テレコンテンツ

テレコンテンツ ROOM228:DO NOT DISTURB:起こさないで下さい(ニューヨーク・アメリカ)

海外のエスケープルームのストーリー性、これはオンラインに限らずなのですが、日本のコンテンツと表現が少々異なります。

日本の謎解きでストーリーにも力を入れているというこんてんつですと、

【OPイベント】→【前説】→【ゲーム】→【後解説】→【EDストーリー】

この構成で、ストーリーをしっかり見せた上で前説でも設定等を補足したりといったように、丁寧に解説付きで進めてくれます。

一方で海外のエスケ

もっとみる
ありがとうございます!これからも頑張ります!!

海外エスケープルーム 国別 ジャンル別 プレイ備忘録

海外のエスケープルームを15コンテンツやってみると、ジャンルとか傾向が見えてくるような気がします。

ジャンルでいえば、例えば一昔前の謎解きイベントではとりあえず爆弾が出てきて残り60分のイメージだとか、ルーム型はホラーが多そうだとかありましたが、実際のところはどうなのでしょうか。

15コンテンツの国別内訳

まずは国別の内訳はこちら。

全体的にヨーロッパが多いです。その中でもオランダがトップ

もっとみる
ありがとうございます!これからも頑張ります!!

海外エスケープルーム 15公演プレイして得られた数字的な話

ここ1ヶ月半くらいで、海外のオンラインエスケープルームに挑戦した数、15コンテンツ。そこそこやったなあという感じ。

そんな中、なんとなくですが見えてきた物があります。本日では簡単ですが、それについて走り書きをしてみましょう。

参加人数は何人?

海外のエスケープルーム、私が体験したコンテンツのデスと次の様な結果が得られました。(いずれもそのコンテンツが最大で収容可能な人数です)

最大値:10

もっとみる
ありがとうございます!これからも頑張ります!!

謎解きイベントのエンターテイメント性って何だろう殴り書き(ラトビアRealQuest編)

面白いって何だろう?

コロナ禍でリアルイベントが開催されなくなって、代わりにオンラインのコンテンツが増えてきました。結果としてだけれども、これまで体験するのが難しかった海外のコンテンツを味わうチャンスが到来したわけです。

海外のコンテンツを体験しているうちにわかったこと、国が違うと文化が違う。頭では分かっていたし、いくつか海外のコンテンツを体験してもいたので分かっていたつもりだけれども、こうし

もっとみる
ありがとうございます!これからも頑張ります!!
1

テレコンテンツ Strange Office:奇妙なオフィス(ラトビア)

昨日我々がプレイしたルーム(Abandoned research complex)、そこで出会った彼女は、本当に存在するのだろうか。

それを確かめるため、我々は再びラトビアのエスケープルームを予約した。

私達は、また彼女に出会うことはできるのだろうか……。

公式サイト

ストーリー

(公式サイトの記載情報を意訳)
大企業の社長が謎の失踪を遂げた。
オフィスに残されているのは奇妙な暗合。

もっとみる
ありがとうございます!これからも頑張ります!!
1

テレコンテンツ Abandoned research complex:放棄された研究施設(ラトビア)

すごいギミックとかリアルな作り込みだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……

公式サイト

ストーリー

(公式サイトの記載を意訳)
研究所の事故により危険なウイルスがもれ、人類は滅亡の危機に直面していた。

貴方は幸運にも生き残った人類の一人。廃墟となった研究所からワクチンを入手するのだ。しかし事は簡単には進まない。なんと、研究室の自爆システムが発動

もっとみる
ありがとうございます!これからも頑張ります!!
2

テレコンテンツ オンラインマーダーミステリー「SORCIER-賢者達の物語-」

ここ一年で一気に知名度をあげた感があるマーダーミステリー。しかしコロナ禍の影響で、リアル店舗では開催しづらくなっています。そんな中、オンライン上で実施できるマーダーミステリーがぼちぼちとでてきました。

 「SORCIER-賢者達の物語-」もその1つです。元々リアルでやるジャンルがオンランになるとどうなるのでしょうか。

公式サイト

あらすじ

(公式サイトより引用)
 魔法の国ヘクサ王国で起き

もっとみる
ありがとうございます!これからも頑張ります!!
2

テレコンテンツ The House of Wizard(魔術師の家)リトアニア

魔法を使ってみたい!そういう想いを一度はしたことあると思います。いま世界にある技術を使えば、魔法に近い体験は可能。また、怖くもないので万人が楽しむことができるので、魔法をテーマにしたコンテンツはエスケープルームの中でも人気のジャンルですね。

公式サイト

ストーリー

(公式サイトの内容を意訳)
不死のポーションを探しに魔術師の館に忍び込もう。
館の主が戻ってくるまで1時間。
見つかってしまうと

もっとみる
ありがとうございます!これからも頑張ります!!
1

テレコンテンツ The Cruse of the CABIN in the Wood(ある森の中の小屋の呪い:オランダ)

海外のエスケープルームの定番ジャンル「ホラー」。怪異から逃れるという目的も明確で、雰囲気作りもやりやすく、人気も高いジャンルです。今回ご紹介するのもど定番な内容でした。怖くはないよ。

※本コンテンツは海外接続の問題が発生しました。日本からプレイされる場合は、VPNをオランダのサーバーに貼るなどの準備が必要です。ご注意下さい。

公式サイト

ストーリー

(公式サイト記載情報を意訳)
 森の中で

もっとみる
ありがとうございます!これからも頑張ります!!

海外コンテンツのはまり方(ばっどこねくしょん編)

さて本日は、海外オンライン公演あるあるの接続できない問題なお話。

注意1:アプリ表記がない時

 予約前にサイトをよくみておけば、その公演が何のアプリケーションを使うか分かります。多いのはZoomです。たまにGoogle Meet系やSkype。まあこの辺りならば、使ったことあるから大丈夫。

 だけれどたまに、何も表記されていない場合があります。その時は要注意。ブラウザ上で動く独自ツールだった

もっとみる
ありがとうございます!これからも頑張ります!!