発想を変える

発想を変える

たぶんR12才だと思う。拙の様に読むことに慣れていたらR10かもしれない。 ある程度自己が出来た人間の自己をぶっ壊して再構築するのに最適。 他者をきちんと尊敬する。実はとても難しい。彼女の言葉をみてそれを学んで欲しい。 自分の弱さを責めるより、弱い自分をうまく利用する。厳しい時代にしたたかな生き方が出来る様に。 #推薦図書

もっと自由に!そして、自分の中の偏見

もっと自由に!そして、自分の中の偏見

前からちょいちょい書いてますが 今ごろ、 ルポールのドラァグレース にハマっています。 ファッションやメイクが艶やかで観ていて気持ちが華やぐし クイーンたちがとにかく美しいし、 何より とにかくとにかくとにかく!何があっても誰にも邪魔されず自分らしく生きていくのよ!という精神を貫く彼女たちの姿が本当に勇気づけられる。 きっと今の自分とは真逆の生き方をされているからだろうな。 この番組の放送開始は2009年なので もうすでにたくさんの方がご覧になられていて 番組やドラァグクイ

8
僕がCP+2021を後から知った人間なので 個人的に一番の目当てがシグマだったけれど優先で考えてなかったメーカーのトークゲストも面白いケースが有るので イベントが終わった後に1ヶ月でYoutube観終わらない(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=E-XxX6EEUvM&t=6s

僕がCP+2021を後から知った人間なので 個人的に一番の目当てがシグマだったけれど優先で考えてなかったメーカーのトークゲストも面白いケースが有るので イベントが終わった後に1ヶ月でYoutube観終わらない(笑) https://www.youtube.com/watch?v=E-XxX6EEUvM&t=6s

1
ヨシダナギさんの本、共感しまくりでした!

ヨシダナギさんの本、共感しまくりでした!

先住民族や少数民族を中心に、カッコイイ写真を撮っているフォトグラファーのヨシダナギさんのことを知ったのは、けっこう最近です。なぜ私のアンテナにひっかからなかったのか謎ですが、おそらく、あまりテレビを見ていなかったからかもしれません。 きっかけは、グータンヌーボー 見つけたのは、先住民族とか少数民族つながりではなく、Amazonプライムで「グータンヌーボー」。原稿書きの合間にお昼ご飯を食べながらぼーっと見ていた時に、たまたまゲストに出ていたことがきっかけです。すごく美しい方

2
第15週 日曜日 世界で活躍する女性 ヨシダ ナギ

第15週 日曜日 世界で活躍する女性 ヨシダ ナギ

15人目の世界で活躍する女性は写真家のヨシダナギさんです。 ヨシダ ナギさんは1986年7月6日 お生まれです。 「ヨシダナギ」という名前は本名ではないそうです。 幼少期にテレビ番組でマサイ族を見てアフリカ人に憧れを抱くようになられたそうです。 ヨシダナギさんが10歳のときに両親が千葉県に家を買われて引っ越すと学校で陰湿ないじめに遭うようになり、それが中学に進学してからも続き、中学2年生のときに不登校になり、登校しないまま卒業されたそうです。その後高校にも通っておらず

3
ヨシダナギさんの写真展へ

ヨシダナギさんの写真展へ

写真家、ヨシダナギさんの写真展に行ってきました。 ヨシダナギさんは、少数民族を被写体にした作品を発表していて、 独特の色使いのセンスから、今注目されている方です。 今回の写真展は、アメリカとパリのドラァグクイーンたちを写した写真展でした。 僕がヨシダナギさんを知ったのは今から3年前の大学3年生の時。 「クレイジージャーニー 」というバラエティ番組がきっかけでした。 ヨシダさんの、少数民族の人たちの力強さが伝わってくる神秘的な写真はもちろんですが、 コウモリでもヤギの頭でも躊

「NAGI YOSHIDA DRAG QUEEN-No Light,No Queen-」を観て来ました。

「NAGI YOSHIDA DRAG QUEEN-No Light,No Queen-」を観て来ました。

NAGI YOSHIDA DRAG QUEEN-No Light,No Queen- 被写体のドラァグクイーンのみなさまの美意識の高さがすばらしかったです。外面も、内面も。さまざまなことを乗り越えてきたからこその強さ。その美しさ。磨き上げられた美。それを最大限に引き出すナギさん。 お互いがベストを尽くす真剣勝負。 そういうものが、ぐわっと胸に迫ってきて、なかなか足を先に進められませんでした。美しくてかっこよくて、最高でした。 ナギさんのことを信じているからこその表情。そし

2
久々に興奮した写真展

久々に興奮した写真展

行きたかった展示会はほぼ中止になり凹んでいたこの頃ですが、ふとTwitterで目にした写真展に行ってきました。 普段写真展はほぼ行かないのですが、完全に一目惚れして衝動的に行ってきました! モデルの方々が美しいのはもちろん、被写体が一番輝いて見える部分が映し出されている写真だな、と感激しながら作品を拝見していました。 自分らしく、自分に素直に生きるのは難しいですが、全力で人生を輝かしいものにしていくのは自分しかいないと改めて気づかされました。 こんなに素敵な方でも、コ

DRAG QUEEN No Light, No Queen

DRAG QUEEN No Light, No Queen

みなさんご機嫌よう。もーやんです。 今日はいつものホテルレビューではなく、先日鑑賞して素晴らしかった展示会をご紹介。 その名も、『DRAG QUEEN No Light, No Queen photo by nagi yoshida』。 ヨシダナギさんは、世界中の先住民族の写真集で有名な方。郷にいては郷に従え精神で、現地の方と同じ裸で写真を撮ることもいとわない美女。cakesで存在を知り、気になりすぎてしょうがないので行ってきました。 ○DRAG QUEEN(ドラァグ

4
ドラァグクイーンの主張力

ドラァグクイーンの主張力

「さりいの好きな写真家ヨシダナギさんが、ぱたぱたの好きなドラァグクイーンを撮っている!」 ということで、2人でその写真展に行ってきた。タイトルは「DRAG QUEEN -No Light, No Queen-」公式のキャプションは以下の通り。 フォトグラファー ヨシダナギの審美眼を刺激した〝ドラァグクイーン〟。 女性の性をモチーフとして、自己表現へと昇華するその存在はカルチャーという枠を超え、次世代の生き方を世の中へ示すほどの影響力を持ちつつあります。 そんな魅力あふれる

5