コンテナに日本一小さなお寺をつくる

2019年10月、京都の二条城南東の式阿弥町にコンテナ19基、長屋3軒を有する「共創自治区CONCON(こんこん)」が誕生した。

そのなかで、日本一小さなお寺(自称)をつくるコンテラプロジェクトをはじめます。お寺の名前は、懇々山七万寺(こんこんざんななまんじ)。

お寺とはなんぞや

お寺ってなんだろう。仏さまがいらっしゃればお寺なのか。木造建築だとお寺感がでるのか。畳は必須なのか。同じ信仰を喜

もっとみる

栗と犬と私

こんばんは!土曜日午後からずっと栗拾いしてましたー。

倶知安の畑に3本ある栗の木。
栗、落ちまクリ。 イガ、落ちまクリ。 栗だけに。

しかも、一人で拾うんですよ。さみしいですよ。
だから犬(ケン)も連れて行きました。イガに届かないところにつないだら
始めは「ワン!」って吠えてましたが、途中静かに。様子を見てみると…

ニセコの山見て、なまら黄昏てました(笑)
そして毛の色がちょっと栗のイガと同

もっとみる

ホスト環境を汚さずにGCP開発を行う準備(Docker)その1

前回の続き。

なぜDockerを利用したのか

● Docker利用経験がなく触ってみたかったから
● DockerならローカルPCの環境を汚さずに済むと聞いたから
● クラウドにデプロイするのが簡単と聞いたから(ただし、今回はコンテナをデプロイするわけではないので、本メリットを享受できていない)

自分の環境

● ホスト端末:MacBook
● 作業日:2019年5月

コンテナとホスト

もっとみる

明日は英語でプログラミングの勉強をする会に参加する。流行りのコンテナ技術の競争がアメリカで起きている話など。コンテナ自体は補助的なものとして扱うものかとは思うが、界隈では流行っているので興味が湧いている。Let'sstudyEnglish!

一緒にnoteを盛り上げましょう!
5

Amazon CloudWatchでECSとEKSとKubernetesのコンテナのモニタリングが利用可能になります(2019/08/31)

はじめに

本投稿は、英語とAWSの勉強のためにAWSのannouncements等を翻訳したものになります。タイトルの日付はAWSの記事の公開日になります。平日は毎日1記事翻訳したいと思います。

注意事項

原文中には詳細な製品ページなどへのリンクが貼られていることが多いですが、翻訳内容にはつけていないので、知りたい方は原文をご参照ください。
また、本投稿内容で読者の方が何か不利益を被ったとし

もっとみる

今日はDockerを学習した。流行りのコンテナ技術だが、シンプルなコマンドですぐ建てたり、削除したりが出来る。環境構築もシンプル。NW構築のコマンドも超シンプル。QiitaとGitHubと公式ドキュメントでかなり学習可能。GitHub日本語対応無いが日本語書けるので超便利。

Dockerとは?Dockerをインストールする方法

今回は、Macにインストールする方法を解説します。

みなさん、Dockerという技術をご存知でしょうか。最近割と話題になってますね。

Dockerとは何か?

実は、このDockerという概念なのですが、一言では説明するのがなかなか厳しいですね。。。笑
でも敢えて一言で表すとするならば、Dockerとは

「軽量なコンテナ型の仮想化環境」

のことをを指します。(ロゴの絵的に可愛いクジラがコ

もっとみる
スキを下さりありがとうございます!嬉しいです☺️
7

こんこんの施設名称とロゴ開発プロセス

こんにちは、京都にできるコンテナ複合施設「こんこん」のコンセプト開発を担当してるNue incの松倉です。

気づけば「こんこん」の情報開示から数週間。あっという間に半分のテナントに入居者が決まりました。
今回は、「こんこん」という名前に至った理由やロゴの制作プロセスを公開していこうと思います。

依頼プロセスのデザイン

このプロジェクトの制作ハンドリングは全て松倉のやりたいようにやらせてもらい

もっとみる
ごちそうさまです!
62

カミセン三人目の男登場。

『コンテナプロジェクト開発ドキュメント』の川端ver.の第七弾だよ。

前回の終わりは、
建築をする上で、諸々、特に厳しい京都でやるには、ピースが足りない。

法律や条例に詳しく、役所関係に強い設計士。

いろんな人を思い浮かべて、ある人の顔が浮かんだ。

チベット僧のような高貴な見た目の魚谷繁礼建築研究所、魚谷さん。

実は、僕が以前の会社にいた時から、彼の名前は知っていた。でも、なかなか一緒に

もっとみる