柑

悪役ぽい曲まとめ、みたいな動画で知りました。検索したらいろんな悪役の映像と重ねてあげてある方もいて、なるほど、、、てなります。ベースになってるリズムがかっこいい。ダンサーさんも色々あげられてて、それぞれでかっこよいです。 これも、まさにダークヒーローぽいし、かっこよ!てなりました。。ミーハーです、、、無知の無です。こういう曲をかっこよく歌いたいて思ったらこれ うまい。曲の雰囲気も似合うし、最近見つけた動画ですがここ2、3日の間に再生数が伸びてる気がするので、同じような気分

手引き(自己紹介)のようなもの

手引き(自己紹介)のようなもの

ここに並べる記事に『僕の持つ希少な情報や経験をもとに、あなたを地位や名誉や富へと導きます!』といったご利益はありません。 あなた(と僕)の暮らしに「可笑しみ」が見つかることを目的に、色んなアングルから毎日大まじめにヘンテコな文章「与太話」を書いていきます。 何しろ与太ですから半分冗談みたいな話です。どうぞ肩の力を抜いて半分くらい別のことを考えながら読んでいただけたら幸いです。 本来不要のガラクタ的文章「与太話」があなたの目に触れることで、あなたの心に何かしらの「前向きな

16
「蝉」と「生」

「蝉」と「生」

スゥゥー、ハァァー、スゥゥ。 アァァー!やっぱりシャバの空気はうまいなあ。 いやぁ、かれこれ七年も土ン中でしたが、ようやっと出られましたわ。はは。すごいでしょ。長いなんてモンじゃないんだから。『桃栗三年蝉七年』ってなもんで。いや、ジョーダンじゃないよ、まったく。あっスイマセーン!!えーっとね、とりあえず生。うん。生イッチョウ。はい。 だってね、考えてもごらんなさい。7年って言ったらあなた、オギャーと生まれた赤ン坊が小学校に入っちゃうんですよ。ねえ。これはオオゴトですよ。ホ

41
「あこがれ」と「感電」

「あこがれ」と「感電」

近ごろ世の中、何かって言うと電気を流したがるじゃないですか。 腰痛、肩こり、リハビリにはもちろん、顔のたるみにも電気がテキメン!腹筋も六つに割れてカッチカチ!老いも若きもエレクトリック!!世は空前の「感電」ブーム!みたいな風で。 しかしですね、ここだけの話、僕はあの電気特有のビリビリというかモジョモジョが苦手でして。しかも電気に反応して勝手に体がピクピク動くじゃないですか。あれがまたどうにも。 電気を流されると、 『おい僕の筋肉!おい僕の筋肉!何を勝手に動いているんだ

50
読書の夏

読書の夏

連日、日本中で猛暑日という暑い夏。皆様いかがお過ごしでしょうか。某世界的なスポーツイベントが始まったら、NHK総合がほぼ1日中専門チャンネルになってしまい、19時のニュース7までスキップするという異常事態。そんな時こそ、読書ですね。 多様性がテーマのはずのイベントで失われる多様性個人的に招致の時からそんなことしている場合ではないと反対の立場でしたし、色々と問題が起こりまくりの某イベントを見る気はないので、普通にニュースが見たいのですが、それすらも否定されてしまうという地獄の

2
「ジジ」と「ヒトリノヨル」

「ジジ」と「ヒトリノヨル」

NHKとアジの刺身と日本酒。 老猫が横でいびきをかいている。 我が家には珍しく、妻と娘が不在ゆえ いつもより熱めの湯に浸かった。 窓辺の盆栽をゆらす夜風がやさしい。 細く届くヒグラシの声に耳をすまして ひとり杯に口をつける。 ああ、なんと気持ちの良い夏の夜じゃ。 、、、じゃ? はっ。あぶない。 「オジイチャンワールド」に入っておりました。 小生のような若輩者には半世紀早い。 しかし、道楽者の祖父の影響でしょうか。 幼少より密かに「悠々自適の隠居暮らし」に興味津々な

57
「冷やし中華」と「溶けるゲレンデ」

「冷やし中華」と「溶けるゲレンデ」

心頭滅却すれば火もまた涼し。 今朝はやけに張り切る「太陽どの」対策として通気性の良い下着とズボンに薄手のTシャツ着て、水をコップ二杯のんで自宅を出発しました。 心拍数を上げてしまうと体温の上昇を招き、おぞましい量の発汗を引き起こすため、静かな呼吸と緩やかな歩行を心がけます。 さらに心頭を滅却するために、あたまの中でGLAYさんの「winter again」そして広瀬香美さん「ゲレンデが溶けるほど恋をしたい」をリピート再生。 道中、日照りに差し掛かったあたりでTUBEの

54
「スイカ」と「鈍感」

「スイカ」と「鈍感」

どんどん鈍感になっているんでしょうかね。 里芋のちいさいやつを「かわ」ごとわしわし食べたり、イチゴは「へた」ごと、スイカやブドウも「かわ」や「たね」ごと、サンマやアジの干物に至っては身をほぐさず骨も取らず、頭から背骨までボリボリといく雑食ぶり。 なんならこどもはちょっと引いていますし、もはや「けもの」に近い食べ方だなあと自分でも思うのですが、「かわ」や「たね」の渋みや土の味、魚の「ほね」のおいしさってものがありますもんね。 もしかして人間の時期が終わって、犬に生え変わっ

60
「名もなき料理」と「クッキングパパ」

「名もなき料理」と「クッキングパパ」

「ヨォーシ!父さん今日は腕によりをかけてスンゴイ料理作っちゃうぞぉ!!フハハハハ。」と、魔王のように笑い、白めの二の腕をむき出しにして、ディスプレイに食い入るように(パソコンごと食べんばかりの勢いで)レシピを調べ上げて調理をはじめる父さん。 やがてお腹をすかせた子供たちが「パパ、マダァ?」とぐずり始めるも、父さんは眼を血走らせて「ハアハア、あともう少し!あと90分煮込んだら完成だ!」と気を吐いている。もうやめろ。ピザを取ろう。とは言えないので、空白の90分をひたすら耐え忍ぶ

72
「カリフラワー」と「社会の窓」

「カリフラワー」と「社会の窓」

なんだか忘れっぽくなっているのか。 ソーシャルウィンドウが開いていたのだ。 それも、 いつから開いているのか皆目見当もつかない。 整体医院の受付にて 「いやーまいった、今日は暑いですねぇ」 「そうですね」 「あれ、髪切りました?」 「そうですね」 とかやってる時も コーヒー屋さんのレジにて 「あ、そのUTってもしかして」 「そう!あの〇〇とのコラボでして!」 「やっぱり品薄なんでしょうねえ。」 「そうなんですよぉ。いやあ買えてよかったぁ。」 (あとで調べたら別に品薄じゃ

58