リゾナーレ

北海道旅行5日目

北海道旅行5日目

いよいよ今日が最終日です。

昨日は見れなかった雲海ですが…

今日も見れませんでした…

晴れていましたが、霧がすごくて駄目でした。

次に行く理由になるので大丈夫です!

ただ、並ぶのが大変で、5時にホテルを出て、頂上まで着いたのが7時前くらいで、見えない事を確認してすぐに引き返して、朝ごはん食べようとレストランに行くと1時間待ち…

仕方なく別のレストランまで15分ほど歩

もっとみる
スキありがとうございます。感謝します!
1

おすすめ Go to 体験|山梨県・八ヶ岳へ行ってきた

はい、BIGHIGHです!今年のお盆、Go To トラベルキャンペーンを利用して何度か記事にしていたマイクロツーリズムを提唱している星野リゾートのリゾナーレ八ヶ岳へ行ってまいりました。周辺のスポット合わせて、車で行けばリスクも少なく、とてもよいところばかりだったので、周辺のスポットも合わせてご紹介いたします!

清里テラス(山梨県北杜市)

運よく快晴だったので、本当に…絶景!高度があるので、涼し

もっとみる
GOOD JOB!!THANK YOU!!!!!!!!!!!
2

リゾナーレ那須の朝

【314むすび】リゾナーレ那須(朝食)

目を覚ましたのは、うるさいくらいの鳥のさえずり。
カーテンを開けると、朝焼けの空が広がっていた。

ここは、リゾナーレ那須。
日本初のアグリツーリズモをコンセプトにしたリゾート施設だ。

部屋の正面には、見渡す限りの大きな池が広がっている。
実は、池ではなく田んぼとのこと。
朝起きたら季節ごとの田園風景が目に入ってくる。
普段田んぼを見慣れていない自分のよ

もっとみる
続けるモチベーションになります!本当にありがとうございます😊
103

日本初のアグリツーリズモへ行ってみた!

【313むすび】道の駅友愛の森(那須)山菜おむすび

コロナウイルスの国内での感染者数も減少し、緊急事態宣言も多くの県で解除されてきた。
これからは、復旧に向けて世の中が動いていくに違いない。しかしながら、コロナウイルスと共存していくことも考えられ、人との接し方や働き方などを含め、社会の在り方も変わっていくかもしれない。

とりわけ影響が大きかったのが旅行・観光業。
星野リゾート・星野佳路代表

もっとみる
いただいた「スキ」大切にします。
97

「リゾナーレトマム」(北海道編)

2018年秋 講演出張にて
星野リゾート「リゾナーレトマム」

https://www.hoshinoresorts.com/resortsandhotels/risonare/tomamu.html

お勧めポイント 

☆最寄り駅のトマムまでホテル送迎バスあり
☆ワンフロア-に4室のみ
☆客室120平米
☆ジャグジーバス、サウナあり 
☆客室の窓が大きく大自然の中にいることが感じられる

もっとみる

クリスマスと異文化コミュニケーション

週末、仕事で一件アパートの網戸とカーテンレールの取付けがあった。

個人情報になるのであまり細かくは言わないが、住んでいる方は日本人ではなく、ポルトガル語を操る異邦人。

しきりに僕に
『ゴメンネー、ゴメンナサイネー』
と言ってくれる。

優しいな。

いやいや、仕事なんでノープロブレムですよー。

と、ゴリゴリの日本語でお返し。

それでも、ずっとずっと
『ゴメンナサイネ』

と言ってくる。

もっとみる

ソラノビーチ books&cafe

リゾナーレ熱海の最上フロアに、砂浜のようなカフェがある。
ホテル全体が青と白を基調につくられていて、統一感が生み出すお洒落さを前面に押し出した感じ。
宿泊者限定スペースなのだけど、雑誌やInstagramで写真を眺めながら、ここがとても気になっていた。

入口で白くて大きめのサンダルに履き替えて、スペースに入る。
本やレジの周りの通路は木で出来ていて、椅子の周りは全て砂浜。
入ってすぐのところにあ

もっとみる
嬉しいです、ありがとうございます!
24

Ipamema って知ってる?フランス人デザイナー「フィリップ・スタルク」が手がけるオシャレすぎるサンダルがおすすめ

彼のデザインしたサンダル。とことん、使う人のためにデザインをしているため、どんだけ歩いても足が痛くならないし、海・街・山に溶け込むデザイン性はさすが。
ちなみにこのサンダル履いて歩いていたら、英語の先生に、「今日はどこのプラネットから来たんですか?」と言われたw

この夏はオシャレにさらに磨きをかけてデザインにこだわりたい。

もっとみる

日帰りで子連れ旅行するなら、星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳がかなりおすすめ!

プールでは、1時間に10分間ほど波が来るタイムがあるので、ここぞとばかりに大はしゃぎ。
最大1.2mもの波になります!

波に向かって、飛び込んでいったら深さがあまりないことを忘れていて膝を擦ってしまう始末w

気をつけましょう。

もっとみる