Borja González/THE BLACK HOLES

漫画だけでなく好きな海外コミックやグラフィック・ノベル、オルタナコミック、バンド・デシネのことも書いて行けたらと思います。

Borja González/THE BLACK HOLES
Twitter上でたまたま見かけて
購入して読んだんですが、
とにかく絵が好きなんです。

作者のBorja Gonzálezさんスペインの方?らしいのと
イラスレーターとコミック作家とHPには、記実ありました。

もっとみる

now working

今年は、3コマ漫画?を描きたいと思っていてとりあえず1発目

何故3コマかと言うと
海外オルタナコミックとか読んでて
3コマの展開の方が、ストーリーが発生しない良さがあるなーと思いやりたかったのです。

■3コマの良さで個人的に感じた所
具体的には(主観になります)
・絵を邪魔しない程度に動きが生まれる
・1ページを1枚のイラストとして、構成しやすいし観れる
・余白(話の展開が)が見た人の

もっとみる

『レベティコ』その3(終) これからの話

先日見事達成した『レベティコ』の翻訳プロジェクト、明日までの申し込みとなっています。

一般流通よりも少しお得に、少し早く読めて、しかも非売品のポストカードもついてきます。ツイッターでも再三言ってますが、このポストカードが本当にシブくて格好良いんです。

まだの方はぜひ。

今日はブックマンションさんにて初のお店番をしてきました。

店内には中央に机があるのですが、そこに何かしら展開してもいいし音

もっとみる

『レベティコ』その2 そもそも"バンド・デシネ"ってなんだ

来週17日に期限となる『レベティコ』翻訳プロジェクト、先ほど確認したら残り5%となっていましたね。明日の昼に新たなリターンが追加されることも発表されていますし、これはいよいよ面白くなってきました。

とは言えど、100%になったらそこで終わりではなく、むしろそこから更にどこまで伸びていくかも面白いところ。直接関わった身では決してありませんが、少しでも多くの方にこの『レベティコ』という作品が届くよう

もっとみる

『レベティコ』その1 "レベティコ"ってなんだ

現在こんぶトマト文庫では、先日発売された『愛人 ラマン』(リイド社)に合わせて高浜寛作品を並べており、そして引き続き『レベティコ』のクラウドファンディングを応援させてもらっています。
少し場所が移動して高い位置になったので、レイアウトもいじりました。

『レベティコ』のクラウドファンディングは、来週の月曜日、2月17日が期日となっています。
10日現在まだ達成はしておらず、最近すっかりBDに首った

もっとみる

第47回 アングレーム国際漫画祭 オルタナティブ部門 - Festival de la Bande Dessinée d'Angoulême

「ニューシネマ珈琲」を描きはじめた時に、アングレームに出品する事は決めていました、ノミネートまで来れてとても嬉しいです。皆さまどうもありがとうございます。

引き続き、今月末発売号 "アックス" に第4話が掲載されます。ビビビ!とアンテナに響く方々の手に取って読んでもらえたら幸いです。

画像は友人の展示の日、美味しい珈琲と☕️ カフェ #私立珈琲小学校 にて。
photo・@coffeeelem

もっとみる

『アランの戦争 アラン・イングラム・コープの回想録』

フランス アングレーム国際漫画祭2020グランプリに
エマニュエル・ギベール氏

『アランの戦争』はアラン・イングラム・コープが振り返る人生の記憶をエマニュエル・ギベールが描き出したバンドデシネ。

 エマニュエル・ギベールの絵は繊細で緻密そして曖昧だ。その筆がときに鮮明に、時に曖昧なアランの「記憶」を巧みに表現している。野田氏が訳者あとがきに述べられているが、記憶の色としてセピア調の色彩への

もっとみる
ありがとうございます!
1

水曜日 折り返しです。

こんばんは:)トイです。
1月も残すところあと2日ですね。毎年1月はスパッと終わっちゃう感じがしてるのですが、今年の1月はなんだか長く感じました。
「今年はどんな1年にしようかなぁ」とじっくり考えた1ヶ月でした。

最近Instagramでとっても可愛いバンド・デシネを発見しました。
「Ultra Lazer」という作品なのですが、色もキャラクターも好みで、注目しています。フランスの作品なので私

もっとみる
ありがとうございます〜!

読みたいと思った本が読めるようになる時代がこれからも続き、またこれからも続きますように/傑作バンド・デシネ『Rébétiko』(レベティコ)を翻訳出版したい!

フランスの漫画(バンドデシネ)の翻訳で精力的に活動されている原正人さんがクラウドファンディングで『レディベコ』というバンドデシネの翻訳を目指しています(2/17まで)。
『レディベコ』はギリシャの下層階級に愛された音楽で、大戦前のアテネを舞台にレディベコのミュージシャンたちのどうしようもない日常の物語です。(詳しくはリンク先)
原さんとは私の前職の書店からのお付き合いですが、電車で1時間30分、駅

もっとみる
ありがとうございます!
2