上士幌町

シェアオフィスがOPEN1周年!新しくはじめてみたこと。
+3

シェアオフィスがOPEN1周年!新しくはじめてみたこと。

シェアオフィスが2020年7月にオープンして、1年が過ぎました。 たくさんの方に利用していただきたい!という思いがありつつも、この1年間、コロナ禍で町内に外部から積極的に呼び込むのはどうなのかという声もあったりして…正直、積極的なPRができていません。 コロナ禍だからこそ、地方に目が向いている人が増えてワーケーションや2拠点居住などの働き方に注目が集まり、積極的に呼び込む絶好の機会でもあるのに、それができずもどかしい。そんな1年でした。 しかし! にもかかわらず、年間

スキ
22
観光学生が考えた!唯一無二のシェアオフィスのご紹介!

観光学生が考えた!唯一無二のシェアオフィスのご紹介!

今回も記事を見ていただきありがとうございます。 最後まで見ていただけたら幸いです。 今回は「観光学生が考えた!唯一無二のシェアオフィスのご紹介!」について記事を投稿させていただきました! 自己紹介 私は観光学部に通っている2年生です。 以前に通っていた薬学部を辞め、実践的な経営を学びたく観光学部に通っております。 なぜ、経営を学びたいのに経営学部ではなく観光学部なのか。 それは実践的な経営を学べるのは観光学部が一番近いと考えたからなのと周りとは違う選択をしてみた

スキ
15
とかちのおかしカレンダー2021
+12

とかちのおかしカレンダー2021

スキ
6
答えを出すのがとても難しい問いがあります。あなたは答えることができますか?[利益とは何か #26]

答えを出すのがとても難しい問いがあります。あなたは答えることができますか?[利益とは何か #26]

「われわれの顧客は誰か?」という問いに答えることによって、顧客にとっての価値を知り、組織にとっての成果を知り、行動のための計画を立てることができるようになる。しかし、いかに検討した後でも、顧客には驚かされる。もちろん柔軟に対応していかなければならない。 『経営者に贈る5つの質問[第2版]』質問2 われわれの顧客は誰か? p51より われわれ顧客は合理的です(*^▽^*) モノ・サービスを提供してくれる方々が思いもしない反応をすることがあります。 それって、普通のことです

スキ
2
豆を日常に。希少品種の豆を使った商品が発売開始!

豆を日常に。希少品種の豆を使った商品が発売開始!

みなさん、「豆」って普段どれくらいの頻度で食べていますか? 私は、祖母が煮た黒豆は大好きでよく食べますし、豆乳はよく飲んでいたり、豆腐や納豆、味噌といった加工品は食べますが、生豆を買うことはなかなかありません。豆って、加工するのに少しハードルが高いイメージがあるのです。食べるために一晩水につけなければならない?とか。料理するにも煮豆くらいしかレシピのパターンが思いつかない。 そんな私に豆の素晴らしさや可能性を教えてくれたのが、かみしほろ縁ハンスPROJECTに参加いただい

スキ
29
森になった駅。 北海道で出会った「廃線跡」が、たまらなかった件。

森になった駅。 北海道で出会った「廃線跡」が、たまらなかった件。

鉄道好き、とかではないんです。 でもこの駅は、神秘的でした。 北海道上士幌町へ仕事で行ったとき、地元の方が連れて行ってくれた場所。「廃線になった跡地があるから」と。 真夏の暑さをかき分けて、言われるがままについていく。やがて目に飛び込んできたのは、緑の間にまっすぐ伸びる路線。 人工物はこの線路と、たった一つだけ残る駅のホームのみ。それ以外は見渡す限りの自然が私を迎え入れる。 ふと目線を横に向けると、立て看板を発見。どうもここは、昭和53年(1978)12月まで使用され

スキ
3
ぬかびらお得な話と土用の話

ぬかびらお得な話と土用の話

中村屋さんHPのキャンペーン紹介ページです。 お電話でしか申し込みできないそうですので、空室日とお部屋の雰囲気をよくよくご確認の上お早めにお申込みくださいね!

スキ
1
来春、“無印良品の家“によるワーケーション施設が誕生 #1

来春、“無印良品の家“によるワーケーション施設が誕生 #1

こんにちは。しばらくご無沙汰してしまいました。note担当の辻です。 上士幌町では、「無印良品の家」を展開する(株)MUJI HOUSEがプロデュースのもと、来年2022年4月にオープンに向けて、ワーケーション施設を一緒につくることが決まりました! そして、実は私が担当になりまして、昨年末から、水面下であたふたバタバタしながら動いていました。 4月末にプレスリリースが配信されたのですが、すぐに各種メディアに取り上げていただき、最近お仕事でお会いする方も、知っていただけて

スキ
100
今すぐ逃げ出したいほどの決定的な不満があるわけじゃないけど、めちゃくちゃ疲れたときに持ちこたえるための5つのアイデア

今すぐ逃げ出したいほどの決定的な不満があるわけじゃないけど、めちゃくちゃ疲れたときに持ちこたえるための5つのアイデア

びびるくらい長いタイトル。 それくらい私は今、圧倒的に疲れています。 先月からは色々と体制が変更されたことで勤務時間がどんどん長くなり、今までなかった残業の時間も増え、じわじわと体力と精神が削られていってるのを感じます。 また、休日には生活に必要なこと(家事や身の回りのこと)に加え、副業でやっているお仕事のことを考えたり、作業をしているとあっという間に夜になってしまい、なかなかゆっくり頭のスイッチを「完全OFF」にする時間もありません。 副業は自分が好きでやってること

スキ
17
タウシュベツ川橋梁と銀河鉄道の夜

タウシュベツ川橋梁と銀河鉄道の夜

何年か前に、どうしても行ってみたくて訪ねました。 所要で札幌に行った後、お休みを2日延長して帯広へ。帯広からレンタカーを借りて上士幌町へ。橋梁まではガイドツアーを利用しました。 「タウシュベツ川橋梁」等で検索すると、私が書くよりたくさんの情報が得られますから(笑)ぜひ、見てみてください。 なぜここが好きか?というと・・・ 大雪山を臨む壮大な景色、ここに橋を作り鉄道を通したんだ!?という驚き、一年の半分は湖水に沈むこの美しい形の橋が間もなく崩壊し、永遠に全容を失うだろうこと・

スキ
5