ノンストップライティング

カメラ初心者におすすめの機種3選~秋冬の行楽シーズンに最適~

フォトグラファーとしても活躍する私が、今までカメラ関連の記事書いてこなかったことは本当に不思議なことでしたが、時間的にも余裕ができてきたので、少し書いていこうかなって思います。

もともと学生時代からカメラや写真が大好きで、旅をしたり日常のスナップ写真を撮ったりしていたことは以前、noteでも紹介していました。

やっぱり旅先で好きな写真を撮ったりしながら有意義な時間を過ごすことはかけがえのない時

もっとみる
スキ・フォローして下さる方へのお礼が私の記事です😊
28

ノンストップライティング2回目

連日ですが今日もやってみたいと思います。
とうかできるだけ毎日やってみたいなと思ってます(頑張るつもりはない)

ではさっそくスタート!

まず開始するにあたって、酒祖少し飲んでしまっていることに公開してるんご。

wwwwww酔ってる自覚あるわwwwwww

おいといて、昨日の反省点を考えてみる。

機能は基本的に本能に忠実だったなと思う。ラーメンだのアイスだの熱いだのジメジメだの率直な感想ばか

もっとみる

はじめてのノンストップライティング

ノンストップライティングってご存じでしょうか?

読んで字の如くノンストップで書き続ける行為なのですが、
主な注意点は、「時間を設定する」「修正しない。」の2つです。
別に国際ルールが定められているわけでもないので自由にやるのが良いでしょう。知らんけど(これから挑戦してみようという段階なので・・・)

アウトプットの鍛練や、アイデアを出す力に良いとかなんとか。
モノは試しだという訳でさっそくやって

もっとみる

あの入道雲をまだ見てる

あの日、大空に描かれた入道雲。
覚えている。あの日誓った思いも、うきうき弾んだ心も。

景色はいつでも変わっていない。

あの時景色とマッチしていて好きだったメロディーの歌手は、麻薬の所持で逮捕された。

友達はみんな大人になった。
綺麗に撮れた入道雲の写真を見せたら、花火大会の話になった。
ファッションの話になった。男と女の話になった。

みんな忘れてしまっているんだ。
この青空の果てしなさを、

もっとみる

ノンストップライティング20200701

またやります。

前回こんなんでした。

ルール
●10分間頭に浮かんだことを書き続ける。
●誤字脱字、文法などは気にしない。修正もしない。

21:15 開始

またためしにやってみる。リーダーってむずかしい。のか状況が難しいのか分からない。いや両方なんだろうけど、どうしたらええねん祭りがすっと終わらないね。終わり見えないね。わりとぼーっとしてしまった日だけどこんなkとおっぱじめて何しているんだ

もっとみる
こんなこともあるもんなんですね

みんな自分が好き

それって素敵なこと。素晴らしいこと。

いいや、

だから孤独になった。
人に期待しなくなった。
人は去っていくことを知った。

みんな自分しか愛せないのだ。

恋人は?家族は?ペットは?

違う。
これもエゴだ。
自分が満たされるための材料だ。

そんなことないって?
人の為に動けるのはどうして?
親から受ける無償の愛?

それは本当に無償?

広くなった世界に殺されていく。
そして死に際に、知

もっとみる

僕はこれが嫌い

そうだ好きだ。
これが好きだ。

誰も何も見えていないこのときが。

見えている気になっているのはあんただけだ。

そうだ。
これを見せたいのも僕だ。
何もかも見せたくなる。
そしてこれを我慢しているのも僕だ。

我慢なんだろうか、我慢じゃなくて、ただの。

いつからか気づいた、
誰かがいつか気付いてくれるのを待っているだけなんだと。

我慢してるつもりだったものは実はたいしたものじゃなかった。

もっとみる

フィルター

君のマスクが覆っているのは、口元だけじゃないみたいだ。

「じゃね」

振り返ることなく、サラリーマンとすれ違いながら駅の階段を上っていく。

気だるそうな背中を見守って、煙草の煙と一緒に見えなくなった。

安ホテル特有の朝の喉に沁みる。

キスを求める君も、サヨナラを告げる君の先に僕は映っていない。
僕もきっと君を映せていない。

けれどまたいつかの次も、暗闇の中で隙間から差し込む朝日を見るんだ

もっとみる

ある程度、を抜け出して

家で過ごす日々が増えると、自分の日常がいかに充実していなく虚しいか身にしみる。
だったら何かしたらいいじゃないかとなるが、どうもやる気が起きない。

いかに自分が仕事が好きだったか分かる。
集中出来てやった分だけ認められ金を貰え、周りと競争し、仲間と仕事について語る。

けれど仕事が趣味とまではいかないのが中途半端だ。
ただ目的をもってタスクをこなす時間が好きなだけなのだ、きっと。

無趣味な自分

もっとみる

夢にのみこまれる

誰もが「あぁ、このまま醒めなければ良かったのに」と一度は思うはずだ。
一度とは言わずに、何度も。

夢の中で自分は存在意義のある「主人公」だ。
空飛ぶ夢も、戦ったり、恋したり、死んだり。

見る夢には深層心理が働いているともいわれる。
夢占いだって存在するくらいだし、見てみればやはり思い当たる節があったりもする。良いようにとらえたいという心理ももちろん働いているだろう。

例えば自分が死んでしまっ

もっとみる