一遍

日本は捨てて踊って輸出大国になるべき

最近、日本の低迷が顕著ですね。

GDPは1988年に世界2位だったのに、2018年は26位でした。2019年の数字はまだ出ていませんが、もっと下がると思います😂

昔は輸出大国だったのに…

私が子供の頃(1980年代)は、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」という言葉があったように日本は輸出大国としての名をほしいままにしていました。クルマ、電化製品、半導体など、とりわけ工業製品分野においては日本

もっとみる
スキありがたいです!感謝です!
13

九州・四国地方の石造物⑫:大山祇神社宝篋印塔

名称:大山祇神社宝篋印塔

伝承など:一遍上人来島記念塔

所在地:愛媛県今治市大三島町 大山祇神社

瀬戸内海の大三島にある大山祇神社は、「日本総鎮守」と称され、全国の三島神社や山祇神社の総本社で古くから朝廷や武将達の尊崇を受けてきた。

特に中世以降、武将が多く甲冑や刀剣などを奉納し、中でも甲冑に関しては日本国内の国宝・重要文化財の甲冑の大半がこの大山祇神社のあると言われ、これらの武具は宝物館

もっとみる

国宝 一遍聖繪

《一遍聖繪》とは、時宗の宗祖、一遍上人(1239-1289)の行状を描いた鎌倉時代の絵巻。国内最古の絹本著色絵巻で、国宝に指定された名品である。今回の展覧会は、これを所蔵する時宗総本山清浄光寺の遊行寺宝物館が、その全十二巻を一般公開したもの。一巻の全長がおよそ10メートルだから、全巻を合わせると、およそ130メートル。それらが決して広いとは言えない会場に一挙に展示された。

「南無阿弥陀仏」。一遍

もっとみる

鎌倉の祖師の布教スタイル

これぞ真理だ、これこそ正しい、という教えを掴んだりすれば、教えを伝えようとするのだろうが、鎌倉時代の祖師たちの布教スタイルはいろいろだ。

親鸞はこう言う。「弟子一人も持たず候」(歎異抄)と。後世、真宗大教団となって信長や家康を手こずらせていくのだが、祖師である親鸞は弟子など一人も持たないという。

「つくべき縁あればともない、はなるべき縁あれば、はなる」(歎異抄)とも。縁にしたがって、教えを受け

もっとみる