メンターシップ

「そこに到達する為の、もしくは選択肢を広げる手助けをしてくれる、多種多様な海外経験豊富なメンターが揃っています。」  メンター HIROMI
+2

「そこに到達する為の、もしくは選択肢を広げる手助けをしてくれる、多種多様な海外経験豊富なメンターが揃っています。」  メンター HIROMI

こんにちは!Satokoです! 第6回目はドイツでご活躍されているメンターのHiromiさんです!       豊富な海外経験をお持ちのHiromiさんのお話は非常に興味深かったです! ー自己紹介をお願いします。 Hiromiです。岡山県出身で、現在はドイツのデュッセルドルフという街に住んでいます。 職業はドイツ企業でプロジェクトマネージャーをしています。 ー自身の海外経験をお聞かせください。 初めての海外経験は、11歳でNZへの短期留学です。大学3年生で、オースト

「メンティーの心のブロックを外して自ら考える力を養い、行動していける力をつけていってほしい」 メンター KAREN
+3

「メンティーの心のブロックを外して自ら考える力を養い、行動していける力をつけていってほしい」 メンター KAREN

こんにちは、Satokoです! 第5回は、一緒にこのnoteを運営しているYukiのメンターでもありましたKarenさんにお話しを伺いました! ー 自己紹介をお願いします。 名前:平光花蓮(ひらみつかれん) 出身、居住地:愛知県津島市 職業:フリーランス(オンライン副業コーチ) ー 自身の海外経験をお聞かせください。 高校2年生:オーストラリア1年留学 大学2年生:フランス1年留学 会社員3年目:アメリカシリコンバレー6ヶ月駐在 その他海外旅行で18ヵ国旅行しました

スキ
3
スポンサーシップと役員登用

スポンサーシップと役員登用

ESG投資の観点からも注目される、女性役員の割合。取締役・会計参与・監査役などに、女性の割合がどの程度あるかという視点です。 ITメディアビジネスより「上場企業役員の女性比率は6%――微増するも「女性役員ゼロ」企業、いまだ過半数」 イベントの中で、役員を増やすためにはスポンサーシップが大切というお話がありました。 スポンサーとは、その人材の昇進に直接かかわる役割を持ち、アドバイスだけでなく、社内外との交渉役を行い、引っ張り上げていく存在です。そのために、その人材の実績や

スキ
10
「N5Pは自己成長の大きな一歩」   メンター SAKIE

「N5Pは自己成長の大きな一歩」   メンター SAKIE

こんにちは!Yukiです。 第4回目はUno to Sanoの右脳派であるSakieさんです!Sakieさんに話をお伺いしてみると、運営を行う立場だからこそ実感するN5Pへのこだわりが見えてきました。 ―自己紹介 (名前、出身、いま住んでいるところ、職業)をお願いします。 サリバン内堀早絵です。東京出身、ボストンに住んでいます。現在はスポーツテックでマーケティングをしています。 ―自身の海外経験をお聞かせください。 日本の大学1年生を終えて退学したのち、カナダのトロ

スキ
2
「メンターメンティー関係はコーチでもなく、友達でもなく、それ以上に悩みなどを相談できる相手」 メンター AMI

「メンターメンティー関係はコーチでもなく、友達でもなく、それ以上に悩みなどを相談できる相手」 メンター AMI

こんにちは!Satokoです! 第3回目は、N5Pの発起人で、Uno to Sano の 左脳派 Amiさんにお話しを伺いました!プロジェクト立ち上げのきっかけやメンターとしてどう感じたかなどをお聞きしました。         ー自己紹介 (名前、出身、いま住んでいるところ、職業)をお願いします。 Amiです。生まれた&育ったのは日本ですが、地元的な場所はないです。 今は東京在住で再生医療ベンチャーの経営企画をしています。 ー自身の海外経験をお聞かせください。 小

スキ
3
「N5Pは新たな出会いや学びの場」                        メンティー SATOKO

「N5Pは新たな出会いや学びの場」   メンティー SATOKO

(留学中に参加した大学主催のグローバルフェスティバルにて日本代表として参加) はじめまして!Yukiです。 第2回目のインタビューは、私と同じくNext 5 Years Project (以下N5P)で、2020年秋に開催開催されたセメスターのメンティーであるSatokoさんです。 ー自己紹介と自身の海外経験をお聞かせください。 東京在住、昨年8月にアメリカから帰国し、4月から東アジアのプロスポーツリーグでSNSコーディネータをしています。 日本の大学を卒業後、20

スキ
2
「4ヶ月で世界が変わる」                                         メンティー Y U K I

「4ヶ月で世界が変わる」 メンティー Y U K I

こんにちは!Satokoです。 記念すべき第1回のインタビューは、Next 5 Years Project (以下N5P)で、2020年秋に開催された1回目に、メンティーとして参加された、Yukiさんです。 Yukiさんは、現在大学生で海外経験にとても興味があるということで参加し、この経験が人生にどのような影響が生まれたのか、そしてN5Pの魅力もたくさん教えてくれました。                                   ( 2019年にインドの小学校へ訪

スキ
9
HLAB オンラインプログラム「HOPE³」開催

HLAB オンラインプログラム「HOPE³」開催

6月13日から6月28日の約2週間に亘り、HLABは高校生向け初のオンラインプログラム HLAB 2020 HOPE³ を開催しました。日本全国から総勢36名もの高校生がプログラムに参加し、オンライン開催ではあったものの、高校生・大学生共に非常に濃い時間を過ごすことができたのではないでしょうか。今回は、HOPE³ についてや、プログラム当日の様子、参加者の声などをまとめてお届けしていきます。 HOPE³とは? HOPE³ は世界中の大学生と共に、自らの将来について考え、語

スキ
5
After HLAB -Where Are You Now?- #1

After HLAB -Where Are You Now?- #1

『After HLAB -Where Are You Now?-』 は、過去のHLABのサマースクール参加者同士の対談を記事にして発信していくプラットフォームです。「あの人は今何をしているのかな」という好奇心を原点に、サマースクールが終わっても長く続く人間模様を紹介していきます。 対談者 山田海大 (写真左)・谷悠太 (写真右) 山田海大 (HLAB OBUSE 2019 サマースクール参加者、HLAB OBUSE 2020プログラム室) 慶應義塾大学総合政策学部1年。

スキ
6
第2回 HLAB 2020 リーダーシップ・プログラム研修レポート

第2回 HLAB 2020 リーダーシップ・プログラム研修レポート

5月の中旬に第2回 HLAB 2020 リーダーシップ・プログラムを2日間に渡ってオンラインにて開催しました。今回は、リーダーシップ・プログラム当日の様子を参加者の声と共にお伝えしていきます! DAY1 午前は、メンタリングセッションを開催しました。株式会社roku youのCEOであり、長年HLABに関わってくださっている下向依梨さんに監修していただきました。また、講師としてHLAB代表理事の高田修太さんもお迎えしました。 初めに、「よいメンター」について、個人の経験

スキ
3