人生、転職、やり直しゲーム 第1章

【堂々と手に持っている】

俺は堂々と金を手に持ったままでいた。
「鴨葱さん、お預かりします」

総務の役に立たない新人が俺を呼ぶ声が聞こえた。
「無能さ~ん!荷物、全部詰めました」

「それじゃあ、鴨葱さん。今日はこれで失礼します。
また、様子を見に来ますね。
何か困ったことがありましたら、携帯に電話ください」

「ああ、分かったよ。ありがとう」

俺たちパワハラパレスの社員は
ダンプの運転席と

もっとみる
頑張って書いて良かった!

人生、転職、やり直しゲーム 第1章

【ポケットに入れる】

俺は咄嗟にポケットに金をねじ込んだ。
「無能さん!ダンプに荷物全部詰めました」
「おう、終わったか。
それじゃあ、鴨葱さん。今日はこれで失礼します。
また、様子を見に来ますね。
何か困ったことがありましたら、携帯に電話ください」
「無能さん、分かったよ。ありがとう」
俺たちパワハラパレスの社員はトラックに乗って会社に引き上げた。

【俺が運ぶ】に続く

【このゲームの取り扱

もっとみる
あなたにも幸がありますように!
2

人生、転職、やり直しゲーム 第1章

【引っ越し】

俺は、
クーラーを効かせた車で会社に出向き、
自分の車を駐車場に置いた。
ダンプがスタンバイしていた。
既に集まっていた他の課の若い社員達に俺は言った。

「皆、休みの日にサビ残で引っ越しの手伝いをさせてすまない。
午後からの優順さんの家は延期になったから、
午前中の鴨葱さんの家だけ頼む」

総務課と設計課と建築課の若いヤツらと
会社のダンプに乗り込み鴨葱さんの家に向かった。

もっとみる
頑張って書いて良かった!
1

人生、転職、やり直しゲーム 第1章

【遺体】

普段はぎゃあぎゃあうるさいのに、
死ぬと静かだな。

俺はどうしようかと思案した。
勘太郎の死体をどこかにやらなくては。

でも、今日はいろいろあってだるい。
明日は、鴨葱さんの引越しの手伝いをしなくてはならない。
俺は、勘太郎の死体を玄関に置きっぱなしにして、
万年床で寝た。

夜中、俺は1つ目の巨大な鬼に首を絞められて殺される夢をみた。

「人類皆兄弟。お前の命は皆の物。
皆がお前

もっとみる
頑張って書いて良かった!
1

人生、転職、やり直しゲーム 第1章

【息子】

不動産仲介会社『温故知新』の社長が言うには、

ずっと前に、優順さんの息子さんから、
店舗を賃貸で借りる人がいないか、
探してくれと頼まれて、
ネットで広告を出した。

ずっと借り手が見つからなかったが、
ネットで人気のレトロな古道具屋が、
改装して良い条件なら、
大工さんを手配して、
リノベーションして使いたいと連絡があった。

優順さんとしては、
思い出がある店なので、
やはり、壊

もっとみる
励みになります!
1

人生、転職、やり直しゲーム 第1章

【キャッシュカード】

俺は弁当を食った後、
うたたねをしそうになって、
慌てて起きた。
そうだ、鴨葱さんのキャッシュカードで、
金を下ろして土地代にしたらいい。
一度に多額の現金を下すと、
オレオレ詐欺の受け子と間違われたら困る。
俺はあちこちのコンビニや銀行のATMから
9万円ずつ金を引き落とした。
とりあえず、合計90万円下ろした。

鴨葱さん、貯めてんなぁ。
まぁ、金は誰のものでもないから

もっとみる
スキ、ありがとう!

人生、転職、やり直しゲーム 第1章

【昼飯を我慢出来なかった】

俺はコンビニに駆け込んだ。

【コンビニ】に進む

【このゲームの取り扱い説明書を見る】に戻る

ありがとう、これからも頑張ります。

人生、転職、やり直しゲーム 第1章

【コンビニ】

コンビニのATMから、
鴨葱さんの流石銀行のキャッシュカードを使い、
9万円を下ろして、
弁当とお茶と野菜サラダとプリンを買った。
8万円を
俺の銀行口座に入金した。
これで、クレジットカード決済の引き落としができる。
サラ金の方も早くなんとかしないと、
また督促電話がかかってくる…

【キャッシュカード】に進む

【このゲームの取り扱い説明書を見る】に戻る

あなたにも幸がありますように!
1

人生、転職、やり直しゲーム 第1章

【コンビニ】

19 コンビニのATMから、
鴨葱さんの流石銀行のキャッシュカードを使い、
9万円を下ろして、
弁当とお茶と野菜サラダとプリンを買った。
8万円を
俺の銀行口座に入金した。
これで、クレジットカード決済の引き落としができる。
サラ金の方も早くなんとかしないと、
また督促電話がかかってくる…

【キャッシュカード】に進む

【このゲームの取り扱い説明書を見る】に戻る

どうもありがとう!

人生、転職、やり直しゲーム 第1章

【昼飯を我慢した】

ダイエットと思って我慢しようと思ったが、
会社に戻ると、
菅四輝が美味そうに弁当を食っていた。
俺の机まで肉の匂いが漂ってきた。

おれの理性は吹っ飛び、
コンビニに駆け込んだ。

【コンビニ】に進む

【このゲームの取り扱い説明書を見る】に戻る

頑張って書いて良かった!
1