ゴルフレッスン

ゴルフが僕にくれたもの

はじめてラウンドした時のスコアは154で、真冬の冷たい雨が降っていて苦しい状況でした。でも、緑に囲まれ見晴らしも良く、仲間も楽しく、とっても楽しかった記憶だけが残っています。お風呂も気持ち良かったなぁ。

凄く力んで打っていたからでしょう。初めてスキーをやった日のあとのように、その後、もの凄い筋肉痛が身体全体にやってきました。しばらく痛かったのですが、1週間後、ゴルフ練習場に行ってまたもや500発

もっとみる
また見てください!
4

手首を使わない≠リリースしない

以前から気にされていた、チキンウィング(左肘の引け)の
修正にはいる為には、まず体の右側の使い方を修正する
必要があると考えられます。

端的に言えば、チキンウィングの原因は
体の右側の使い方に原因があると考えます。

リリースをできずに、右半身がボール側に突っ込むダウンスイング以降は、支点となる、肘や手首の動きが
先行し、ゴルフクラブは若干遅れてインパクトに向かう様に
なるのが、自然な形です。

もっとみる

ゴルフ。70台で回るために必要なこと

2021/05/05初投稿 最初にマスタースべきはショートパット
 まずはパターかな。ひとりゴルフでいろいろな人と回る機会があるがパターに悩みを持っている人が多い。上手い人とそうでない人の違いは色々あるが、一番の違いはショートパット。下手な人はこれが全然打てていない。弱すぎる。
 ちなみに私は60センチのパットは60センチオーバーするくらい強く打つ。傾斜が相当強くない限りそして強いくだりでない限り

もっとみる

あっさりと100切りを達成したいゴルフ初心者のためのクラブセッティング必勝法

ゴルフを愛するみなさん、こんにちは。
自称ゴルフマニアの中山かずひこです。

さて、本日のお題は
100切りを目指す初心者のクラブセッティングについてです。

ゴルフではルール上、
14本のクラブを使用していいことになっていますが、

みなさんは14本をフルに活用していますか?

逆に、100切りを目指す初心者の方にとって、
この14本という数字が

足かせになっていることもあるのではないでしょう

もっとみる
スキ、ありがとうございます!僕もあなたがスキです(笑)

ウェッジワーク

さぁ、春も中頃になりゴルフコースの緑も鮮やかになってきました。

芝生も元気に育ち、冬の芝生と違った感覚になってきます。芝生が成長し冬に比べて、芝生の抵抗が増えてきました。ラフからのショートゲームがまた難しくなってきます。

では、芝生が元気な時のショートゲーム、ウェッジワークについて話していきましょう。

もっとみる
ありがとう!
2

父とゴルフ

こんにちは

HARADAGOLF

ハラダシュウヘイです

今日は、僕がなぜゴルフをするようになったのか

そこら辺を書いていきたいと思います!

理由は題名にもあるように父との関係性があるのです!

私の生い立ち
私の父は歯科医を開業しておりました!

そして父の家系も母方の一族も歯科医や医者の一家

親戚やいとこも歯科医という

医者の家系ということもあり

昔から

私は大人になったら歯医

もっとみる

パッティングのランチコンディションの勉強はじめました(冷やし中華の感じ)

皆さんこんにちは!

今年はパッティングのガチ勉強をしようかな〜と思いまして、今回はパッティングの記憶を絞り散らかして2021年現時点で知ってる基本情報を整理してみました。

改めて考えると「?」なことが多くて、書き終えるまで2ヶ月もかかってしまいました。このブログの読者は変態しかいないと聞いていますが、今回も自分のメモ用に書いたワンマン記事なので、真面目に読むと疲れちゃうので適当に読んでいってく

もっとみる

Golfers don’t cry. ②

Golfers don’t cry. ①

ゴルフは緑がよく似合ふ。

 ある意味で言えば、孤独な闘い、あくまでも自己責任で切り開かなければならない人生そのもの。そのメタファがゴルフなのだ。

 そういったわけで、一緒に回るゴルファーは実のところ、敵ではない。むしろお互いに直接助けることはできないが、一緒にこの広大なグランドへ闘争しようやっていうどこまでも遠くの戦友なのである。

 だから。ゴル

もっとみる

Golfers don’t cry. ①

緊張するから、ホールインワンできるんじゃあない。

 ホールインワンできるから、緊張するんだ。

 ホールインワン、一打目でボールをゴールへ入れてしまうことだが、そんな天使が舞い降りた人の肩はそう言っていた気がしている…。

 ゴルフがどうしてかくも面白いのか?

 それは、どこまでも自己責任のスポーツだからだ。孤独のスポーツだからである。

 なるほど、他人とのスコア数を競い合うゲームじゃあない

もっとみる

横滑りスライスを修正する

下半身リードの悪影響「もっと下半身をターンさせろ!」
っていう謎レッスンの影響なのか
たびたび、「スピンアウト」に陥るゴルファーがいる。

今回のパターンもその一例なのかもしれない。

※スピンアウトとは下半身が必要以上に早くターンを起こし
体が開いたり打点がずれたりしてしまう現象。

横滑りでボールがフェイスに乗らなくなる下半身が必要上に早くターンすると
ゴルフクラブのヘッドがついてこない。

もっとみる