マンデラ

転ぶたびに起き上がることが偉大なこと ネルソン・マンデラが生まれた日 今日は何の日?7月18日

転ぶたびに起き上がることが偉大なこと ネルソン・マンデラが生まれた日 今日は何の日?7月18日

おはようございまーす。 今日は、ネルソン・マンデラが生まれた日です。 彼は「転ぶたびに起き上がることが偉大なこと」と語っています。 大事なのは失敗しないことではなく、失敗した後なんですね。 そんな話をこちらからお聞きくださ~い。 あなたの幸せが 世界を変える Be Happy, and the World will be Happy!

2
負けることはない❗️〜ネルソン・マンデラ氏から学ぶこと〜

負けることはない❗️〜ネルソン・マンデラ氏から学ぶこと〜

皆さん、こんにちは! 山崎雄太です。 皆さんは、ネルソン・マンデラ氏をご存知でしょうか? 本人の自伝が映画化にされる程、有名な方です。 南アフリカ共和国の元大統領で、ノーベル平和賞を受賞しています。 そんなマンデラ氏の言葉の中から好きな格言をシェアさせて頂きます♪ 引用:https://english-club.jp/blog/words-of-wisdom-life2/ マンデラ氏は、南アフリカ共和国に生まれ、アパルトヘイト(人種差別)制度の反対運動を起こし、国家反

11
分かる人にしか分からない話。。。。

分かる人にしか分からない話。。。。

私もこの話を初めて聞いた時よくわからなかったのだけれど、何度も何度も考えていくうちにあれ??と疑問を持つようになってきた。ただ、この話本当に分からない人は分からないだろうし、初めに言っておくが、かといって良いも悪いもない。 皆さんは、マンデラエフェクトという言葉をご存じだろうか??ウィキペディアさんによると、事実と異なる記憶を不特定多数の人が共有している現象を指すインターネットスラング、およびその原因を超常現象や陰謀論として解釈する都市伝説の総称であるとなっている。 私の

1
元南アフリカ共和国大統領ネルソン・マンデラ

元南アフリカ共和国大統領ネルソン・マンデラ

ネルソン・マンデラの行動哲学をまとめます。 マンデラは、 1994年–1999年まで南アフリカ共和国第8代大統領でした。 反アパルトヘイトの闘士として活動し、1962年に逮捕される。 マンデラは1964年に国家反逆罪で終身刑となり、ロベン島に収監された。 収監は27年にも及んだ。 1990年に当時の大統領デクラークは、 解放運動の象徴的な存在であるマンデラを釈放した。 1993年に暫定憲法が国会において採択され、 1994年4月に全人種参加の制憲議会選挙を行い、 選出された

18
ネルソン・マンデラ 自由への長い道

ネルソン・マンデラ 自由への長い道

彼は27年も投獄されたのに、なぜ、白人を許すことができたのか。

4
#2 ウーマンラッシュアワー村本さんのこと。

#2 ウーマンラッシュアワー村本さんのこと。

12/8に『THE MANZAI』がTV放映された。実力者揃いのイベントなので、どのコンビのネタも当然ながら面白い。 出演コンビの一つであるウーマンラッシュアワーさんのネタは、今年も放送直後からお決まりのように賛否両論を巻き起こしていた。 僕はつい二ヶ月前、初めてウーマンラッシュアワー村本さんの独演会に参加したこともあり、例年とは随分違った感覚でお二人の漫才を見ることになった。 なんと言うか、昨年まではあっさり聞き流していた村本さんの速射砲のごときお喋りの一粒一粒に宿る

3
マンデラ効果とは!!ピカチュウの尻尾は黒い??

マンデラ効果とは!!ピカチュウの尻尾は黒い??

マンデラ効果<マンデラエフェクト>について説明・紹介しています。 並行宇宙・パラレルワールド

「オカルト」と「看守」ーー人としての「耐性」は鍛えにくい件

「オカルト」と「看守」ーー人としての「耐性」は鍛えにくい件

▼『オカルト番組はなぜ消えたのか』(青弓社)という本を書いた高橋直子氏が、売れないとわかっていながら「なぜ書いたのか」を自ら説明している記事が、2019年3月25日付東京新聞に載っていた。適宜改行。 〈オカルト番組では、必然的に過剰な演出(やらせ)がなされ、不可避的にオカルトの異端性/反社会性を潜ませる。娯楽番組であり得たのは、テレビと視聴者の間に、真に受けず、謎やロマンを楽しむという〈常識〉があったから。だが、この〈常識〉は今、揺らいでいる。 他方、オカルトは拡張するデ

4
大月書店通信*第121号(2019/2/27)

大月書店通信*第121号(2019/2/27)

「大月書店通信」第121号をお届けいたします。 2016年に小社から自伝を刊行したアメリカのバーニー・サンダース上院議員が、来年の大統領選挙にも挑戦するとのこと。社会主義者を自称する古参議員が、若者の熱狂的な支持を得て躍進したことは驚きでしたが、昨年の世論調査でも、18~29歳のアメリカ人のうち、資本主義に肯定的なのは45%にすぎず、2010年の68%から大幅に減っていることが示されています。 社会主義やマルクスがタブーだったはずのアメリカでさえ、今や多くの若者が、資本主

2