八芳園 note

東京の中心白金台に、約1万坪の広大な庭園と歴史ある建築、大小さまざまな宴会場を擁する八芳園。日本が誇る四季折々の美しさと心を込めたOMOTENASHIを、リアルでもオンラインでも。八芳園から世界中へ届けていきます。

八芳園 note

東京の中心白金台に、約1万坪の広大な庭園と歴史ある建築、大小さまざまな宴会場を擁する八芳園。日本が誇る四季折々の美しさと心を込めたOMOTENASHIを、リアルでもオンラインでも。八芳園から世界中へ届けていきます。

    最近の記事

    福島県の魅力を堪能する『まるっとふくしま納涼祭』を東京・白金台にて開催

    2022年8月19日(金)~21日(日)の3日間、福島県がチャレンジするGAPへの取り組みを中心に、"いま"の福島県の魅力を堪能するポップアップショールーム『まるっとふくしま納涼祭』を、八芳園が運営するポップアップ型ショールーム「MuSuBu」にて開催中。 いま、福島県は新たなスローガンとして「ひとつ、ひとつ、実現するふくしま」を掲げ、次のステージに向かい様々なチャレンジに取り組んでいます。 福島県が取り組むチャレンジのひとつである「ふくしま。GAPチャレンジ」では、県産

    スキ
    3
      • つながりをデザインするハイブリッド型イベント《後編》

        人は何を求めて交流し、交流の中から どのような「モノ」「コト」を生み出していくのか2022年7月26日(火)、総合プロデュース企業 八芳園は、株式会社オータパブリケイションズ主催のもと、これからの交流のあり方を問うハイブリッド型交流イベント『第2回 交流の未来』を開催。 業界を超えて集った多彩な登壇者たちにより、多角的方面から交流のあり方について考える5つのトークセッションを実施いたしました。 《後編》では5つのトークセッションの内容をご紹介いたします。   ▼つながりを

        スキ
        3
        • つながりをデザインするハイブリッド型イベント《前編》

          人は何を求めて交流し、交流の中から どのような「モノ」「コト」を生み出していくのか2022年7月26日(火)、総合プロデュース企業 八芳園は、株式会社オータパブリケイションズ主催のもと、これからの交流のあり方を問うハイブリッド型交流イベント『第2回 交流の未来』を開催。 業界を超えて集った多彩な登壇者たちにより、多角的方面から交流のあり方について考える5つのトークセッションを実施いたしました。 リアルとオンラインによるハイブリッド、観光や地域連携、DXやテクノロジー、空間

          スキ
          3
          • 自治体と八芳園の連携が産む、地域の魅力を伝える方法

            ⼭形県⻑井市と⼋芳園が「パートナーシップ協定」を締結《締結までの経緯》 東京2020大会を契機に設置された一般社団法人ホストタウンアピール実行委員会主幹企業である八芳園は、その取り組みの中で全国各地の自治体の皆様と出会い、様々なホストタウン活動の支援を行ってまいりました。 2020年8月には、白金台プラチナ通りにポップアップ型ショールーム「MuSuBu」をオープン。これまでの約2年間で約80を超える全国各地の自治体の皆様と連携しながら、主に"人"と"食"を通して各地の魅力

            スキ
            4
            • 八芳園MuSuBuがお届けする《誰かに伝えたくなる日本全国の魅力》

              8月で開業2周年! ポップアップ型ショールーム「MuSuBu」2020年8⽉28⽇(⾦)、⼋芳園が港区⽩⾦台プラチナ通りにオープンしたポップアップ型ショールーム「MuSuBu」は 、今年で開業2周年を迎えます。 これまで約80を超える⾃治体、企業の皆様とともに、地域へ⼈とモノを動かすユニークなコンテンツ開発と、「⼈」と「⾷」・「体験」を中⼼としたイベントを企画・運営してまいりました。 歴代⼈気メニューが復活! MuSuBu特製かき氷 歴代ベスト3「MuSuBu特製かき氷」は

              スキ
              15
              • 企業の垣根を越えた、新たなウエディングの可能性

                総合プロデュース企業八芳園は、2022年7月7日(木)、初の試みとなるブライダルプロデュースイベント「BEST PRODUCER CONTEST 2022 the FINAL」を開催。 新たな時代に向けたウエディングの可能性を生み出し、コンテスト形式により企業の垣根を越えたチーム力と提案力を高め合う、新しい共創プロジェクトとしてスタートを切りました。 開催までの経緯コロナウイルス感染拡⼤の影響は、結婚式においても多⼤な変化をもたらしました。しかしながら、イレギュラーがニュ

                スキ
                69
                • 希少なワインも味わえる!ホストタウン交流が繋いだキルギス&ドイツ&山梨市の魅力をお届け

                  ホストタウンの活動の「食」を通した交流東京2020大会を契機として始まった、全国のホストタウン活動。大会後も山梨県山梨市は、2つの相手国「キルギス共和国」「ドイツ連邦共和国」との積極的な交流を続けています。 この継続的なホストタウン交流から繋がり、この度のポップアップショールームでは、日本で販売を本格スタートさせる大変希少なキルギスワインもお楽しみいただけます。 "食卓を囲む楽しさ"を感じながら、2国1市の魅力や取り組み、文化や商業に触れるコンテンツ『ワインがMuSuBu

                  スキ
                  4
                  • ニューノーマル時代へ向けたミーティングのあり方 《後編》

                    前編・後編2回に分けてご紹介しているニューノーマル時代へ向けたミーティングのあり方。《前編》に引き続き、ショールームの様子とご提案した内容をご紹介いたします。 様々な行動制限が緩和されはじめた今。 八芳園のもとには、「社員同士のコミュニケーション活性化」や「社員みんなで再スタートを切る」ことを目的としたリアルでのミーティング開催のご相談が増えております。 このようなお客様からのお声を受け、2022年6月17日(金) 八芳園にて「ミーティング」に特化した「HAPPO-EN

                    スキ
                    5
                    • ニューノーマル時代へ向けたミーティングのあり方 《前編》

                      様々な行動制限が緩和されはじめた今。 八芳園のもとには、「社員同士のコミュニケーション活性化」や「社員みんなで再スタートを切る」ことを目的としたリアルでのミーティング開催のご相談が増えております。 このようなお客様からのお声を受け、2022年6月17日(金) 八芳園にて「ミーティング」に特化した「HAPPO-EN MEET-UP MEETING」を開催。お客様の課題に寄り添い、八芳園ならではの目線で解決策のご提案をいたしました。 ショールームの様子とご提案した内容を前編・

                      スキ
                      4
                      • 八芳園が考えるロボットサービスのメリット

                        配膳・運搬ロボット「Servi」の導入ソフトバンクロボティクスと八芳園は、配膳・運搬ロボット「Servi」を八芳園の宴会場で活用していく取り組みを推進するため、2021年4月連携協定を締結しております。 この連携は、緊密な連携と協働のもと、交流の質向上と新たな交流のマネジメントを図るためのものです。各種調査・研究活動・事業の開発と検証の円滑な実施、また「Servi」の活用によるサービスの推進およびサービススタッフの省力化を図ることを目的としています。 実際にロボットを導入

                        スキ
                        11
                        • 八芳園が考える「交流の未来」とは?

                          八芳園が考える「交流の未来」とは、従来の「場を提供し、食を提供し、集いをプロデュースするサービス」から、「空間と時間をマネジメントして、人と食の新たな結合を創造する交流マネジメントサービス」へのアップデートです。 今回は、「交流の未来」に向けての取り組みをご紹介いたします。 【1】あらゆる参加者に、自由なスタイルを人の集い方を再構築するインクルーシブデザインの導入 八芳園では、人の集い方を新しく提案していくため、イベント会場づくりを家具からデザインいたしました。同じ形状

                          スキ
                          6
                          • "未利用フルーツ"を使用した、山梨市との連携によるフードロス削減への取り組み

                            農家の「フードロス」という課題に対する新しい提案「山梨市フルーティピッツァプロジェクト」発足の経緯 果物や野菜を作るのに適した「内陸性気候」でぶどう、もも、すももの生産量が日本一の山梨。落葉果樹の栽培に適した自然条件を最大限に生かして作られた果物は、全国から高い評価を受けています。 その一方で、市内における農業従事者の高齢化は進み「農作業の負担」「労働力不足」など、様々な課題を抱えています。 主に課題として挙げられるのが「フードロス」。 農業は天候に大きく左右される自然

                            スキ
                            21
                            • 東京・白金台から地域と都市をむすぶポップアップ型ショールーム

                              日本と世界を、地域と都市を、人と人をむすぶポップアップ型ショールーム「MuSuBu」。2020年8月 港区白金台・プラチナ通りにオープンし、全国の自治体とともに、地域の取り組みや魅力を発信するポップアップストアを週替わりで開催しております。 「MuSuBu」では、 以上の4点を軸としながら、「人」と「食」を中心にコミュニティコンテンツをプロデュース。食の開発からイベントの開催、プロモーションから運営までワンストップで行うことが可能です。 「ポップアップ型ショールームでの

                              スキ
                              7
                              • 東京2020大会から生まれた「食」を通した交流

                                皆さまは「ホストタウン」についてご存知ですか。 その中で八芳園は、一般社団法人ホストタウンアピール実行委員会の主幹企業として、ホストタウン活動の魅力を「食」を通して伝えるフードプロデュース、全国の自治体と相手国の様々な交流を国内外の方に体感いただくブース企画・施工を担当し、東京を訪れる国内外の方々にホストタウン活動を美味しく、そして愉しくお届けしてまいりました。 【1】2020 HOST TOWN HOUSE SHOWROOM「2020 HOST TOWN HOUSE S

                                スキ
                                9
                                • 「日米首脳非公式夕食会」特別料理における食材提供について ー 日本各地の"食"の魅力で「おもてなし」

                                  2022年5月23日(月)、八芳園の料亭「壺中庵」にて日米首脳非公式夕食会が行われました。 夕食会には、バイデン大統領、岸田総理大臣の他、林芳正外相や木原誠二官房副長官、ブリンケン国務長官、タイ通商代表部(USTR)代表らが同席。壺中庵では、伝統的な和食に"洋"の要素を取り入れた、特別料理にておもてなしをいたしました。 今回のnoteでは、料理に使用した食材についてご紹介します。 食材紹介 日本の魅力を世界へ ― 繋がりとご縁から生まれる「おもてなし」この度、日米首脳

                                  スキ
                                  5
                                  • 人と社会を動かす「おもてなし」の見つけ方

                                    八芳園は「日本庭園」や「結婚式場」だけではない。この事実をご存知ですか? 江戸時代より400年以上続く日本庭園を有する場所。1943年創業の歴史ある結婚式場。 八芳園に対してそんなイメージをお持ちの方も多いはず、実は八芳園はそれだけではないのです。 なかなか知られていない、八芳園の取り組み。 本日は5つの取り組みについてご紹介いたします。 【1】フードプログラムプロデュース 【2】ホストタウン事業・地方自治体との連携 【3】イベントプロデュース・オンライン配信

                                    スキ
                                    20