クリエイティブ教育

新着の記事一覧

資生堂クリエイティブで学ぶこと❶

木は上に伸びる前に下に伸びる。こどもが未来へ大きく伸びやかに育つためには、大地に根を張ること=『教養』と『体験』が大事。成功も失敗も、面白い・楽しい・美しい・怖い・辛いとか、好き・嫌いとか感情が動く体験、面白い!もっと知りたい!なぜだろう?という好奇心を掻き立てられる教養を。

こども一人ひとりが「クリエイティブの木」、ゆっくり丁寧に育てよう。

こどもの「内側」を育てよう。文章や見た目とか「外側」は真似できてしまうけど、でも絶対に真似できないし偽れないものが「内側」=価値観。感性と知性で形成される唯一無二の「内側」を育てるために、たくさんの体験と教養を。心が動いた原体験が感性を、好奇心を伴った教養が知性を磨く。

感情を言葉にするのが苦手なこどもの場合、まずは「好きか嫌いか」を聴いてみることから始めよう。何を好き・嫌いと感じるのか?丁寧に確認する。次のステップで「なぜ好き・嫌いか?」理由を感じて言語化してみる。自分の好き・嫌いを知ることが感性を育てるファーストステップ。ゆっくり『丁寧に』

教養が、自分がどこにいるか?何者なのか?を教えてくれる。

日常の会話でこどもの好奇心を高める3つの言葉 ①なぜ? ➁どうやって ③もし 何かを手にした時・見た時・聴いた時、まずは親が率先して使ってみてください。こどもも真似して使うことで好奇心が育ちます。こどもの反応が良いものについて考えてみる→調べてみるなど次の行動に繋げると◎

たくさんの体験・経験がこどもの感性を育て、教養が知性を育てる。 こどものクリエイティビティを育てるためには『根っこ=体験・教養・好奇心』が大事です。そして心が大きく動いたものが『原体験』となって、それぞれ違うクリエイティブの木が芽吹く。まずは体験と教養、好奇心を大切に育てよう。

感性とセンスの違い。感性は教養・体験から心に深く感じることで育つ軸。センスはそれを自分の価値観や世界観で表現するアウトプット。センスがないと感じるとしたら①教養と体験が足りない②自分の好き・価値観・世界観を理解してない③アウトプットの多様性を知らないのかも。感性とセンス両方大事。

人はストーリーに惹かれ心が動く。「西洋美術は見るものではなく詠むもの」「文章を読むように数式の中のストーリーを読み解く」と言われた方々がいる。ストーリーを詠むから、心が掻き立てられ興味を持つ。心が動けば忘れない。教育に大切なのはストーリーで学び、読み解く力をつけることだと思う。