スプリングボクス

ドウェイン・フェルミューレン、新型コロナに感染。

アルスターの新戦力であるドウェイン・フェルミューレンは、新型コロナの陽性反応が出た後、自己隔離されています。 ワールドカップで優勝したスプリングボックのフォワードは、南アフリカの秋季テストとバーバリアンズのサモア戦の後、新しいチームメイトと合流する予定でした。 しかし、バーバリアンズの試合は、キックオフの90分前に選手の間で新型コロナの感染者が出た為中止となり、35歳のセカンドロー、フェルミューレンも陽性反応を示しました。 アルスターは、12月4日にユナイテッド・ラグビ

スキ
3

南アフリカ代表ハンドレ・ポラードが、日本行きの噂。

シャークスは、スプリングボックのフライハーフであるハンドレ・ポラードの獲得を日本のクラブと争っていると報じられています。 ポラードのモンペリエとの契約は、現在の2021-22年シーズンで終了します。 日本のチーム(未確認)とシャークスが彼の獲得に乗り出しているとの事です。Rapportによると、ポラードは日本でラグビーをする可能性が高いとのことですが、Sharksはまだ彼を説得できると信じているようで、 「彼がシャークになるという希望はまだあるかもしれない」と関係者はR

スキ
6

南アフリカ代表、ファフ・デ・クラークが負傷により5ヶ月の離脱

南アフリカは、ファフ・デ・クラークが負傷により5ヶ月の離脱を余儀なくされるというニュースを受け、オータムシリーズの展望に大きな打撃を受けました。 英紙デイリー・メールによると、スプリングボクスとセール・シャークスのスクラムハーフは、ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズとの第2回テスト以来闘ってきた股関節の負傷のため、手術を受けることになりました。 ワールドカップで優勝した30歳のスクラムハーフは、この問題を抱えたままギャラガー・プレミアシップのタイトル争いをし

スキ
9

ラッシー・エラスムス、ついにワールドラグビーからの聴聞会の日程が決定。

南アフリカのラグビーディレクター、ラッシー・エラスムスは、今月末に行われる不正行為の告発をワールドラグビーが発表したことで、ついに懲戒審問を受けることになりました。 エラスムスは、今夏のスプリングボクスのブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズとのシリーズ戦で勝利した際に、第2テストでの審判のパフォーマンスを批判する1時間のビデオを公開し、起訴されました。 SAラグビーも不正行為で起訴されており、独立したヒアリングが10月30日、31日の週末に行われる予定です。

スキ
3

スプリングボクスのキャプテン、シーヤ・コリシがアルコールとの戦いを明かす。

刺激的なスプリングボクスのキャプテン、シーヤ・コリシが、過去2回のワールドカップの間のアルコールとの戦いについて明かしました。 コリシは、貧困から立ち上がり、南アフリカのラグビー代表チームを2019年に日本で開催されたワールドカップ3度目の優勝に導いたことを網羅した公式伝記を発表したばかりです。 しかし、その4年前には、2015年のワールドカップ・イングランド大会では、チームでのプレー時間がほとんどなく、プール戦ではベンチからわずか2試合しか出場しておらず、悪魔との戦いに

スキ
11

ゴールドコーストでのスプリングボクスへの敗北は、魂を揺さぶるものでした。

OPINION: シーヤ・コリシ率いるスプリングボクスは、ゴールドコーストでオールブラックスを31-29で破ったことで、オールブラックスに恩返しをしたのかもしれない。 しかし、今の所、ニュージーランド人はあまり感謝していないでしょう。チューリップ畑のように色鮮やかな彼らの傷ついたプライドを癒すために。 土曜の夜の敗北は、間違いなくアメリカ、ウェールズ、イタリア、アイルランド、フランスとのテストにオールブラックスが北半球に向けて出発する前のサンシャインコーストでの春休みに水

スキ
4

All Blacks player ratings: アーディー・サヴェア、ジョーディー・バレットが活躍。

オールブラックスは、ゴールドコーストでスプリングボクスに31-29で敗れ、ラグビーチャンピオンシップのキャンペーンを終了しました。 このテストでオールブラックスは3つのトライを奪いましたが、南アフリカの強靭なパックにプレッシャーを感じていました。 では、101回目となるライバル同士のテストでの、Stuffの選手評価をご紹介します。 ジョーディー・バレット: 様々な意味で、またしても試合を決めそうになった。オールブラックスのリスタートからボールを奪い返した数秒後に、大きな

スキ
6

<ラグビー>ザ・ラグビーチャンピオンシップ最終週(アルゼンチン対ワラビーズ,スプリングボクス対オールブラックス,各第2テストマッチ)結果

アルゼンチン17-32ワラビーズメンバーを紹介。 ワラビーズ:( )内はキャップ数。 ジェイムズ・スリッパ-(109)、フォラウ・ファインガア(20)、タニエラ・ツポウ(34)、アイザック・ロッダ(29)、ダーシー・スワイン(8)、ピート・サム(14)、マイケル・フーパー(114,キャプテン)、ロブ・ヴァレティニ(13)、ニック・ホワイト(42)、クエード・クーパー(73)、アンドリュウ・ケラウェイ(8)、サム・ケレヴィ(37)、レン・イキタウ(8)、ジョーダン・ペタイア(1

スキ
7

ロビー・ディーンズ、リッチー・モウンガはスプリングボクスのディフェンスを解除する鍵になると話す。

ロビー・ディーンズは、ゲーム関係者が心配すべきはスプリングボクスのゲームマンシップ(反則すれすれの,または心理作戦に基づく)であり、オールブラックスに対するキック&スフォロート戦術ではないと語っています。 元オールブラックスのフルバックであるディーンズは、2008年から2013年までワラビーズの監督として14回にわたりスプリングボクスとの対戦を画策しましたが、先週末にタウンズビルで行われたオールブラックスとのテストを激戦にした世界王者の保守的なゲームプランへの批判は杞憂であ

スキ
5

<ラグビー>ザ・ラグビーチャンピオンシップ(オールブラックス対スプリングボクス)第2テスト,プレビュー

スプリングボクス対オールブラックス 日時:2021年10月2日(土)20:05キックオフ 場所:シーバススーパー・スタジアム,ゴールドコースト レフェリー:マシュウ・カーレイ(イングランド) アシスタントレフェリー1: ダーモン・マーフィー(オーストラリア) アシスタントレフェリー2:アンガス・ガードナー(オーストラリア) TMO:ジェイムズ・レッキー(オーストラリア) オールブラックス:( )内はキャップ数 ジョー・ムーディ(53)、コーディ・テイラー(63)、ネポ・ラ

スキ
6