テルグ語

インド🇮🇳 ヨーグルト ダヒ

インド🇮🇳 ヨーグルト ダヒ

インド🇮🇳 ヨーグルト ダヒ ダヒはヒンディー語で水牛のヨーグルトのこと。 英語ではCurd(カード)と言う。 ダヒは主にインドとネパールで食される。 飲み物のラッシーはダヒに砂糖と水を入れて作る ベンガル語はドイ (doi)、タミル語はタイール (thayir)、テルグ語はペルーグー (perugu) と呼ぶ 終わり(完)

100
頑張れることも才能だ

頑張れることも才能だ

最近時間だけはあるのでテルグ語も勉強している。 南インドの言語で、残念ながらこの地域でしか使われていないが九千万人位の話者のいる言葉。 నేను ఈ రోజు ఇంటిలో ఉన్నాను 私は今日家にいます とか書いて喜んでるの。 最近、『何かに頑張れる』というのは才能ではないかと思うようになった。私は外国語の勉強とか、大して面白くないホラー映画を観ることとか、長文を書くことは頑張ってる意識は無く続けられるが、片付ける、掃除する、興味の無い事に集中する、目上の人を無条件に

9
Srinivasa Kalyanam(Marriage of Srinivasa)

Srinivasa Kalyanam(Marriage of Srinivasa)

Srinivasa Kalyanamは2018年に公開されたテルグ語のロマンス/ドラマ映画。主演はニティン、そしてヒロインにはラアシ・カンナが起用された。 あらすじ ヴァスは故郷から離れて都市で建築家として働いており、結婚など伝統的な儀式を大切にするべきだと考えていた。ある日、色々なところでアルバイトをして生計を立てていた女性スリデヴィと出会い、恋に落ちる。両親に挨拶に行ったところ、スリデヴィの父親は大企業の社長であることを知る。スリデヴィの父親は人生においてビジネスを大

Chi La Sow(Bride to be)

Chi La Sow(Bride to be)

今回紹介するのはインド南部のティランガナ州、アンドラプラデシュ州で話されているテルグ語の映画です。日本では勿論知られていない映画だと思いますが、インドの「お見合い結婚」に対する理解が深まるロマンス映画です。ヒロインを務めたルハニ・シャルマがこの作品で南インド映画の新人女優賞にノミネートされました。 あらすじ アルジュンは彼女の居ない独身の若者。結婚適齢期を迎えて両親からの圧力に悩まされていた。アルジュン自身はまだ結婚に興味はなく、いつか一人でヨーロッパを旅することを夢見て

河童のチャンペイ(テルグ語)

河童のチャンペイ(テルグ語)

「僕は三平」 「チャンペイ!」 「君は?」 「カッパッパ!」 岩屋の奥、天井から水滴が落ち続けている。 足元には無数の大きな両生類めいた骨。 そこで僕は鎖で縛り付けられた河童と出会ったー ◆●◆ 祖父が死んだ。 その報を聞き僕は帰郷した。 祖父は僕にとても優しく、いつも河童の話をしてくれた。 後に知ったが祖父は世界的河童研究の第一人者だった…らしい。 国際河童学会、そこでは河童の分類、各地の伝承、文化人類学的研究をしている。祖父は河童の言語研究の慧眼の士だった。

21