『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(ネタバレあり)感想

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を公開初日と年明けに、計2回、観てきました。

公開からちょうど1ヶ月が経ったところでもあるので、ネタバレ全開で感想を書いていきたいと思います。

まず、率直に「好き」か「嫌い」かで言うと、私は好きでした。
「肯定派」か「否定派」かで言えば、肯定派です。
でも、賛否両論あるのもすごく分かるし、私も、細かく刻んでいくと言いたいことがめちゃめちゃあります。

もっとみる
ありがたき幸せ!
3

劇場版仮面ライダージオウ  OverQuartzer感想(ネタバレしか無い)

ジオウ感想
・お前出てくんのかよ!!!!!×4
・半分ギャグ半分シリアス
・クォーツァーそこまで正体明かされなかった
・ゼロワンがゾンジスを隼のフォームで倒す
→ショッカーがライダーを倒す
・平成の最終回
・春映画のリベンジ
・ウォズの物語
・民衆がカッシーンに立ち向かうのが、信長の家臣の意思が未来に受け継がれるメタファー
・ジオウはメタフィクションを世界観に混ぜるのが得意
・ライブラリ音声?多少

もっとみる

転がる岩は上れない

耐え切れないので、書いていいですか。
ポン・ジュノ監督のパラサイトについて。

以下ネタバレます!(USと母なる証明もバレします)

この間、観に行きました。

色々言われているのが、パラサイトは韓国の貧困を描いて、万引き家族は日本の貧困を描いて、ジョーカーはアメリカの貧困を描いて。あとは家族を想うときとか、天気の子、USなんかも引き合いに出されてる。

まぁ万引き家族と家族を想うときは観れてない

もっとみる

今あえて、ほぼ日創刊時の本をおススメする!

「ほぼ日刊イトイ新聞の本(2004年加筆版)」 読書感想文

 本書は、1998年に開設された「ほぼ日刊イトイ新聞」(ほぼ日)の早すぎる社史(著者談)として2001年に発刊されたものに、2004年第八章を加筆して刊行されたものだ。

 すでにひと昔以上前のインターネットに関する本だが、今読んでもものすごく参考になる。いや、今読むからこそ俄然面白い!

 本書の面白さの一つは、インターネットが何

もっとみる

『パラサイト 半地下の家族』:山水景石と餃子スープ

先日、最近話題になっている映画『パラサイト 半地下の家族』を観て、ふとある思い出が蘇りました。

以前、とても仲が良かった友達の家族から、夕飯に呼んでもらった事があります。

彼の家は都内のど真ん中に建つ一軒家の二世帯住宅で、父親は大企業の管理職/母親は専業主婦という、絵に描いたような裕福な家庭。
両親共働き、狭いアパートの一室に7人+ネズミの団体で暮らしていた私の家庭とは、まさに月とスッポン。

もっとみる

【SW9】映画観てきやした【ネタバレ注意】

久方振りです。昨晩、スターウォーズの映画観てきました。最新作です。ぬはははは。

幾つか喋りたい事があったのですが、何せネタバレにネタバレを重ねる事になりますので、こちらで。

アホの戯れ言

アホの戯れ言やと思って聞き流してください。

なんか、あの、雑に言ったら2つのグループが戦ってたじゃないですか。でね、吉田松陰か誰かが「戦の勝敗は物資と、人員と、人員の戦闘意欲っぽいやつで決まるよ~~~」み

もっとみる

ファミリーネーム「スカイウォーカー」を選ぶということ

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け 映画鑑賞感想

 スターウォーズは問う。
 「スカイウォーカーは何処にいるのか」と。

◼️ 平和創国時代の到来

 「スカイウォーカーの夜明け」で、シスとの戦いの後、レイはあの懐かしいタトゥーウィンに居た。レイはかつてルークの住んでいた家のそばに2本のライトセーバーを埋める。もう武力で平和を守る時代は終わることを象徴するシーンだ。それは、レイの居る銀河

もっとみる

「スカイウォーカーの夜明け」と「ジェダイの帰還」 クライマックス・シンクロニシティー

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」(1/10鑑賞)映画感想
JJエイブラムスは、やってくれた! 古きSWファンに語る。
※クライマックスに関して書いてます

SW最終作はしっかりと「オリジナル」に立脚した作品になっていた!

 SWシリーズ「フォースの覚醒」「最後のジェダイ」はSWだか何だか分からない作品になっていたと感じていた。「ニューホープ」「帝国の逆襲」「ジェダイの帰還」オリジナ

もっとみる

令和・スカイウォーカー

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」映画感想

エンタメを超え神話になったスターウォーズ

 壮大な銀河ドラマから大河ドラマへと変容し神話になったSWは、この時代において大きな影響力を持つと見るべきだ。なぜなら、世界中で多くの若者がSWを何度も観て心に刻み、ジェダイの教えから多くの教訓を学び、自分の価値観に反映させるからだ。

 逆に、世界中から多くの人の強烈な思念が寄せられながら完成し

もっとみる

むかしむかし銀河のはるか遠くが、令和2年の日本と繋がる瞬間!

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」映画評 
〜 最終作「スカイウォーカー・・・」は、様々な暗示を含む凄い作品だった! 〜

もっとみる