『アウトブレイク配信ヤバイ』で、BUDDY TANDENのライブを撮影!

先日5月24日、四谷アウトブレイク!で配信された3人組のパンクロックバンド「BUDDY TANDEN 」の無観客配信ワンマンライブを撮影。前記事では録画による配信の様子を見てきましたが、今回は実演ライブです! ひさびさに大音量で演奏する姿を撮影させていただきました。

こんな時だからこそ、やれるべきことは全部やろう!

今回のライブ配信は『アウトブレイク配信ヤバイ』と題し、BUDDY TANDEN

もっとみる

note170 岡安いつ美のライブ写真

キツネの嫁入りという音楽を作っている。ここ数年、2015年あたりからは、カメラマン岡安いつ美に主催イベントなどは写真を撮ってもらっている。初めは「こんな感じ」とか指示だしながら。あがってきた写真に好き嫌いを伝えてみたり。次第に、左右前後ひき、特にいわなくても欲しい写真があがってくるようになってきた。

安心感。

「何かを継続する」そのこと自体に意味があるとは思わないが、写真の変化、写真の向こうの

もっとみる
Thanks “スキ”!シェアしてくれたらもっと“SUKI”!
7

あいに

5月の頭に大阪のギター弾き語りで活動している萩山百花のミュージックビデオが公開された。

彼女とは、今年の1月に大阪にライブ撮影に行った際に、とあるライブハウスで出会った。ライブ自体を見たわけではなく、打ち上げで彼女がギターをもって歌っているのを聴いただけである。
それでも彼女の歌声には、何か惹かれるものがあり、何か一緒に作れたらいいなと思っていた。

コロナの影響により、外での音楽活動ができない

もっとみる
これからもゆったり読んでいただきたいです。
1

THE GEARのCD

前回の投稿

この最後にTHE GEARのCDを買うつもりだ(つまりまだ買ってない)ということを書いたら、それを読んだマネージャーのHさんが送ってくれた。なんか催促したような流れになってしまったが、本当に買うつもりだったんだよ!笑

なので、ありがたく聴かせてもらった。

30年近く前に一回ライブを観ただけの僕があんま偉そうなこと言うのも何だが、レビュー的なものを書いてみたいと思う。

奇しくもこ

もっとみる

ライブフォトグラファーが見たコロナ禍のライブハウス

いまも休業を続けているライブハウス。毎日のようにライブハウスでライブ撮影をしていた私にとっては、このような事態がくるなんて想像もしていませんでした。いまライブハウスがどうなっているのか都内のライブハウス「四谷アウトブレイク!」に取材してきました。

ライブ配信に活路を見出すライブハウス

ライブハウスは今年2月中旬と早い段階から感染者を出してしまい、緊急事態宣言以前から休業を余儀なくされてしまいま

もっとみる

【ケセラセラ】ライブ写真

作詞:yonkey
作曲:yonkey

なんだかマンネリ化して退屈な日々。
前向きに自分らしく、
ありのままに生きることができたら
いつどこでも、変われるはず!
明日はケセラセラ!なるようになるさ!
という爽やかでポジティブな、
背中をポンっとひと押ししてくれる曲です。

ライブでは四人が横一列
スタンドマイクを立てて並び
ステップを踏み
独学のパラパラを踊りながら歌っています。

サビに入り込

もっとみる

THE GEARのこと

THE GEARとは1980年代後期に関西のモッズ・シーンに登場したバンドである。

ぼくはこのバンドのライブを写真に撮っていた。1989年のモッズメーデーである。これはDollの取材として撮った写真であった。

これが31年の時を経て関係者の目に留まることになった。

切っ掛けとしては、今年のモッズメーデーが40周年というものすごく大きな節目であったのにも関わらず、コロナ・ウィルスの関係で延期と

もっとみる

カナシバリを加工しろ!

noteの記事トップには画像を掲載することができます。もちろん掲載するしないは自由なワケですけど、オレ様は毎回律儀に掲載しています。

その理由としては、「カナシバリ」というワードで画像検索された時に、このnoteのTOPに掲載されている画像が上位に表示されるように、です。まあSEO対策に近い感じですね。

でも最近はギグもないワケで、ギグ写真のストックは減る一方です。まだまだ膨大な量のギグ写真を

もっとみる
もっと褒めて❤️ カナシバリ
12

【キミワイナ’17】ライブ写真

作詞:新しい学校のリーダー達
作曲:H ZETT M

「マラソン大会一緒に走ろうね!
一緒にゴールしようね!」

そう、約束したのに、、、

裏切られた。

置いて行かれた。

隣にいたはずなのに、、

隣を走ると誓ったのに、、

追いつきたいのに追いつけない。

キミの背中は遠のくばかり。

このような

マラソン大会で裏切られたときの
儚い気持ち、切ない気持ち

を必要以上に壮大に表現した曲

もっとみる