大塚菜生

児童書やキャラクター絵本を出版しています。視覚優位。読み書きは苦手なほうです。絵と舞台…

大塚菜生

児童書やキャラクター絵本を出版しています。視覚優位。読み書きは苦手なほうです。絵と舞台がとびきり好きです。少し前はマレーシア移住計画を立ててました。ただいまは介護未満ライフを発信中。 ぼちぼちよろしくお願いします。創作集団プロミネンス会員ほか https://itigo.xyz

マガジン

  • たのむからもうちょっと介護させてくれよ(たのもう介護)

    胃を3分の2摘出している生真面目な義父 もう人生終わりたいグルメな義母 器質化肺炎で薬嫌いの実母 前立腺がん疑いでメダカ博士の実父 4人の後期高齢者(超高齢者含む)たちと苦楽をともにしています。そんな日常をゆる〜く配信中

  • つぶやきの投稿

  • 創作集団プロミネンス

    • 64本

    「創作集団プロミネンス」とその会員の皆さんの活動をお知らせします。 「創作集団プロミネンス」は、その前身である「少年文芸作家クラブ」時代から半世紀近い歴史を持つ、児童書の作家・画家の職能団体です。 現在、岩崎書店と共に、「福島正実記念SF童話賞」(中学年向け)、「ジュニア冒険小説大賞」(高学年以上向け)というふたつの児童文学新人賞を運営しています。 「少年文芸作家クラブ」は1968年秋に発足しました。 規約には「本会は少年少女を対象としたエンターテイメントの創作、ノンフィクション、翻訳、美術を職能とする者によって、構成される」とあり、 初期の名簿には故石ノ森章太郎氏も名を連ねていました。 規約の文言は「本会は主として年少の読者を対象とした創作、ノンフィクション、翻訳、美術を職能とする者によって構成される」と修正されましたが、 現在も発足当時の精神を受け継いでいます。

  • ほんのクリップ( 課題図書関連も掲載中!)

    絵本『給食室のいちにち』を紹介してくださった皆さま、 誠にありがとうございます!!

    • たのむからもうちょっと介護させてくれよ(たのもう介護)

    • つぶやきの投稿

    • 創作集団プロミネンス

      • 64本
    • ほんのクリップ( 課題図書関連も掲載中!)

最近の記事

  • 固定された記事

「第69回」表彰式に寄せまして

先日の2月2日、第69回青少年読書感想文全国コンクールの表彰式が都内経団連会館で行われました。 全国から上位入賞の子供たちが招待されて、壇上にて学校名と名前が読み上げられて表彰されました。 今年度は約265万通をこえる応募があったそうです。 その中から選ばれるんですから本当にすごいですよね。きっと審査の過程も大変な選考であっただろうと想像しております。 有難いことに『給食室のいちにち』は中学年向け課題図書の一冊として選ばれていました。 全国のたくさんの子供たちがこの絵本を見

    • バアちゃんつれて焼肉中「ほんと色白のヨカ男だった。悪いばってん女ならどげんうつくしかったろかね…」と急に弟の話に。 我々の結婚式時の第一印象のままなのね「悪いばってん」はわたしに掛かるのね……と思いつつ 「ありがとうね長生きして憶えておいてね(知る人)もう少ないからね」と言った。

      • 実父についても偶には。 毎日の公園歩きを欠かさないのがこの頃心配になってきている。雨の日も小降りであれば杖を片手に出かけるのは老いへのささやかな抵抗もあるのかな。飛行機の、航路が見渡せる休憩所でいつも日記のような詩のような文を送ってきます。その返信をするのがわたしの日課にも。

        • 毎朝の話。めずらしいことにじつは弁当をつくっている。子育て中もほとんど必要なかったのに、今ごろ? なんであるけれど。習慣になってしまうと全く苦にならない。中味を考えるのが楽しい。 若い頃は仕事人間であまり良い母親ではなかったから、遅すぎたおわび行為というところです。

        • 固定された記事

        「第69回」表彰式に寄せまして

        • バアちゃんつれて焼肉中「ほんと色白のヨカ男だった。悪いばってん女ならどげんうつくしかったろかね…」と急に弟の話に。 我々の結婚式時の第一印象のままなのね「悪いばってん」はわたしに掛かるのね……と思いつつ 「ありがとうね長生きして憶えておいてね(知る人)もう少ないからね」と言った。

        • 実父についても偶には。 毎日の公園歩きを欠かさないのがこの頃心配になってきている。雨の日も小降りであれば杖を片手に出かけるのは老いへのささやかな抵抗もあるのかな。飛行機の、航路が見渡せる休憩所でいつも日記のような詩のような文を送ってきます。その返信をするのがわたしの日課にも。

        • 毎朝の話。めずらしいことにじつは弁当をつくっている。子育て中もほとんど必要なかったのに、今ごろ? なんであるけれど。習慣になってしまうと全く苦にならない。中味を考えるのが楽しい。 若い頃は仕事人間であまり良い母親ではなかったから、遅すぎたおわび行為というところです。

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • たのむからもうちょっと介護させてくれよ(たのもう介護)
          大塚菜生
        • つぶやきの投稿
          大塚菜生
        • 創作集団プロミネンス
          創作集団プロミネンス 他
        • ほんのクリップ( 課題図書関連も掲載中!)
          大塚菜生

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          先のことはわからない。この5、6年内に身の周りに起こった出来事は予想のつかないものばかりだった。苦労して取得したビザ(MM2H)をアッサリ解約してしまうとは思いもしなかった。だけど(計画どおりにはいかない)今が不幸せというわけではない。また次の計画を立てていけばいいと思っている。

          先のことはわからない。この5、6年内に身の周りに起こった出来事は予想のつかないものばかりだった。苦労して取得したビザ(MM2H)をアッサリ解約してしまうとは思いもしなかった。だけど(計画どおりにはいかない)今が不幸せというわけではない。また次の計画を立てていけばいいと思っている。

          予め、義父母どちらかが施設に入ったら同居をお願いされていたものの、この頃のバアちゃんはそれさえも忘れてしまったかのような言動があり戸惑っている。こちらも今は二世帯になっているので、それなら一人身がラクとか……遠慮している面もあるのかもしれない。見守りつつ先のことを考えていきたい。

          予め、義父母どちらかが施設に入ったら同居をお願いされていたものの、この頃のバアちゃんはそれさえも忘れてしまったかのような言動があり戸惑っている。こちらも今は二世帯になっているので、それなら一人身がラクとか……遠慮している面もあるのかもしれない。見守りつつ先のことを考えていきたい。

          施設入居にあたっては専門医、援助者、家族間様々な話し合いがあったが(周囲の賛否の声も加わり)義父は3割負担(現役同等)というのも決断が難しい点であった。とにもかくにも施設で行き届いた「サービス」を受け続けるにはお金が要るというのは理解した。はて。自分は十分な準備ができるだろうか。

          施設入居にあたっては専門医、援助者、家族間様々な話し合いがあったが(周囲の賛否の声も加わり)義父は3割負担(現役同等)というのも決断が難しい点であった。とにもかくにも施設で行き届いた「サービス」を受け続けるにはお金が要るというのは理解した。はて。自分は十分な準備ができるだろうか。

          確定申告の準備は前から少しずつしていたものの、職場で電子帳簿保存法の対策が始まって、外注請求書など電子と紙と分けて保存などなどしているうちに、わたしのやり方は正しいのか心配になってきている。それでも一人で悩むよりは参考になることがあり助かってます。

          確定申告の準備は前から少しずつしていたものの、職場で電子帳簿保存法の対策が始まって、外注請求書など電子と紙と分けて保存などなどしているうちに、わたしのやり方は正しいのか心配になってきている。それでも一人で悩むよりは参考になることがあり助かってます。

          義父のその後。介護の手厚い施設で見てもらうことになり1日に入所。介護認定は要介護3となりました。現状、認知力の低下と自力での歩行がほとんどできなくなっています。 施設は「ご飯がおいしい」と言っています。野菜は一口カットで出してもらい、あと大好きなチョコが食べられる、嬉しいと。

          義父のその後。介護の手厚い施設で見てもらうことになり1日に入所。介護認定は要介護3となりました。現状、認知力の低下と自力での歩行がほとんどできなくなっています。 施設は「ご飯がおいしい」と言っています。野菜は一口カットで出してもらい、あと大好きなチョコが食べられる、嬉しいと。

          16日早朝。夏から一緒に暮らしていた老ハムちゃんが天国へ召されました。誰も欠けることなく皆でていねいに葬れたのはせめてもの幸いかな、小さなお骨でした。前日まで、マッチ棒ほどになった痩せたあしを懸命に動かして散歩してました。食欲も旺盛でお皿のピューレに引っかき痕を残していました。

          16日早朝。夏から一緒に暮らしていた老ハムちゃんが天国へ召されました。誰も欠けることなく皆でていねいに葬れたのはせめてもの幸いかな、小さなお骨でした。前日まで、マッチ棒ほどになった痩せたあしを懸命に動かして散歩してました。食欲も旺盛でお皿のピューレに引っかき痕を残していました。

          久しぶりに閉鎖中のTwitterだったところへ行きますと、にぎわっている商店街のアーケードの中を歩くような気分になった。放置すると消される恐れがあるという話もどこかで聞いていたので生存のサインをしておく。新しい名前はなじみそうにないのでこのままで。災害の情報源としてはやはり強い。

          久しぶりに閉鎖中のTwitterだったところへ行きますと、にぎわっている商店街のアーケードの中を歩くような気分になった。放置すると消される恐れがあるという話もどこかで聞いていたので生存のサインをしておく。新しい名前はなじみそうにないのでこのままで。災害の情報源としてはやはり強い。

          先日のいちご狩りの際に太宰府の実家に寄れて赤と黄色の千両を分けてもらってきた。それを大塚の仏壇に供えるのが年末の恒例になっていて今年も彩りに加えることができた。 11月の義父の誕生会にいただいた花も一部まだ枯れないでいる。 なんだか義父の帰りを待っているように思えた。

          先日のいちご狩りの際に太宰府の実家に寄れて赤と黄色の千両を分けてもらってきた。それを大塚の仏壇に供えるのが年末の恒例になっていて今年も彩りに加えることができた。 11月の義父の誕生会にいただいた花も一部まだ枯れないでいる。 なんだか義父の帰りを待っているように思えた。

          フェリーに再度渡航するなど(今度は逆航路)色々重なった一週間であった。義父はリハビリテーションへ転院。既往歴を書く際にあれは何年何歳だったか……2008年! とすぐに思いだせたのは「アフタースクール」「ザ・マジックアワー」を観た年だったから。そんな風に頭が回転するときもあります。

          フェリーに再度渡航するなど(今度は逆航路)色々重なった一週間であった。義父はリハビリテーションへ転院。既往歴を書く際にあれは何年何歳だったか……2008年! とすぐに思いだせたのは「アフタースクール」「ザ・マジックアワー」を観た年だったから。そんな風に頭が回転するときもあります。

          義父が3回続けて転倒し入院生活になった。頭の傷そのものは見た目に反して治りが早かったものの一気に判断力が低下したようで病院関係者の話では点滴を自ら外したりの問題行動が見られるそう。 一時的なものかはわからない。 面会ができないので関係者の指示を受け入れながら今後を話し合っている。

          義父が3回続けて転倒し入院生活になった。頭の傷そのものは見た目に反して治りが早かったものの一気に判断力が低下したようで病院関係者の話では点滴を自ら外したりの問題行動が見られるそう。 一時的なものかはわからない。 面会ができないので関係者の指示を受け入れながら今後を話し合っている。

          入居話。なぜか(今は入居は無理だろうと先に思っていた)わたしが責められるような状況になり一時めげてしまっておったが、 いいや「わたしはラスボス」。 認知のぶれも想定していたはず、と気を持ち直しております。 エネルギーを貯金しておかないとね〜 施設についてもよく理解できましたし。

          入居話。なぜか(今は入居は無理だろうと先に思っていた)わたしが責められるような状況になり一時めげてしまっておったが、 いいや「わたしはラスボス」。 認知のぶれも想定していたはず、と気を持ち直しております。 エネルギーを貯金しておかないとね〜 施設についてもよく理解できましたし。

          義父と義母と夫氏の気持ちそろっての今回の急な入居案であったが、いざ本見学の日はバラバラに。義父にいたっては見学拒否で寝室にこもってしまった。バアちゃん「げってんかいてから」と責めていた。施設は申し分なかっただけに残念ないちにち。 これも「あるある」なのか。

          義父と義母と夫氏の気持ちそろっての今回の急な入居案であったが、いざ本見学の日はバラバラに。義父にいたっては見学拒否で寝室にこもってしまった。バアちゃん「げってんかいてから」と責めていた。施設は申し分なかっただけに残念ないちにち。 これも「あるある」なのか。