ポジティヴヘルス

ポジティヴヘルス〜対話の実践〜

ポジティヴヘルス、は新しい健康の考え方。定義、というよりはコンセプト。

ポジティヴヘルスでは、健康になるために必要なのは
専門職による評価、ではなく、本人主導の対話、だとされている。
その対話を促すためのツールがある。

それがこれ。
クモの巣、とかスパイダーネット、と呼ばれる。
一見して、6項目の評価ツールだとわかると思う。

これを、本人が記載する。
じっくり考えながらでも、直感的にでも良い

もっとみる

健康は“状態”でなく“能力”なのだ。ポジティヴヘルス。

病気や障害を持っているからといって、不健康なわけではない。

病気や障害を持っていても、不幸とは限らない。

医学部で習ったような気がしていた
「病気や障害がない状態が、健康」という基本は、
地域や在宅で医療をやっていると、
それが真実ではない、ことに気づく。

「おうちパワー」なんです!とか、
心身二元論では、人の健康や幸せは表現できません、とか、
あげくはBeHappy!です、とか

そんな言

もっとみる
あ、ありがとうございます!
4

介護予防教室の中における人生会議

本日、水曜日!

宜野湾市介護予防教室の日でございます。
今日は介護予防の体操の前に認知症予防の講義もあったので、その流れで来週に迫ったピア上映会&スペシャル講演の宣伝もさせていただきました。

介護予防教室担当の看護師ですが、認知症「予防」の講義には疑問を思っている看護師です。その話もさせていただきました。
脳血管疾患による認知症の予防、という意味では生活習慣の改善、食生活の改善などは有効かな〜

もっとみる
大好き〜😍
4

やりきった感の一日♪

本日、やりきりました😆✨
なのでFacebook時系列を貼り付けます。
ワクワクが伝わると幸いです☺️💕

2020.1.30 ①
本日は、今週末2/1、2/2に
宜野湾市民会館3階で行われます
「ホンマでっか!?ホントの終活」の
打ち合わせでmits 牧港店さんにお邪魔しました✨
イベントの話も盛り上がりましたが
もしかすると⁉️
つながる保健室inだんぱち屋〜(パーマ屋〜)
が実現する日が

もっとみる
にふぇ〜で〜びるm(_ _)m♪
1

「楽しむ」ことが「悪」だと思っていた頃の私へ。

普段の私を知っている方、今の私からは想像がつかないと思いますが、少し前までの私は、「楽しむこと」が「悪である」と思って生きていた時期があった様に思います。思います、というのは、わざわざそう意識はしてはいないけど、きっとそうだったんだろうなーと思うことがあるということで、なんや、また、面倒くさいお話です。

少し前までの私は必死になって、苦しんで、自己犠牲をしてナンボだと思っていたように思います。な

もっとみる
ウレピー♪今日も超がんばれます♪
2

ポジティヴヘルス…“健康”は、自ら湧き上がるもの!

在宅医療で出会う患者は、役割をたくさん持っている。

病院に入院していると“患者”という役割に徹する必要がある。患者として目を覚まし、患者としてごはんを食べ、患者として治療を受け、患者として眠る。家族が来たときだって、なんとなく、患者と見舞客、という雰囲気になってしまうものだ。
自宅にいるときは、たまに“患者”の役割を演じることもあるけど、父、じいちゃん、元町内会長、飲み仲間、猫好き。いっぱいある

もっとみる

2020年旧正月、急正月、求正月。

本日、新暦2020年1月25日は、私の地元糸満のお正月でした。
なんで、普通の正月より新しいのに旧なのか。
こどもの頃はいつもそんなことを思っていました。古い暦、という意味での旧ですね。
(なんで誕生日3月なのに、「早生まれ」と呼ばれるんだろう。と同じ感覚)

私の地元、糸満市は漁師のまちで、暦はまだまだ旧暦を使っています。
月の満ち欠けとか、季節系は、まあ色々とこちらの方が都合がいいみたい。

もっとみる
にふぇ〜で〜びるm(_ _)m♪
1

ちゅーや、とぅしんゆるー(大晦日)

あと数分で、2019年も終わる。
私の生まれ育った糸満は正月も盆も旧暦で行います。
なので明日がお正月。
本格的な2020年がやってきます。

2019年、本当に色々ありました。
2019年の1月1日から個人事業主になり(でもまだ日中は福祉施設で働いていた)
2月・3月にコミュニティナースの研修を受けました。
3月末から沖縄ダイアログ5階を事務所として契約して
4月末にポジティヴヘルスの研修で初め

もっとみる
ありがとう〜♪今日も一日がんばれます😍
3

すべての人に、やさしい社会。というのは無理なのだろうか。

孤独に耐えきれぬ毎日。
そんな夜に読んでほっこりさせていただいているのが、深谷かほるさんの「夜廻り猫」シリーズです。毎回、心がとても温まります。そして、自分の生き方についても考えさせられます。

http://www.moae.jp/comic/yomawarineco/631/1

今日はコチラを読んで、大阪にいた頃を思い出しました。

大阪市西成区。そこに釜ヶ崎(あいりん地区)という場所があり

もっとみる
にふぇ〜で〜びるm(_ _)m♪
6

ポジティヴヘルスー“健康”は、誰のもの?

在宅医療をやっていると、様々な患者に出会う。

病院で出会う患者も様々なだけど、病気が主語になりやすい病院では、病気の種類によってまず患者は分類されまとめられる。
でも、生活が主語の在宅医療の現場では、同じ病気だから、という理由で同じように扱われることはない。当たり前だけど、1人として同じ人はいないのだ。まとめようがないから、様々さが際立つ。
同じ病気でも想いは違う、人生は違う、大切なものも、やり

もっとみる