老舗「源内」のカップケーキ中央に君臨するのはプリンでなく”ババロア”だった話。【#16】

「龍ケ崎でおススメのケーキ屋さんは?」と聞かれたら、間違いなく答えの一つになるケーキ屋の「源内」さん。

「源内」といえば、チーズケーキ!という方も多いのでは?(オムレット!という方もかなりの割合いますが…)

で、今回購入したのは「カップケーキ」
お値段280円!

真ん中に鎮座するのは、プリン…ではなく、ババロアです。

チェリー、パイナップル、キウイなどなど、とても280円では申し訳ないくら

もっとみる
深謝! 私もです。
3

抹茶で涼を楽しむ

最近はすっかり朝晩涼しくなってきましたが、先週までとの寒暖差に身体が追いついてないのか、雨のせいなのか、最近は特に眠気が酷い気がします。とはいえ、まだ日中は残暑が続いております。それも今週までと言われていますが。

さて、先日近くの百貨店に買い物に行った際、催し物コーナーで京都東山茶寮さんが出店されていました。

その日はとても暑くて、涼しげな抹茶スイーツは人気があったらしく抹茶ぜんざいは残念なが

もっとみる
興味持ってくださったありがとうございます
1

オレンジの豆乳ババロア

材料

豆乳...200cc

卵(M)...1個

グラニュー糖...25g

オレンジ...1個

オレンジピール...5g

粉ゼラチン...5g

水...大さじ2

バニラエッセンス...適量

作り方

①卵を卵黄と卵白に分ける。卵白は泡立ててメレンゲにしておく。粉ゼラチンは分量の水でふやかしておく。オレンジは食べやすい大きさに切る。

②鍋に卵黄、グラニュー糖、豆乳を入れて混ぜ、沸騰

もっとみる

20-21ローマユニ風ババロア誕生

昨シーズンの大変にイレギュラーなシーズンを終え、またヨーロッパにサッカーが帰ってきます。
もう明後日から9月なので、色々始まりますよ。
といっても、もう開幕しているところもありますし、CLなどのヨーロッパのコンペティションの予選は既に始まっています。

ローマでは、何名かコロナ感染者が出てしまっているので、前途多難ですが、よりいいシーズンにしてほしいところです。
それに、移籍関係の話題も尽きないの

もっとみる

シフォン失敗からの開き直り

シフォンケーキをいとも簡単に作られる方と、こじらせる方がいる気がします。私は紛れもなく後者です。随分前に連続2回失敗したことで心折れてから数年経過した一昨年の冬、再挑戦してまた失敗。その後ほぼ継続的に約5ヶ月、週末になるとシフォンを作っていましたが満足行く結果に至らず。平成の終わりとともに、シフォンとの戦いに幕を閉じました。

今回久しぶりにケーキ系を作る気分になったものの、シフォンを無視していい

もっとみる
大吉!
10

バヴァロアの基本の作り方

材料 7.5×4㎝のココット6個分
卵黄 2個
砂糖 50g(グラニュー糖がオススメです)
牛乳 250ml
生クリーム 50ml
板ゼラチン 5g
バニラ 2分の1本
生クリーム 70ml

バヴァロアの基本の作り方です。
フランスの伝統的なお菓子で、ソースアングレーズ(カスタードソース)
をゼラチンで固めた卵黄と牛乳のお菓子です。
卵の美味しさとなめらかな食感がバヴァロア醍醐味です。

ポイン

もっとみる