パスティーシュ

シャーロキアン大激怒!?「推理じゃなくて腕力で事件を解決するホームズ」

別冊少年チャンピオン連載『ガンロック』第0話です。シャーロック・ホームズの物語をスチームパンクの世界観で大胆に翻案したこのマンガ。コミックス未収録分が2冊分あるんですが……どうしようかなw

コミックス1巻収録は「最初の事件」「白面の兵士」「マダラの紐」「赤毛連盟」と、シャーロック・ホームズ原典のタイトルをスチームパンクに寄せていくのがとても書いていて楽しかった。特に第1話「白面の兵士」は、自分達

もっとみる

[ショートショート]絵に描いたような異世界転生

転生したのは絵に描いたようなダンジョン世界だった。

そこで、前世の仕事のスキルを活かしたら成功し、トントン拍子で、ついには魔王までやっつけてしまった。

まるで絵に描いたような展開であった。

……前世でもこれくらい上手くいってたらよかったなあ。

ありがとうございます!
5

高殿円著『シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱』文庫電子版発売記念、短篇特別公開!

『シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱』(高殿円著)の文庫電子版の発売を記念して、同書収録の短篇「シャーリー・ホームズとディオゲネスクラブ」を特別公開します。シャーリー・ホームズって何? という方には、まずは雪広うたこさんによる紹介コミックをご覧ください。

キュートでかっこいい女性二人組、シャーリーとジョーが、現代ロンドンを舞台に活躍します。今回、掲載する「シャーリー・ホームズとディオゲネスクラブ」

もっとみる
スキありがとうございます!
29

冬の夜、月に罰せられる

女を殺す夢をまた見るようになった。
その女が誰かというと、きっと誰でもない。夢のなかに現れるヒロインという具象でしかない。ただその姿形は、自分が知っている幾人かの女性たちなのだ。かつての交際相手が、代わる代わる夢に出てきた。そして僕は彼女たちを殺してしまう。その夢のなかでは、そうせずにはいられない。

それをやり遂げようと、あるいは未遂に終わろうとも、ラストシーンはいつも同じだ。僕は天を仰いで慟哭

もっとみる
ありがとうございます! 家でじっとしてるかもしれません
42

『お正油差しは笑わない』

「ねえ、どう思う? お正油差し。笑わないの」

 蓮見凛が近づいてきて、そう言った。
 咄嗟には意味が分からなかった。思わず彼女の顔を真正面から見つめた。
 長い黒髪に、白い肌。切れ長の目、瞳の色は濃い茶色だ。リップくらいしか塗っていないだろうに、その唇はみずみずしく、ほんのり赤い。
 考えてみれば、こんなに至近距離で彼女を見つめたことはなかった。
 ……とても可愛い。
 日常に覆われた世界が急に

もっとみる
ありがとうございます! 家でじっとしてるかもしれません
39

現代詩 静夜思

ふと
夜中に目を覚ました

この胸のうちに抱える不安のせいだ

あの人からも
この人からも
メールの返事が来ない

もしかして嫌われてるのかな

車通りもない深夜
月光が障子を照らす
真四角 白く浮かんだ障子は
布団の上に光を落とす

その月光を角砂糖に見まごう
苦々しい不安に
一粒の
センチメンタリズム
心のうちは仄かに甘い

光の中で
詩でも嗜もうかと思ったが
悲しいことに詩才がない

寝てし

もっとみる