データエンジニアリング

+1

デジタル・トランスフォーメーションとデータエンジニアリング - データの重要性を理解する -

Slalom Tokyo Data & Analytics チーム Senior Consultant : 權 泳東 (コン・ヨンドン)がデジタルトランスフォーメーションとデータエンジニアリングの関係性について解説記事を公開しました。(リンク先も日本語でお読みいただけます。)こちらのNoteマガジンからもリンクに飛べるように記事を作成していますので、是非以下のリンクをクリックしてご参照ください! 【記事本編より抜粋】  今、日本で話題のデジタル・トランスフォーメーション、

スキ
6
+8

CSチーム立ち上げと同時期に発足した、SREチームで取り組んだこと

※本記事は2020年10月30日に作成されたblogを一部修正の上、再掲しています  こんにちは。  troccoのSRE兼エンジニア兼CSを担当しております百々と申します。  前回は「CS経験0のエンジニアがCSチームを立ち上げるまで」というタイトルでCSチームの立ち上げの話をさせていただきましたが、実はCSチームが生まれたタイミングとほぼ同じくらいにSREチームも立ち上がりました。本日はSREチームの取り組みの概要をご説明出来ればと思います。 概要 まずtrocco

スキ
6
+2

ワークフロー機能を2ヶ月でリリースした話

※本記事は2020年10月9日に作成されたblogを一部修正の上、再掲しています こんにちは。 troccoでソフトウェアエンジニアを担当しております中根と申します。 本日は、私が開発リードを担当しましたワークフロー機能をリリースするまでの過程についてご紹介します。 経緯ワークフロー/ジョブ管理といえば、Aiflow(CloudComposer), Digdagをはじめとして多くのOSSやサービスが存在しますが、デファクトとまで言えるようなものはまだないのが現状と思われま

スキ
11
+6

CS経験0のエンジニアがCSチームを立ち上げるまで

※本記事は2020年9月15日に作成されたblogを一部修正の上、再掲しています  こんにちは。  troccoのSRE兼エンジニア兼CSを担当しております百々と申します。  本日はエンジニアがCSチームを立ち上げる上で気をつけたポイントをご紹介いたします。  背景 弊社では今年の1月からクライアント様とのコミュニケーションを強化するためにCSチームを立ち上げることとなりました。その当時trocco®のSREやエンジニアを担当してぬくぬくと開発をしていた私ですが、何とか

スキ
5
+16

オフィス紹介#2 primeNumber 目黒オフィスのご紹介

※本記事は2020年6月1日に作成されたblogを一部修正の上、再掲しています 株式会社primeNumberコーポレートコミュニケーション室です。 前回ポストでは、2020年4月20日にオープンした新オフィスまでの道のりやオフィスビルの外観・周辺環境などをご案内しました。2回目となる今回は、オフィスの中の様子をご紹介します! primeNumberでは6月からリモートワークを併用しつつ、一部、真新しいオフィスでの仕事も始めています。 弊社での仕事に興味を持っていただける方

スキ
3
+5

リモート開発合宿を実施しました

※本記事は2020年5月21日に作成されたblogを一部修正の上、再掲しています CTOの鈴木です。 弊社では、年に数回の開発合宿を実施しています。 今回はGW前の2020年4月27日(月)〜5月1日(月)にフルリモートでの開発合宿を行いましたので、そのレポートを公開します。 開発合宿の目的過去の開発合宿を振り返ると、通常業務から離れて普段触れない技術を触ったり、新規事業開発を目指して短期間でモックを仕上げたりするなど、合宿のテーマはそれぞれでした。 弊社は事業のテーマと

スキ
4
+12

オフィス紹介#1 primeNumber 目黒新オフィスへのご案内

※本記事は2020年4月20日に作成されたblogを一部修正の上、再掲しています 株式会社primeNumberコーポレートコミュニケーション室です。 このたび、弊社は業務拡大のため、これまで利用していた本社および中目黒hack officeを統合し、2020年4月20日に新オフィスをオープンいたしました。 現在は、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、全社員がリモートワークで仕事をしていますが、今後、新たなオフィスで仕事をすることを楽しみにしています。 所在地の住所や

スキ
3

trocco®︎におけるフロントサイドのリプレイス

※本記事は2020年3月17日に作成されたblogを一部修正の上、再掲しています エンジニアの中根です。 trocco®︎のフロントサイドのリプレイスを現在進行形で行なっているので、ご紹介させて頂きます。 背景trocco®︎のサーバサイドはRuby on Railsで実装されています。 これまでインフラ基盤へのkubernetesの導入などサービスのグロースに合わせた対応は随時行ってきました。 一方でフロントサイドに関しては、テンプレートエンジン直書きのJavaScri

スキ
5

primeNumber(プライムナンバー)、note始めました

 はじめまして。primeNumber(プライムナンバー)です。  記念すべきnote初投稿です。  今日は、primeNumberの自己紹介や、noteを始めた理由、何を書くのか、誰に読んで欲しいのかについて、お話します。 primeNumber自己紹介 我々は、「あらゆるデータを、ビジネスの力に変える。」データテクノロジーカンパニーです。データが爆発的に増えていく時代に、誰もがすばやく、簡単にデータを使える環境を構築し、データ活用までのプロセスを最適化。高度なテクノロジ

スキ
21