201222GC←30days←201121 BjorkHBD

唐突に。30日間連投チャレンジ。

2020年12月22日のグレートコンジャクションにむけて、せめてカウントダウンしてみることに。

これからの30年のテーマの目次が、これからの30記事でできたらいいな。

☆ ★ ☆ ★

todays tea 鉄瓶で煮出した緑茶

20201222グレコンまであと30日

20201121

Happy Birthday Bjork!

ということで2008

もっとみる
すてきなやさしさ!

ダイエット試行錯誤中

レコーディングダイエットは挫折したので、別の方法を試すことにした。

運動が苦手で汗をかくのも嫌。運動系のダイエットはわりと敬遠してきた。
季節的に寒くなってきたので、ストレッチ程度の運動なら大丈夫な気もしたので、まずは形からとヨガマットを購入。

Kindle Unlimitedで「はじめてのやせ筋トレ」をダウンロードして、準備万端。

björk / jóga

もっとみる
ありがとう!
2

ネームバリューと知ったかぶり

おはようございます。東京は、晴れ。天気は良いけど、風が冷たいので、仕事帰りが寒いかもしれません。

この間、会社の人と呑んでいた時「Radioheadとビョークが好きな理由をちゃんと話せる、それぞれのリスナーっているのかな?」という軽い議論がなされ、「確かに」となりました。

それは、特にこのアーティストたちは、ネームバリューがでかい分、好きって言うと「この人音楽知ってる人って思われるだろう」とい

もっとみる
スキ?キライ?…スキ!!!!!!!
2

鬱になりたい人におすすめ鬱漫画を挙げていく

鬱漫画は好きだろうか。私は結構好きだ。

現実の暗いニュースは気が滅入るのでできるだけ見ないようにしているが、フィクションの胸糞や鬱には一種の中毒性があって、小説でも漫画でもそんな作品にばかり惹かれてしまうのだ。

そんな私がこれまで読んできた中で「コイツは鬱だ……」と大いにへこんだ作品をご紹介したい。

なお一口に鬱漫画といってもいじめによる鬱・虐待による鬱・恋愛負け組による鬱・友人との確執によ

もっとみる
読んでくれてありがとうございました!SNSでのシェアも歓迎です。
7

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのアンダースタンド

勝負曲!!いっぱいあるんだけど、そして、その時のじぶんの流行もあるんやけど、今はASIAN KUNG-FU GENERATIONのアンダースタンド。 アジカンの全体的な疾走感がぴったりなシーズンの人生真っ只中。。アジカンの全体的な疾走感がぴったりなシーズンの人生真っ只中。

で、集中してオシゴト仕上げるときは、自分のバンドBELTERS☆のシャッフル曲。大好きやったから、スゴく集中してライブしてた

もっとみる
うれしい!涙!
10

「今日保育園休もうかな?」
「なんで?」
「あのぐるぐる巻きのやつ見たいし!」

ビョークか!?

単純におもしろいんだろうね。
見たら満足して登園していきました。
保育園前にビョークってすごいね。。

スキありがとうございます!
3

kthn.のスゝメないmusic

どーも、kthn.です。
古今東西の音楽から単なる主観とタイミングが会えば皆様にダラダラとジャンルレスで適当にお伝えする「kthn.のスゝメないmusic」のお時間がやってまいりました。

知るか知らんかは人それぞれ。
物理メディアに埋もれた生活を送るミュージックソムリエことkthn.がその時の気分で紹介したい!!と思ったCDをピックアップ。
メジャーかマイナーかは一切関係無し。
そんな感じでお送

もっとみる
以上、kthn.の時間でした。
6

エチオピアのカレー辛さ30倍と70倍と食べ比べてみたよ@神保町 カリーライス専門店エチオピア 本店

世の中は
世知辛い

自粛テイクアウト生活。
大分定着してきました。

徒歩で買いに行っている割に
ずいぶん遠くまで行ってるじゃないか
と思っている方がいるかと思います。

実はじょいっこ、
フルマラソン出場経験があり、
朝ジョギング、夜はウォーキング
を毎日しているので
電車を使わない生活はお手の物なのです。

というわけで今回は神保町にある
老舗カレー屋さんまで片道1時間半
ほどかけて歩いて行

もっとみる
ミラジョボボッチ
35

アイスランド Björk -2008- 僕と音楽と(26)

2008年2月20日
Björk the <volta> tour in Budokan

Björkは初めてである。
カンヌでパルム・ドール受賞の映画"Dancer in the Dark"(2000)でその心を揺さぶる歌唱と、
最優秀女優賞を獲った演技に魅了されたファンだから、遅れてきたBjörkファンである。
何度か来日しているが今日まで機会がなかったので、今夜のstageには否が応でも期待

もっとみる