ITインフラエンジニアがWindows Server 2019でDNSサーバを立ててみた

【要件】
・test\.com ドメインのプライマリコンテンツサーバ
・127.0.0.1からのDNS検索は再帰可能だが、それ以外は不可。

目的は、Windows DNSサーバをコンテンツサーバを運営しながらキャッシュサーバを特定のインターフェースからのみ利用できるようにすること。

【結論】以下手順により、要件を満たすことが出来た。

【手順】1.サーバマネージャの「管理」から「役割と機能の追

もっとみる
スキありがとうございます!
1

『型』を守るから、『型破り』ができる。

明日の言葉(その30)
いままで生きてきて、自分の刺激としたり糧としたりしてきた言葉があります。それを少しずつ紹介していきます。

外出自粛でみんな家にいるので、ラボ生のためのラボ、略して「ララボ」という10回シリーズを、4/18から5/10までオンラインでやった。

ラボ生というのは、ボクがやっている「さとなおオープンラボ」の卒業生。
2013年に始めて、東京で10期、関西で2期やり、卒業生が約

もっとみる
ありがとうございます!じっくりじんわり書いていきます。
193

人生ラボ!です❤️

メンターに言われた「人生ラボだよねー」の一言になぜか超共感?憧れ?のような感覚に。
 どこか自分の人生の道みたいなモノがある程度見えていて、それをまっすぐ進む事を決めてしまっていた様な自分に、もっと楽しむように軽く生きなさいと背中を押された気持ちになった!

ラボ➡︎laboratry 研究所・研究・実験

今、この歳になって、新しい出会いがめちゃくちゃ広がっていく事が嬉しかったり、楽しかったりし

もっとみる
やった~!ありがと~!
2

株式会社 自分研究所

こんばんわ、URAKOMEです。

以前iPS細胞で有名な山中先生が少しでも自分たちで運営費用をまかなえるようクラウドファンディングを行うなど資金獲得に大変ご尽力されているとおっしゃっていました。

すでに他の分野と比べると驚くほどもらっていると思うのですが、金額や目指しているところがすごいレベルですし、欧米と比べるとたしかにサポートが手薄なように思います。

正直、日本の研究環境というのは他の先

もっとみる
ありがとうございます!^^
9

4年生が研究室に来ない理由を考える

卒論が終わる、もしくは最終盤といったこの時期に毎年考えます。
4年生はなぜ研究室に来ないのか

私は修士1年ですが、3年生、4年生、そして今年と3年連続でこの問いにぶち当たります。

毎年毎年、「いけるっしょ!」と言っていた学生たちが先生に怒られ、半泣きになる
みなさんも見覚えがあると思います。

今回はそんな研究室に4年生が来ない理由を書いていきます。

研究にモチベーションがない

研究の

もっとみる
本当に嬉しいです!!
3

あっこ先生

只今映身展真っ只中です。
無事初日が明けました🙌🏻
出展者としてもスタッフとしても尽力します。

同期が出している作品に、ラボ・パーティを題材としているものがありました。
ラボ・パーティとはちょっと変わった英会話教室で、0歳児から大学生までが主に英語劇を通して英語を学んでいくところ。
コミュニティごとに教室があって、それをパーティと呼びます。

私は幼稚園に入った頃から小学校1年生までの約

もっとみる
わたしもスキ~!
8

資生堂研究所 S/PARK みなとみらい

こんにちは!

今日は新高島駅降りてすぐに(みなとみらい駅次)

新しくオープンした、資生堂の研究所。

S/PARKに行ってきました(о´∀`о)

1、2階は博物館になってて

広ーいスペースなのはもちろん

カフェやスタジオなどもあり

資生堂の研究結果や、今まで商品開発されたデザインや

歴史を深〜く知ることができました。

(100年前資生堂は銀座の薬局から始まったとは・・・)

なかに

もっとみる
ご馳走様です♡!
20

規制緩和のはずが潔癖症

昨日、せっかく縛りを軽くしたのに今日、潔癖症を発症するとはついてないです。

昨日、色々考えて休養だけじゃなくもう少し縛りを軽くする方法を考えました。

それが間食をしないとYに約束したけどそれを緩和したいと思います。
基本は間食なしですが間食ルールをご褒美ルールにしようと考えてます。

食べる事をご褒美にするのです。

ようは運動量を増やしたり回数を増やしてやればご褒美として食べていいという方法

もっとみる
感謝の言葉はありがとうございました
4

非人権的 非人道的 残酷な行為

俺はつくづく不運な人間だ。
今年、個展を開催するつもりでしたが病院の襲撃により状態悪化して延期ににして、個展の為にやっといいラボをみつけたと思っていましたがそのラボの雑な仕事と来たらろくなもんじゃないと来ました。
それが現像に持っていったフィルムが戻ってこないのです。
かなりの数のフィルムが戻って来てません。

そのフィルムがどうなったのかはわかりませんが自分も人がいいから何も聞かないのです。

もっとみる
出会いに感謝です
5

あなたが知らないリケダン・リケジョの世界(後編)

前編に引き続きお送りします。
※ 前編はこちら

研究室ってこんなとこ

学部4年生から通う研究室という空間ですが、
理科の実験室を想像してもらえばいいと思います。

所狭しと実験器具や測定機器が並んでおり、
その脇に各自のデスク(本当にちょっとしたスペース)があります。

当時の私の研究室の所属人数は、学部4年生〜博士課程3年でだいたい30人くらいで、教授側の指導を受ける生徒と、准教授側とで半分

もっとみる
ကျေးဇူးတင်ပါသည်!!
7