マーヴィン・ゲイ

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.71

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.71

[80枚目]●キム・ウェストン『グレイテスト・ヒッツ・アンド・レア・クラシックス』<モータウン>(91) <モータウン>の女性歌手は「ダイアナ・ロス至上主義」のあおりを受けて目立たない人が多いかと。キム・ウェストンも61年~67年の在籍中、ヒット曲はあるもののアルバムはお蔵入りの憂き目に遭っている。但し、マーヴィン・ゲイとのデュエット・アルバムは出ている(66年)。マーヴィンの相方としてしか見られていなかったのかと勘繰りたくなる。確かに①「イット・テイクス・トゥー」がR

4
ヘイ、ブラザー!ハイ、シスター!(3)

ヘイ、ブラザー!ハイ、シスター!(3)

【ブログの過去記事】 今回は差がありすぎか。マーヴィン・ゲイ(兄)+フランキー・ゲイ(弟)。フランキーは歌手というより、名盤『ホワッツ・ゴーイン・オン』を生むキッカケになった、ベトナム帰りの弟としての方が有名だろうか。実際、シンガーより前にラジオDJや音楽スタッフとしての経歴があるようだ。 マーヴィンは39年生まれ。フランキーは41年生まれ(01年没)である。『ホワッツ・ゴーイン・オン』は71年のリリース。77年には「ガット・トゥ・ギブ・イット・アップ」にバック・コーラス

5
空間オーディオを楽しむ

空間オーディオを楽しむ

先月のAmazonプライムデーでゲットしたAirPodsProがようやく届いて、人生初のノイズキャンセリング体験を楽しんでいる。正直、朝散歩のためだけに使うにはノイキャン機能は必要無いんだけれど、あったらあったで使いたくなるのが人間の性(さが)。 そういえば、AppleMusicが先月から新しい音楽体験として「空間オーディオ」を推しまくっている。無料のサブスクリプション期間は7月12日までだし、今のうちに体験しておこうと思い早速体験してみた。 空間オーディオという技術は自

6
発表から50年! 不朽の名作、マーヴィン・ゲイ『ホワッツ・ゴーイング・オン』が今、改めて問い掛けること

発表から50年! 不朽の名作、マーヴィン・ゲイ『ホワッツ・ゴーイング・オン』が今、改めて問い掛けること

1971年5月21日。ちょうど50年前のこの日、マーヴィン・ゲイの『What’s Going On(ホワッツ・ゴーイング・オン)』がモータウンから発表されました。同レーベルのなかでもバカ売れしたモンスターアルバムで、アメリカ黒人音楽史上、もっとも画期的な作品のひとつと評されています。そのメッセージは、今も多くの人の心を打ち、人種差別や戦争反対などを訴えるプロテストの現場で歌われ続けています。マーヴィン・ゲイの生き様とアルバム成立の背景などを音楽評論家の藤田正さんに詳しく解説し

64
レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.43

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.43

【ブログの過去記事】 [52枚目]●ダーティ・ダズン・ブラスバンド『ホワッツ・ゴーイン・オン』<シャウト/ジェネオン>(06) マーヴィン・ゲイの『ホワッツ・ゴーイン・オン』を、曲順もそのままにカバーした作品。マーヴィンへのオマージュというより、元盤が持つメッセージ性の高さを憑依させたかのようだ。本盤の主題は、ハリケーン・カトリーナ。未曾有の大災害に対して、政府は早い段階で補助を打ち切った。黒人低所得者層の住民が多い地区だったからか、対応は遅々として進まず。やむなく商店に

1
23本目「THE MAKING OF MOTOWN」

23本目「THE MAKING OF MOTOWN」

モータウン創設者のベリー・ゴーディがジェスチャーたっぷりで語ってて「柳沢慎吾みたいだな〜」と思ってたら、終盤では当時を思い出しながらある曲を歌い出してテンションMAX。柳沢慎吾を彷彿、いやこちらが元祖?こうした溢れ出すパワー・人柄で一代ムーブメントを作り上げたんだと感じました。

You are the man!

You are the man!

「あんたは男だ!」と 男から言われるのもいいし、 「あんた、男だねえ」と 女から言われるのも嬉しい。 で、これを英語で言えば 「You are the man!」 発音は「ユァダマァン!」、 さっそく友達に言ってやろう! 「You are the man」は R&B最高の伊達男、 マーヴィン・ゲイが 歌のタイトルにしている。 マーヴィン・ゲイと言えば 「What’s Going On」が 大ヒット曲だが、 「You are the man」も抜群

5
Ain't No Mountain High Enough - Marvin Gaye & Tammi Terrell

Ain't No Mountain High Enough - Marvin Gaye & Tammi Terrell

映画「グッドナイトムーン」の挿入歌。 継母のジュリアロバーツと子供たちが歌うシーンは印象的。 映画でボロボロ泣いたのはこの映画だけかもしれない。

16
名盤眼鏡化計画👓(ソウルミュージック編)
+1

名盤眼鏡化計画👓(ソウルミュージック編)

3
422位:Marvin Gaye 『Let's Get It On』(1973)【解説文翻訳】ローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高のアルバム」500選(2020年改訂版)

422位:Marvin Gaye 『Let's Get It On』(1973)【解説文翻訳】ローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高のアルバム」500選(2020年改訂版)

 このnoteでは2020年に8年ぶりに改訂されたローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高のアルバム」500選 の解説文翻訳とレビューの連載をしています。本日はこちらのアルバムです。 422位:Marvin Gaye 『Let's Get It On』(Tamla/Motown, 1973) <ローリングストーン誌による解説(翻訳)>  「マイクに向かって呟くんだ。自分が何を言ってるかも分かってないし、理解しようとさえしてないんだ。分かろうとすると上手くいかない。リラックを心

5