バンドツアー

20200215 KINEMAS韓国2日目①

実は、宿のシャワーの調子が良くない。めっちゃ悪い、ってわけではないのだが、すこぶる良くない。
お湯が出ないわけではない。ぬるま湯が出る。ときどき雪解け水のような冷たさの水も出る。でもだいたいは、プールの水くらいのぬるま湯が出る。これが絶妙で、ぜったいむり、って温度でもないのだ。
寒い日のプールの授業を思い出してほしい。はじめ水に入るときは、ウワこれは、と思うのだが、しばらくじっとしているうちにぬる

もっとみる

20200214 KINEMAS韓国1日目

航空券が安いからという理由で急遽決まった今回の韓国ツアー。(結局その安いタイミングで買ったのはみやしーさんだけのようだ)
世はバレンタインデーだが関係ない。チョコレートは持たず、今回も、KINEMAS韓国は弘大へ飛びます。
旅のはじまりはいつもムッティーさんと二人きり。日常の延長線上だが、まだ見ぬ旅のよかんにどこかわくわくする。

関西国際空港へ到着。チェックインを済まし、午前9時前、定番の「最期

もっとみる

ISHIYA私観「平成ハードコア史」〜#11 CHAOS U.K、鉄アレイ、FORWARD BURNING SPIRITS JAPANツアー

これまでは昭和から平成にかけての話や、全国ツアーでまわった各都市などについて触れてきたが、この第3章では平成中期以降についても触れていきたいと思う。私観であるので、第2章では自分のバンドであるDEATH SIDEについて触れてきたが、平成初期にはDEATH SIDEを解散し、FORWARDという新しいバンドを結成し現在に至っている。
 ちょうどこの時期になると、第三世代とも取れる世代のバンドの台頭

もっとみる
これからも読んでください!
61

『けものたちの名前』が出来るまで vol.9〜大阪・オープニングアクト〜

大阪公演のオープニングアクトは mona というアイリッシュバンド。渡辺くんという青年がメッセージをくれた。

驚いたのはロットの楽器のセッティングをなるべく動かさないようにお願いします、と伝えていたにも関わらず、メンバーはなんと9人。プロフィールには<フィドル / ホイッスル /アコーディオン /フルート / ギター / バウロン / ボーカル / ピアニカ / ドラム / ベース etcを擁す

もっとみる

雑誌Bollocks FORWRAD 2018年「BURNING SPIRITS Noth American Tour」レポート

2018年の10月31日から11月24日まで、FORWARD 5度目となるアメリカツアー「BURNING SPIRITS NOTH AMERICAN TOUR2018」を行ってきた。
西海岸からアリゾナ州フェニックスまでをLONG KNIFE、テキサス州3都市をOBSTRUCTIONとCRIATURAS、東海岸をHEAD SPLITTERSという強力なサポート陣を迎え、各バンドへの引き継ぎの間と北

もっとみる
読んでいただきありがとうございました!
12

雑誌Bollocks 2018年DEATH SIDEスウェーデンツアーレポート

2016年にFORWARDでスウェーデン・フィンランドツアーを行った際に、ストックホルムで宿泊した家に一緒に住んでいた、ローニーという人物が4年間行っているスウェーデン最大のパンクフェスである「DEAD RHYTHM EASTER FEST」が、ストックホルムで3日間に渡って行われ、日本からDEATH SIDEで出演してきたので、その模様をレポートして行きたいと思う。

今回の「DEAD RHYT

もっとみる
読んでいただきありがとうございました!
3

雑誌Bollocks DEATH SIDE 2016年ロンドンライブレポート

2016年の9月14日に日本を発ち、16日と17日にロンドンでライブを行ったあとにブリストルへも遊びに行き、21日に日本に帰るまでの間イギリスを堪能してきた。
初めて訪れたイギリスだが、個人的にイギリスという国への思い入れが強い。イギリスのパンクが無ければ、DEATH SIDEをやることすらなかっただろう。そんなイギリスでの出来事をレポートしていきたいと思う。

グラシアス アミーゴ!
7

ただ俺を生かす力 〜ハードコアアンダーワールド〜第二十九回 ルイジアナ州ニューオリンズ編

日本のPUNKシーンを取り扱っているBollocksという雑誌がある。
そこに2014年から2019年にかけて、30回にわたり「ただ俺を生かす力〜ハードコアアンダーワールド〜」という連載コラムを執筆してきた。
残念ながら2019年のNo.44号で連載が終わってしまったが、そのBollocksで書いていた連載をnoteで読めるようにすることにした。
noteで連載している「ISHIYA私観平成ハード

もっとみる
ありがとうございます!
6

ただ俺を生かす力 〜ハードコアアンダーワールド〜第二十八回 メキシコ国境エル・パソ編

日本のPUNKシーンを取り扱っているBollocksという雑誌がある。
そこに2014年から2019年にかけて、30回にわたり「ただ俺を生かす力〜ハードコアアンダーワールド〜」という連載コラムを執筆してきた。
残念ながら2019年のNo.44号で連載が終わってしまったが、そのBollocksで書いていた連載をnoteで読めるようにすることにした。
noteで連載している「ISHIYA私観平成ハード

もっとみる
ライブにも遊びに来てくださいね!
8

ただ俺を生かす力 〜ハードコアアンダーワールド〜第二十七回 アメリカ西海岸北部編

日本のPUNKシーンを取り扱っているBollocksという雑誌がある。
そこに2014年から2019年にかけて、30回にわたり「ただ俺を生かす力〜ハードコアアンダーワールド〜」という連載コラムを執筆してきた。
残念ながら2019年のNo.44号で連載が終わってしまったが、そのBollocksで書いていた連載をnoteで読めるようにすることにした。
noteで連載している「ISHIYA私観平成ハード

もっとみる
ライブにも遊びに来てくださいね!
6