
【対中政策の融和】バイデン政権の政策変化で日本はどうなる?【世界情勢】#23
+1

2021/10/15アメリカ #バイデン #日米同盟 【対中政策の融和】バイデン政権の政策変化で日本はどうなる?【世界情勢】#23

今回はいよいよ、もしアメリカバイデン政権が対中政策をより融和させてきた場合に備えて、日本はいったいどうするべきか、についてお話をしたいと思います。 日本が気をつけねばならないのは、このまま米中の緊張がますます激しさを増していった場合に、アメリカ国内で、中国とこれ以上対立することに本当に意味があるのか、という議論を良く見定め、万が一の、バイデン政権の政策転換を早めに察知することです。 アメリカ民主党内ではそもそもオバマ政権の政策だった、国防費を削減して福祉に回し、気候変動や

「イオン、『100均』のキャンドゥ買収へ 割安商品を強化」
日本経済新聞 2021/10/14

「イオン、『100均』のキャンドゥ買収へ 割安商品を強化」 日本経済新聞 2021/10/14

【記事の要約】 イオンは14日、100円ショップ大手のキャンドゥを買収すると発表した。キャンドゥを取り込むことで、同社の商品開発力を生かした低価格商品の品ぞろえの強化につなげる考えだ。その他物流網を活用してコスト削減などを進める。膨大な顧客データを商品開発などに活用することも検討する。一方で100円ショップ業界を取り巻く環境は厳しく、プラスチックなどの原材料価格高騰に加え、海上輸送の運賃高騰も重なり利益率が悪化している。早期に相乗効果を上げられるかは懸念が残る。 【私の考え

スキ
11
「マンション『都心に出したら売れる』 五輪後も活況」
日本経済新聞 2021/10/11

「マンション『都心に出したら売れる』 五輪後も活況」 日本経済新聞 2021/10/11

【記事の要約】 東京・渋谷で超高級マンションが発売された。最高価格は6億円弱。しかし当初計画の半分のわずか半年で完売。他でもマンションの販売は伸びている。会社員の平均年収はこの20年間で増えていないが共働きが増えていることや、低金利という資金面での購入環境の変化が大きいからだ。用途としてはコロナ前は転売や投資目的だったが、現在は実需が中心になっている。 【私の考え】 資産運用としてのマンションの保持者は増えていると思う。都道府県の魅力度ランキングで北海道が上位なので、道内の

スキ
3
石油価格上昇は一時的と見る

石油価格上昇は一時的と見る

石油価格上昇についてご質問を多くいただきます。石油価格は、景気回復での需要の伸びが価格を引き上げています。ですから、石油価格の上昇が原因となって経済が悪化する可能性は低いと考えます。石油価格の上昇の要因としては欧州で天然ガスの不足、米国でコロナ禍に加え、ハリケーンの影響でシェールオイルの生産の停滞がありますが、これらはいずれも一時的で今後長く続くとは見ていません。石油輸出国機構(OPEC)は、目先の大幅な増産は避けたのですが、世界の脱炭素が進む前にできるだけたくさんの石油を売

スキ
2
2021/10/13【支持率低下が深刻!】バイデン政権の対中政策が変わる?【世界情勢】#22
+1

2021/10/13【支持率低下が深刻!】バイデン政権の対中政策が変わる?【世界情勢】#22

今回は、引き続き、アメリカのバイデン政権が支持率をこれ以上落としていくケースに於いて、対中政策がどのように変化する可能性があるか、についてお話をしたいと思います。 直近のバイデン大統領の支持率は、リアルクリアポリティクスのデータですと、10月第一週で43.3%まで下落しています。これが、ますます元々異なった意見を持つ議員達の主義主張が噴出し、その結果、足並みが揃わず迷走する、そして、バイデン大統領がその最大公約数を上手く取ろうとしてもブレている印象が拭えず、ますます支持率が

2021/10/11【バイデン政権】結束力の弱さが露呈!その理由とは?【世界情勢】#21
+1

2021/10/11【バイデン政権】結束力の弱さが露呈!その理由とは?【世界情勢】#21

今回は、前回お話したアメリカ民主党の党内対立に見られる結束力の弱さが、なぜ今露呈してきているのか、それが今後どのように日本に悪影響を与えてくるかについてお話をしたいと思います。 前回申し上げた通り、アメリカ民主党という党は「一枚岩」ではなく、党内結束が弱いという欠点があります。議会運営に於いて大きな障壁となっている党内対立も、党内結束自体が弱いこと、弱まってきていることがその原因で、他にも様々な懸念を生む原因となりつつあります。 その中で、日本に及ぼす影響というと、やはり外

スキ
1
〇2025年迄に増える主要職種➡データアナリスト、AI技術者、デジタルマーケティング専門職、ITセキュリティー専門職▲2025年迄に減る主要職種➡事務員、秘書、会計士、工場労働者*引用)2020年世界経済フォーラム資料
🌞💗学び直し(リスキリング)が成長の鍵(カギ)🍀🌝

〇2025年迄に増える主要職種➡データアナリスト、AI技術者、デジタルマーケティング専門職、ITセキュリティー専門職▲2025年迄に減る主要職種➡事務員、秘書、会計士、工場労働者*引用)2020年世界経済フォーラム資料 🌞💗学び直し(リスキリング)が成長の鍵(カギ)🍀🌝

スキ
10
2021/10/8【バイデン政権の現状】民主党の党内対立が酷い!?【世界情勢】#20
+1

2021/10/8【バイデン政権の現状】民主党の党内対立が酷い!?【世界情勢】#20

今回は、前回に引き続き、「民主党の党内対立」についてお話をしていきたいと思います。 今回、今年度の予算案が昨年度内に通らず、政府閉鎖やデフォルトの危機にまで発展しているのは、民主党内の対立にある、と前回申し上げました。 そもそも、民主党という党は「一枚岩」ではなく、党内結束が弱いという欠点があります。 民主党が掲げる「リベラル」の定義は幅広く、右派、中道派、左派、さらに、リベラルに傾倒し極端な思想や革新的な政策を支持する「急進左派」があります。 今回の動画はこちら↓ 皆

2021/10/6 【ガバメント・シャットダウン】アメリカ民主党が党内対立でピンチ?【世界情勢】#19
+1

2021/10/6 【ガバメント・シャットダウン】アメリカ民主党が党内対立でピンチ?【世界情勢】#19

今回は、前回お話したアメリカ国内問題の中で、今アメリカが陥っている史上初のデフォルト、という危機に発展しかねない状況にありますが、その要因となっている、「民主党内の党内対立」の問題についてお話をしていきたいと思います。 日本では、8月にアメリカの話題と言えばアフガン撤退でしたが、アメリカ国内では深刻な問題が発生していました。2022年度(2021年10月以降)の予算案の決議が難航している結果、政府閉鎖(ガバメントシャットダウン)と債務不履行(デフォルト)といった問題が、夏以

スキ
1