タイキシャトル

+5

【スコーピオ杯】ラウンド1初日の環境【ウマ娘】

いよいよ始まりました、スコーピオ杯本番。 今日は祝日とあって皆さん本番開始直後からプレイされている方も多いんでしょうね。 マッチングがとにかく早い早い(笑) かくいう私もこの日を非常に楽しみにしていましたので、早速ラウンド1初日の20戦を戦ってきましてその結果と、実際の本番はどのような環境だったのかの所感をまとめていきたいと思います。 まずトータルの結果としては20戦12勝となり、ラウンド2のAグループ進出を決定することが出来ました。 詳細は3勝、5勝、1勝、3勝で、ラウ

スキ
2
+4

【スコーピオ杯】最終追い切りと本番展望【ウマ娘】

本日はチャンピオンズミーティング「スコーピオ杯」に向けて、出走予定バの最終追い切り(仕上がり具合)の確認と本番への展望です。 今回も因子作りから本育成と、約1ヶ月間に渡り頑張って仕上げてきました。 仕上がり具合は「100%完璧!」とまでは行きませんが、自分なりには総じて9割以上は納得のいく出来にはなりました。 出走予定バは、まずは勿論うちの厩舎のエース ・メジロマックイーン(逃げ) と、前回ライブラ杯からサブエース枠に就任した ・メイショウドトウ(差し) と、今回のレース

スキ
3

挨拶

こんにちは。タイキシャトルが大好きです。 高専から国公立大学の編入試験を無事に終え、その体験記を記していこうと思っています! 主に自分が行った勉強方法や過去問の解答例を公開していく予定です!個人の見解を多く含むため、あくまで参考程度に確認して頂けると幸いです。 noteを初めて利用するので、不慣れなところはありますが楽しんで投稿していきます!よろしくお願いします!

スキ
1
+5

ウマ娘で学ぶ競馬史 #18 沈黙をこえて(1998)

みなさん、ウマ娘やってます? 僕は秋華賞と菊花賞で負けました。(ウマ娘とは) それにしても、あれだけ人気してたソダシが3着にすら入らないなんて。改めて「競馬に絶対はない」を思い知りましたね。 もしも○○だったら。そんなたらればは競馬につきものですが、中でも最も多く語られてきたであろうたらればが、今回紹介するレースです。 日本競馬の未来を変えてしまった一戦。 儚き逃亡者と、それに運命を狂わされた者達のお話。 ↑前回 二冠季節は本格的に秋に変わり、迎えた牝馬三冠路線最

スキ
18
+13

ウマ娘で学ぶ競馬史 #17 最強世代 (1998)

みなさん、ウマ娘やってます? と言いながら今回も競馬の話をします。 そろそろこのフレーズ変えた方がいいな。 僕が凱旋門賞で500円を溶かした裏でフォロワーさんがビギナーズラックで80万儲けてたので、今後自分の身に何かあったらあの人にすがろうと心に決めました。 日本馬は今年も惜しいどころか惨敗でしたね。壁は高いです。むしろ今までよく4回も2着取れましたよね。 今回紹介するのは凱旋門賞で日本馬初の2着となった伝説の馬の世代。 いよいよですね。 史上最高クラスに熱い時期の

スキ
17
+32

「ウマ娘」では覆面美少女!日本の競馬ファンが夢を見たエルコンドルパサーの凱旋門賞挑戦を「東スポ」で振り返る

 次の日曜日はいよいよ凱旋門賞。今年も2頭の日本馬がチャレンジする世界最高峰のレースです。今回は、ワールドレベルになった日本競馬がどうしても届かないその頂に、最も早く、最も近づいたエルコンドルパサーの凱旋門賞挑戦を「東スポ」で振り返ります。「ウマ娘」ではアメリカ生まれの帰国子女で、アニメでも海外に殴り込みをかけた〝ターフを舞う怪鳥〟は1999年、欧州への長期遠征を敢行しました。覆面の下に隠された美フェースも話題のエルちゃんのリアルとは…。(文化部資料室・山崎正義) 凱旋門賞

スキ
164
+5

ウマ娘で学ぶ競馬史 #16 革命前夜 (1997)

みなさん、ウマ娘やってます? 見出しのタイキシャトルのかわいさに釣られてやってきた人もいると思うので、一応企画説明しときます。 ウマ娘で競馬を学ぼう!ってことで、1983年から今やってる競馬までを徹底解説していくというやつです。そういうやつです。 #16って書いてるけど変なナンバリングしちゃった回があったのでこれで18回目です。ちなみにエアシャカール回でもっかいそういうナンバリングするので完結した時には話数+3〜4になってると思います(予告) 突然ですが、ウマ娘ハマっ

スキ
34

競馬歴のつづき(1998年)

競馬歴、今日は1998年について書いてみたい。 前回は1997年について書きました(↓) 97年は記憶に頼ってすらすら書けたのだが、 98年は記憶に陰りが・・。 だいぶネット検索で記憶を補填・・。 まさかG1勝利がこれだけに終わるとは・・サイレンススズカ。 サイレンススズカとは馬券の相性がよかった。 ぶっちぎりの金鯱賞。サイレンススズカがゴール板を過ぎてから1.8秒後・・。 「・・えーと、、2着は、、よーしよし、ミッドナイトベット!」 ・・馬連的中。 ・・あの

スキ
3

競馬歴のつづき(1997年)

「競馬」というものを認識した出来事(ダービー記念切手を手に入れた)から、競馬にハマっていった時期(95〜96年にかけて)は、先々月に記事を書いた。 今日は、そのつづきとして、1997年あたりの思い出の馬や、レースについて思い出しながら書いてみたい。(極力、自分の記憶だけに頼ってまずは書いてみます)。 これはもう、フロックでもなんでもなぁぁぁいぃ!!1997年といえば、このレースに尽きると言ってもいいぐらい、思い出のレース。 サニーブライアンが二冠を達成した第64回日本ダ

スキ
4
+28

悲願のサマー!「ウマ娘」でもおなじみの〝史上最強マイラー〟タイキシャトルの偉業を「東スポ」で振り返る(withシーキングザパール)

 23年前のちょうど今ぐらいの時期、夏休みムードも吹き飛ぶ競馬ファン歓喜のニュースがフランスから飛び込んできました。日本調教馬による海外GⅠ初制覇――「ウマ娘」にも登場するタイキシャトルとシーキングザパールが世界に風穴をあけたのです。今回は、あのお盆の熱狂を、「この馬が負けることがあるのだろうか」とも思わせたパーフェクトな最強マイラー・タイキシャトルの生涯を中心に「東スポ」で振り返ります。極めて日本的な優等生ながら「ウマ娘」で金髪のアメリカンであるように、同期の才女・シーキン

スキ
209