喜びとつながって生きる

こんばんは、ゆうみです。

日、月、火、と、とうとうnoteを書かなかった。

日曜は、20時に寝落ちしちゃって、気づいたら日付が変わっていた。

連続更新を目指していたので、本当にショックだった。

月曜は、久しぶりに東京の友達とLINE通話で話して、とっても楽しかったけど、疲れていたから、連続記録が途切れたのをいいことに、サボった。

そして今日も、サボった。

でも、わたしの価値観は、「喜び

もっとみる
スキ嬉しいです😊
1

人生設計を考える

気づけば今35歳になっている私!

あわわわって感じる時もあります。
よくよく考えると人生設計について考えていたこととしては、何歳に結婚するか?くらいかもしれません。

33歳に結婚をして、現在にいたっています。

だからと言って自分なりのチャレンジを続けてきました。本業ではキャリアを重ね、副業では物販でお金の作り方も学んだり、オンラインサロンを通してコミニティによる人の繋がりも作ることができまし

もっとみる
良かったらシェア頂けると嬉しいです😆

「熟れたバナナをどうするか」に関する考察〜大人のバナナチョコロール

「女は暇になるとバナナケーキを焼く」

Confinement(外出禁止)中、パリの深酒系飲み友Aちゃんのインスタグラムで見て、なるほどたしかに、と妙に納得したものだ。

性別女に限らずたくさんの人が作っていたし、ご多分にもれず、私も作っていた。というか、Confinement前から暇だったから、多分年が明けてからトータルで5回以上作っているのではないだろうか。

とっても美味しいし、朝ごはんに

もっとみる
俺もスキ❤️フォローしてもらえたらもっとスキ❤️
5

あの日からのバトンを受け取って

最近ふと感じたことなんだけど、継続って未来の自分へのプレゼントなんじゃないかなって。

子どもの頃は、あまり継続が得意ではなかった。

夏休みの宿題はまとめて片付づけてしまいたいし、せっかちな性格も相まって、結果がすぐ出ないことをただ繰り返すことが苦手だった。

そんな自分のことをよく知っていたのに、自粛期間になってから時間に余裕ができたせいなのか、少しずつ継続していくことが増えている。

まずは

もっとみる
次回noteは『いつかきっと』という話についてだよ💫
9

「手放す」のではなく「希望をつかむ」

よく、
新しいものを手にするために
今、不要となったもの
手放す
というけれど

それが、大切なものほど
長年、掴んでいたものほど

それを失ったあと
どうなるか分からないから
怖くてなかなか手放せず

特に、仕事

本当は、他にやりたいことがある
新しいことにチャレンジしたい

でも、次も決ってないのに
ほんとに手放して
生活していけるのだろうか?
手放したら
新しい転職先が見付かるのだろうか?

もっとみる
ありがとうございます 🥰✨
4

おかあさんたち(複数形)に会いにいく旅をはじめます、の巻。

ふと、思いました。

母が生きていてくれたら、わたしは、もっとらくちんに生きていられたのかもしれないなあ、って。

みなさまおこんにちは〜。
ときめきとわくわくをサポートするあなたのドーパミン、心理カウンセラーのイチカです。

ここんとこ外に向いていた意識がまた、自分に戻ってきています。

わたしのなかのわたしが、なにかをうったえかけてきています。

カウンセラー仲間とのカウンセリング実習で指摘し

もっとみる
分厚く切ったマグロの赤身だよっ!鉄分たっぷりで血行良くなっちゃうよ!
19

体はどこへいく?そして元の社会で得るものは?

「何もかもが動かなくても人によっては得ることができるようになった時代。では、その体は何のためにあるのだろうか。」

書いているときはおはようございます。

もなりんです。
ここ最近は少しのんびり投稿になってしまっていますが、朝のうちにはやりますのでご了承ください。

ちょっと最近は一発で起きられなくなっているのが気になってますが…。

それにしてもちょっと気になったデータを見つけました。

日本の

もっとみる
これからも是非見にきてください!
12

普通の看護師だった私が、ライフワークコンサルタントとして起業できた6つの理由

どうも、あずです。

自己紹介はこちらをどうぞ
↓↓↓
https://azusanpo0.amebaownd.com/

今日は、22~28歳まで普通に看護師として勤めていた私がライフワークコンサルタントとして起業できた6つの理由をお伝えします。

☑今の仕事に満足していない
☑今の働き方に疑問を感じる
☑好きなことを仕事にしたいけど何をしていいかわからない

そんな人は是非みてみてくださいね^

もっとみる
スキありがとうございます!♡
7

NOと言う時にも笑顔でいたい

英語で好きな表現がある。

『I'd love to, but...』

訳すと「したいけど…」という感じ。

誘われた時の断り文句として使えるフレーズである。

今までの人生で、断ることがすごく苦手だった。

断る理由がはっきりしていない時なんかは特に、断らない方がいいのかな…という気持ちになってしまう。

今日は家でゆっくりしたいなぁとか、気持ちが向かっていても断るほどの理由にならない時は「…

もっとみる
次回noteは『いつかきっと』という話についてだよ💫
11

花のバブル時代の残り香〜いちごとフェタ

真夏のような暑さの続く週真ん中の昼下がり、冷蔵庫を覗いて目が合ったのは、いちごとフェタ。
いちごはOtto氏生誕祭の特大ババ・オ・ラムで使ったあまり(いつか記事にしたい)、フェタは先日のスーパーヘルシーサラダに使ったあまりだ。

瞬間風速的に脳裏に蘇る我が駐在時代、花のバブル時代の思い出。

30代一歩手前でフランスに来た私は、最初のアパートに死ぬほどアリが出て引っ越しを余儀なくされ、後遺症でし

もっとみる
ありがたき幸せ❤︎フォローしてもらえたらもっと幸せ❤︎
18