Hikari Onodera| 小野寺ひかり

フリーの文筆家です。シナリオや取材記事、映画エッセイや短編小説などを書きます。最近、映画監督に挑戦しながら映像シナリオも勉強中です。一箱古本市や本棚オーナー、まちライブラリーとして「ひかり堂」も運営中です。とりあえず書いていきます!

■なにをするサークルか 自主映画を作る人たちが自分の作品を見せ合ったり、アドバイスしたりするサークルです。出演や音楽やロケ場所提供などでも、自主映画にかかわってみたい方も自由にご参加ください。 ■活動方針や頻度 活動は不定期です。サークルの掲示板で作品を見せ合ったりして話します。掲示板への投稿頻度は月に4回です。 ■どんな人に来てほしいか 監督志望の方だと嬉しいです。自主映画制作を撮ってみたい方、スタッフワークとして参加して撮ったことがある方、どうやって撮るのか興味がある方など、どんな方でも構いません。 ■どのように参加してほしいか ポジティブな活動を心がけてほしいです!見ているだけでも大丈夫です。

Hikari Onodera| 小野寺ひかり

フリーの文筆家です。シナリオや取材記事、映画エッセイや短編小説などを書きます。最近、映画監督に挑戦しながら映像シナリオも勉強中です。一箱古本市や本棚オーナー、まちライブラリーとして「ひかり堂」も運営中です。とりあえず書いていきます!

メンバーシップに加入する

■なにをするサークルか 自主映画を作る人たちが自分の作品を見せ合ったり、アドバイスしたりするサークルです。出演や音楽やロケ場所提供などでも、自主映画にかかわってみたい方も自由にご参加ください。 ■活動方針や頻度 活動は不定期です。サークルの掲示板で作品を見せ合ったりして話します。掲示板への投稿頻度は月に4回です。 ■どんな人に来てほしいか 監督志望の方だと嬉しいです。自主映画制作を撮ってみたい方、スタッフワークとして参加して撮ったことがある方、どうやって撮るのか興味がある方など、どんな方でも構いません。 ■どのように参加してほしいか ポジティブな活動を心がけてほしいです!見ているだけでも大丈夫です。

  • はじめてプラン

    ¥100 / 月

    はじめましての方はこちらのプランへ

    • 活動期間に応じたバッジを表示

マガジン

最近の記事

固定された記事

経歴とお仕事のご依頼について

はじめまして、小野寺ひかりの経歴と、これまでのお仕事をまとめています。 おおきく、シナリオ、取材記事、本周辺のイベント運営の3つをしています。最近は映画制作をはじめ、監督を手掛けるようになりました。映画制作や映像シナリオのご依頼もお待ちしています。 プロフィール 1990年生まれ、栃木県小山市出身。大学卒業後、会社員(不動産営業事務&広告代理店の営業職)と並行してシナリオライターに。2016年に上京し、2018年からはフリーランスです。ドラマCDや舞台脚本、漫画脚本を担当

スキ
60
    • 「下書き」の共通点

      寅さんの映画で愛しのマドンナ・リリーは「あぶく」のような人生だ、と自らを例えるシーンがある。根無し草の生活は無情なもので、どれだけもてはされても、本人にしかわからぬ孤独があるという。華やかで美しい女性のつぶやきに、なるほどそういうものなのか、と観ているものは、驚きとすこしの寂しさを覚える。 それに対し寅さんはそんなリリーの本音を受け止めつつも、気恥ずかしさからか、上品なもんじゃない、そうだ、オナラのようなもんだな、と返し、リリーからぷぷっと笑いをとる。 なんとも象徴的な会

      スキ
      7
      • 夜の本屋さんでしか買えない本もあったりする?

        スキ
        5
        • 【8/7まで!】「#ぺらふぇす」に参加してます【ひかり堂】

          ネットプリントの仕組み自体、比較的お世話になっていたのに、そうか、印刷の予約番号シェアすればいいんだ、という自分の認識と手持ちのカードがピッタリハマった今夏~。 「#ぺらふぇす」とはA4一枚で、ペーパークラフトや文芸、写真、イラストなどなど、さまざまな発表しあう場として8月2日から8月7日までTwitterやWEB上で「#ぺらふぇす」が開催中です。 たまたま面白そうだなー、と「ひかり堂」で参加表明しました。 ペーパーのコンセプト内容は、捨て紙で「折本」ダミーをつくりなが

          スキ
          13

        マガジン

        マガジンをすべて見る
        • わたしと古本と生活の記録

          • 27本

          わたしと古本と生活の記録をまとめています

        • 映画は観たけれど

          • 11本

          映画の感想を書いています

        • 小野寺ひかりの短編小説

          • 18本

          オリジナルで書いた短編小説をまとめています。

        • ご依頼・経歴について

          • 2本

          経歴・これまでの仕事についてまとめています。仕事のご依頼についてはお問い合わせ先からご連絡ください。

        • 過去に寄稿、執筆したコラム・エッセイなど

          • 7本

          過去に寄稿、執筆したコラム・エッセイなど

        • いつかのできごと

          • 0本

          過去の映画制作や起きたことの記憶を掘り起こしながら、記録を残していきます

        • 【本と人が交わるところ】連載記事まとめ

          • 1本

          2020年5月~2021年1月、子どもと親の未来と好奇心を応援するメディア「バレッドプレス」にて本と人が交わるところをテーマにした連載を担当し、本屋さんや美術館への取材記事の執筆&撮影をしました。

        • 【子どものための古書探し】連載記事のまとめ

          • 1本

          2019年4月~2020年4月、子どもと親の未来と好奇心を応援するメディア「バレッドプレス」にて子どものための古書探しをテーマにまちの古本屋さんへ月に1度の連載を担当し、取材記事の執筆&撮影をしました。

        • わたしと古本と生活の記録

          • 27本

          わたしと古本と生活の記録をまとめています

        • 映画は観たけれど

          • 11本

          映画の感想を書いています

        • 小野寺ひかりの短編小説

          • 18本

          オリジナルで書いた短編小説をまとめています。

        • ご依頼・経歴について

          • 2本

          経歴・これまでの仕事についてまとめています。仕事のご依頼についてはお問い合わせ先からご連絡ください。

        • 過去に寄稿、執筆したコラム・エッセイなど

          • 7本

          過去に寄稿、執筆したコラム・エッセイなど

        • いつかのできごと

          • 0本

          過去の映画制作や起きたことの記憶を掘り起こしながら、記録を残していきます

        • 【本と人が交わるところ】連載記事まとめ

          • 1本

          2020年5月~2021年1月、子どもと親の未来と好奇心を応援するメディア「バレッドプレス」にて本と人が交わるところをテーマにした連載を担当し、本屋さんや美術館への取材記事の執筆&撮影をしました。

        • 【子どものための古書探し】連載記事のまとめ

          • 1本

          2019年4月~2020年4月、子どもと親の未来と好奇心を応援するメディア「バレッドプレス」にて子どものための古書探しをテーマにまちの古本屋さんへ月に1度の連載を担当し、取材記事の執筆&撮影をしました。

        メンバーシップ

        メンバーシップをすべて見る
        • 自主映画をつくる人のサークル

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 更新しなくちゃ!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 映画のロケ地 どう探す

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • デモリールってなに?

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 公募に出しました!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【20祭】 https://kiryu202020.com/ 【6/30締切】

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 更新しなくちゃ!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 映画のロケ地 どう探す

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • デモリールってなに?

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 公募に出しました!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【20祭】 https://kiryu202020.com/ 【6/30締切】

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        記事

        記事をすべて見る
          • 早めの夏休み

            父の三回忌なのだけど早めに帰省してきた。夫と母と3人で那須どうぶつ王国にも出かけた。夏である。 この数年、夫が動物好きに変化してきて、マーモットからはじまり、ビーバー、プレーリードッグ、地リス、たぬき、などなどなんだか丸くてそういう前歯の大きい生き物の生態にどんどん詳しくなっている。 コロナ禍の直後だった頃か、感染症を題材にしたマンガ『リウ―を待ちながら』を読んでいたらペスト菌を媒介する生き物としてマーモットが紹介されていたことがあり、ソッコーで夫に告げに言ったことがある

            スキ
            10
            • 2022年も!茅野駅・自由通路古本市【9/23&9/24】の出店者募集開始です

              昨年「本のイベント」としてまちライブラリーでは全国にわたってブックフェスタ・ジャパン2021を開催。とくに茅野駅周辺では活性化の構想をはかる茅野市のタイミングとかさなって、コロナ禍の影響をどうにかのりこえて、長野県・JR茅野駅周辺のみなさま協力のもと大変たのしい時間を送りました。「植本祭」としたトーク&ワークショップや、駅改札を降りた自由通路での「古本市」、周辺のお店との「スタンプラリー」などなどなどなど……本当に盛りだくさんでした。まちの新刊書店とのコラボに、出版社や、古本

              スキ
              5
              • #ぺらふぇす に参加する用の冊子をつくりました!8/2〜8/7の期間中はネットプリントから印刷して読むことができます。折本にできるんですが、なんかズレるので不器用なのが問題なのか、なんなのか試行錯誤くださいませ。

                スキ
                6
                • 第12回 BOOK MARKET 2022

                  2022年7月24日。朝起きると、白ごま入りのお稲荷さんが30個つくられていた。端から食べ進める。夫の得意料理?だけども食べ過ぎると眠くなるので、5個でやめて、浅草へ。 BOOK MARKETが開催された。アノニマ・スタジオさん主催による”全50 ブース56 社の出版社・新刊書店・古書店などが、「本当に面白い本」を持って大集結”と本好きの本好きによる展示&販売イベントである。 消費税抜きで販売されているので過去、東京ビッグサイトで開催された「東京国際ブックフェア」の感覚に

                  スキ
                  7
                  • 文芸誌『Sugomori』で短編小説が公開されました

                    世界陸上が開幕。リレーをしたりレースをしたり。やり投げ北口選手の銅メダル獲得など快挙も聞く。サニブラウン選手の辞退から、「100m×4人」バトンミスによる失格は驚きだったが、それでも前を向くコメントを読んで、なるほど第一線に立つ人は違うとうなった。ミスを誰のせいもせず「実力がなかった」とコメントができるのは大人の対応というか。スポーツ選手が背負っているものは大きい。 お知らせ文芸誌『Sugomori』で短編小説が公開されました。よければご一読ください!  2人で借りたアパ

                    スキ
                    7
                    • 『「ヒックとドラゴン」inコンサート』

                      夫は下戸でわたしも酒はそんなに強くないのだけど、理由をつけて酒が飲めればいい精神は脈々としてある。結婚記念日からひと月ずれたきのう「『ヒックとドラゴン』inコンサート」を見てきた。 前日からソワソワして、当日も早く起きすぎて昼寝をしてしまい、慌てて出かける準備をした。原宿駅から歩いた。青空と白い雲。NHKホールの客席には、年齢も性別もばらばらで、ドラゴン、トゥースのぬいぐるみやTシャツを着ている人もちらほら。夏休みに入っただろう、子どもたちの姿もある。深く、長く、愛されてい

                      スキ
                      4
                      • これでも整頓しているのだー。本棚からあふれた本

                        スキ
                        8
                        • 「DEAD OR ALIVE デッド オア アライブ 犯罪者 」【映画は観たけれど】

                          私が想像する新宿・歌舞伎町は、三池監督の手によって作られていた。いまだにオープニングのBGMを聞けば、アドレナリンがMAX になるようだし、ワンシーン、ワンシーンごとに愛あるツッコミがいれられる自信がある。 中学校に入る前から私は哀川翔の大ファンだった。(今も!)令和の世に劇場でも、配信でも気軽に「バイオレンス」に触れて、平成前期に漂うたまらない空気にさらされてる。 オープニングにカウントダウンする竹内力&哀川翔、‥‥格好よくてため息が出る。 以前、新文芸で開催された三

                          スキ
                          5
                          • 戸惑いを隠せない?

                            約束をとりつけて2年ぶりのMKさんとご飯に出かけてきた。6時間くらいかけて怒涛のおしゃべりと個人誌の制作企画を立ててきた。 仕事先で出会ったMKさん。都会ではけっこうよくある話かもしれないのだけど、絶えず人が入れ替わる会社で、入った瞬間に退職する先輩社員らから「ココはやばいよ」と社内事情を聞かされた(笑)「短くて半年、もって2年」と。そんな場所で、ちょうどタイミング出会えたことだけでも縁を感じる。 実際のところ職種や立ち位置も違うので、MKさんとはオフィス内での絡みはほぼ

                            スキ
                            9
                            • こちらも!

                              スキ
                              6
                              • ありがとう! 映画撮影中にカメラが壊れたよ~、っていう記事で嬉しいお知らせでした。 誰も知らない夜 https://note.com/onodera_hikari/n/n6513006e1fef

                                スキ
                                4
                                • 駒込というまち

                                  駒込というまちに住んでいる。スーパーも立ち並ぶのだけど「しもふり商店街」でいつも野菜や果物、魚をそれぞれ八百屋や魚屋さんで購入できるところが気に入っている。ブティックのような服屋さんもあるのだけど先月「閉店セール」と聞いて立ち入った。小さめの入り口ながら奥行があり、かわいい服がごまんとあってのセールである。店名は「ふしぎどう」といって、「ははーん、これは安くてかわいくて、それが摩訶不思議だからだな~」と理解する。 この日はちょっとしたパーティーにめかしこまねばならず、洋服を

                                  スキ
                                  10