ヒックとドラゴン

+10

「ヒックとドラゴン2」(2014)のトリビア

龍が登場する作品を調べてみた。

フォレスト出版編集部の寺崎です。 『誰でも龍とおしゃべりできる龍トレ』を担当して以来、龍の存在が気になっている次第なのですが、龍にまつわる映画やアニメにどんなものがあるのか、ちょっと調べてみました。 ドリームワークスの大ヒットシリーズ『ヒックとドラゴン』イギリスの児童文学作家クレシッダ・コーウェル原作の物語を映像化した『ヒックとドラゴン』は世界的大ヒット『シュレック』を世に放ったドリームワークスのヒット・シリーズ。 映画の予告編はこちら↓ 現在ではアニメシリーズにもな

スキ
9

「ヒックとドラゴン」 ”大人”になってから観てワクワクしたアニメ映画

ディズニーのアニメ映画やシュレックとかは好きだけど、 アニメ映画というよりは実写映画が好き。 そして何より、今まで怪獣なんて1ミリも興味がなかった26歳女子ですが この映画だけは感動しました!タイトルと見た目だけで子供向けだって判断しないでください!”大人のみなさん”にこそ観て欲しい、怪獣アニメ映画を今回は紹介します。 「ヒックとドラゴン」 ©️2019 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved. 2010年に「ヒ

スキ
28

『ヒックとドラゴン』の新スピンオフ作品『Dragons: The Nine Realms』を発表!日本上陸やいかに!?

厳密には、“アニメ映画”話とはちょっとズレちゃうのですが、応援しているドリームワークスアニメーションの一大ニュースなので、ご紹介を。 10月13日深夜、ドリームワークスアニメーションが突如、新作アニメシリーズを発表しました。その名も『Dragons: The Nine Realms』。 映像を観ると分かると思うのですが、無数のドラゴンのイメージや、見覚えのあるロゴデザイン、そして黒と白のドラゴンに跨った人間の姿...... これ『ヒックとドラゴン』だ!!そう、ツイートだ

『ヒックとドラゴン』3D

※『ビランジ』27号(2011年3月発行)に寄稿した文章の再録です。文中の事項は当時のものです。  良作、話題作が出揃った2010年の中でも最高の一本がこれ、フルCGアニメ『ヒックとドラゴン』。  この作品、前宣伝のまずさから出足は芳しくなかった。お笑いタレントを起用した、内容もキャラクターも理解しているとは言い難い宣伝方法は鑑賞意欲を削ぎ、「泣ける」の文句を押し出し過ぎた宣伝から、少年とドラゴンの出会いと別れを描いたよくある予定調和の感動ものと思われたのだった。ところが実

スキ
5

共存を探る『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』 #山崎ナオコーラによる線のない映画評

 作家の山崎ナオコーラさんが綴る、映画をテーマにした連載エッセイ。今回は、バイキングの青年ヒックとドラゴンの絆を描くファンタジーアニメの劇場版三部作の完結編『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』('19)について書き下ろしてもらいました。 文=山崎ナオコーラ @naocolayamazaki 『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』は、主人公の少年ヒック(声:ジェイ・バルチェル)と、ドラゴンのトゥースの友情がメインに描かれる3Dアニメ映画『ヒックとドラゴン』シリーズの3作目だ。イ

スキ
6

【色鉛筆】トゥース(Toothless)【長女作】

上の子(6)が描いた、ヒックとドラゴンに出てくるナイトフューリーのトゥースです! 元にしたのはこの絵で、正直引くほど上手くてびっくりしましたw こんな感じで一生懸命塗ってくれました。雲は黒い線で囲ったりせず、空に馴染むように空の色で輪郭を描いていました。この辺も、今までの経験を活かしていて素晴らしいです。

スキ
1

【おすすめ54】ヒックとドラゴン 聖地への冒険

これはポッドキャスト「ちゃ柴とポンセ」から一部分を抜き出したミニ版です。毎週月曜日から木曜日に配信中。もし、気になった方が居られたら本家「ちゃ柴とポンセ」も聴いてみてください。 公式Twitter( https://twitter.com/7jsdxil7y9cuncn )

【子育て】『ヒックとドラゴン』シリーズ【読書】

子どもって好きな本は繰り返し読みますね。 ドラゴンと心通わす部分が心をくすぐる模様。ペット感覚でしょうか。 私自身は翻訳本はあまり好きではないのですが(『ハリーポッター』も『指輪物語』も挫折)、長男ははまって読んでいました。 ☆こんな子にオススメ ・アニメ「ヒックとドラゴン」を見た子(Amazonプライムで視聴可) ・ドラゴン好き(?) ・北欧神話やバイキング好き ・シリーズものの長い物語に挑戦したい子 ☆対象年齢 小学校中学年~高学年あたり? 本屋さんで

スキ
15

本当は「TENET」とか「デザインあ」とか「エヴァンゲリオン劇場版」が観たいけど、子どもがめちゃくちゃ嫌がるから、子どもが喜ぶものを見ることになるんだな、これが。でもまあこれなら一緒に観てもいいか・・・」と思える作品たち

正直毎日エンドレスで子ども向けのものを見ていて、精神がやられてきた・・・。わたしが子どもだった時と違って今は動画配信サービスがあるからいつでもアニメが観れる夢のような時代なんですよね・・・。いいな〜現代の子ども! 自分が子どもだったらそりゃ何回でも観たいよな〜って思うし、実際わたしもビデオテープを巻き戻しして何回も同じものを観ていたので(特に見たやつは「NEMO」「ナイトメアビフォアクリスマス」)、特に制限することはなく子供が観たいといったら、一緒にみています。みるんだった

スキ
23