タイの歴史

皆さんこんにちは。おうち本格タイ料理「スースーデリ」です。タイの歴史についてお話させていただきます。

タイ族の故郷は、中国の南部だと考えられています。タイ族は、農業の出来る土地を求めて南下を続けていました。タイ族が南下を続ける6世紀ごろ、タイ領ではバンコク西部のナコンパトムを中心に、タイで最初の大国ドヴァーラヴァティ国が誕生しています。

東インドから移住してきたオーストロ・アジア語系のモン族が

もっとみる
スキありがとうございます!コープンカー!
3

タイ北部スコータイ新市街の夜/サタデーナイトマーケット&チャイニーズフェスティバル!

〇スコータイ新市街のサタデーナイトマーケット

私が宿泊するユースホステルの前の通りでは、土曜日の夜だけなんとナイトマーケットが開かれるとのことでした。そんなことも知らずに、たまたま土曜の夜にスコータイを訪れ、しかもその宿泊するホテルの前の通りでナイトマーケットが開かれると言う偶然に恵まれ、本当にラッキーと言うか、計算したかのようなグッドタイミングで初めてのナイトマーケットを経験をすることが出来ま

もっとみる
いつもありがとうございます。
5

タイ北部スコータイ新市街で見つけた居心地の良いユースホステルに宿泊!

〇スコータイ旧市街から新市街への移動

タイ北部スコータイにて遺跡を観た後は新市街に(下の地図では西から東に)移動しますが、今回はソンテオと呼ばれる小型のローカルバスを利用しました。フィリピンではジプニーと呼ばれる乗り物がこれに該当するかと思います(余計に分からなくなった方も居るのかも知れません)。

ソンテオ(下の写真)は、トラックやバンの荷台を人が乗れるように改造した乗り物なので、日本では認可

もっとみる
ありがとうございます。
5

【タイ スコータイ】2010年1月5日 長旅の疲れを癒やす日

スコータイ 2日目

ドイツを旅立ってから、今日で19日目になる。
1日ものんびりすることなく、とにかくあちこち行き、歩き続けた日々。
そろそろ疲れが溜まってきた。
今日はどこ行こうか、ずっと考えていた。

タークやサーサッチャイ公園、カンペーン、ピサヌロークなど行くべきところはたくさんあった。

しかし、今日はどこにも行かないことにした。

スコータイは静かなのんびりした街だ。
この街でゆっくり

もっとみる
嬉しいです!
3

【タイ スコータイ】2010年1月4日 スコータイで感じるタイとカンボジアの格差

ピサヌロークに到着!!

昨夜21:00頃出発した列車が、目的地のピサヌロークに着いたのは、定刻より2時間遅れの朝7:30だった。
さて、ピサヌロークは9年前も来たことがある街だ。
当時は、まだ大学生ではじめての海外一人旅だった。
確かこの街は、あまり英語が通じなかった記憶がある。
しかし、今回の目的地はここではない。

目的地は、ピサヌロークからバスに乗って行くことができるスコータイという街だ。

もっとみる
嬉しいです!
ありがとうございます!

スコータイ県サワンカローク郡の地図

サワンカロークは、中華系タイ人の街です。

✅国鉄サワンカローク駅
✅長距離バス発着所
があり、
✅スコータイ空港
からも近いです。

🏛スコータイ歴史公園 と
🏛シーサッチャナーライ歴史公園
の中間地点にあり、どちらに行くにも便利です。

ぜひお立ち寄りください。

もっとみる
コーックンカップ!
1

見応えしかない

2019 4月17日

昨晩泊まったリゾート

広いし雰囲気ええしバスタブあるし
なにより誕プレリゾートとゆうのがたまらない!笑

お母さんありがとう

さぁ今日は朝からシリキットダムへ→
シリキットダムはタイの貯水湖の中でNo1の大きさを誇るダム!
水力発電所も存在する

少し逆光だが確かにデカくて綺麗だった!
ここは観光地にもなっており
併設されているレストランでご飯を食べる事も出来るし、宿泊

もっとみる